フェイジョアの食べ方は?味は?購入は?

先日、フェイジョアをもらったので、
早速食べてみました。

フェイジョアは、
常緑低木で庭木や公園樹として人気の木。

花もきれいで、
1年中楽しめる木です。

このフェイジョアには、
秋には果実ができ、生食、ジャム、果実酒に利用されます。

実をつけるのは難しく、
日本では珍しい果実。

緑色をした、
このような小さい実です。

IMG_3608

下側にある羽のようなものは、
花が咲いた後の部分です。
(こちらが下側です)

果実は通常、
自然落果したものを更に追熟させてから食べます。

1週間ほど置いて食べるといいです。

熟すと匂いが出てきます。
(臭いです)

IMG_3612

今回フェイジョアを、
初めて食べてみました。

食べ方は、
生食で半分に切ってみました。

横方向に切るとこのような感じです。

IMG_3616

中はクリーム色で
柔らかいゼリーのような部分があります。

(熟すと茶色っぽくなっていきます。)

スプーンなどですくって食べました。

味の方は、、、
あまり美味しくはなかったです。

梨のような味に近い感じがしましたが、
酸味があり独特です。
(ドラゴンフルーツに近いような感じもしました)

もっと熟すと甘みが増してくると思いますが、
甘い食べ物ではないようです。

秋の一部の期間しか手に入らない果実で、
フェイジョアは希少な食べ物ですが、
もし機会がありましたら食べてみてください。

購入方法ですが、
どこでも売っているものではないので、
ネットでの購入がいいです。

苗木は多いですが、
果実は、あまり売っていませんでした。
⇒ 【ふるさと納税】希少フルーツ!フェイジョア

スタバの無料のセミナーに参加!コーヒーの淹れ方を学ぶの巻。

今回、スターバックスの店舗を訪れた際に、

偶然、おこなっていた、

「無料のコーヒーセミナー」に参加。

 

IMG_3114

 

スタバには、有料のセミナーもあるが、

スターバックスコーヒー各店で開催されている

「無料のセミナー」もある。

 

 

こちらは、店頭告知のみの案内なので、

ときどき案内があることがあるようだが、

タイミング次第になってしまう。

 

 

よく店頭に通う方なら、

案内を目にすることがあるかもしれない。

 

 

今回、

たまたまご縁があったので、

店舗のコーヒーセミナーに参加した。

 

 

セミナーの内容は、

コーヒーの淹れ方に関して。

 

3種類の方法でコーヒーの淹れ、

皆で、味の違いを確認してみた。

 

 

今回行った、

3つのコーヒーの淹れ方はこちら。

 

・ソロフィルター

・セラミック ドリッパー

・コーピープレス

このような3つの器具を使ってコーヒーを入れ、

淹れ方による、味の違いを確認した。

 

 

残念ながら、私の味覚は、

それほど優れてはない・・・

 

しかし、、、

そんな私でも、

3つの味の違いは確認できた。

 

 

まず簡単に、

こちらの3つの器具を説明。

ソロフィルター

簡単にいれたてのコーヒーを、

一杯分ずつ味わえるドリッパー。

 

ペーパーフィルターを使わず半永久的に使用できる特徴があり、

1杯分の抽出に最適。

 

 

▼使い方

1.内蓋を外して本体のみをカップにセットし、コーヒーの粉を入れ、平らにならします。
2.本体の上に内蓋を戻します。
3.内蓋の上からお湯を注ぎます。ステンレス製フィルターの底面の細かい穴から、お湯がシャワー状に均等に流れるので、コツが不要です。
4.上蓋をしてコーヒーが落ちるのを待ちます。

 

フィルター部分が金属で、

繰り返し使えて、洗うのもラクだ。

 

ペーパーを介さない分、

コーヒー豆が持つ味わいをダイレクトに

感じることができると思う。

 

 

セラミック ドリッパー

まず、見た目がおしゃれで、

置いてあるだけでもかっこいい!

 

コーヒー豆のうまみをじっくりと引き出すために、

出来るゆるやかな角度、お湯をスムーズに通すための内側の深い溝、

適切な量を安定的に抽出するための底面1つ穴のサイズなど、

こだわりのポイントがある。

 

セラミックドリッパーは、

紙フィルターをセットして使用するドリッパー。

 

 

最初、コーヒー豆に少量のお湯を注いで蒸らし、

その後、細口のやかんなどでお湯を注ぐ。

 

注ぎ方によって、味が変わることがあるが、

それもまた面白い。

 

のの字でお湯を注ぎ、土手を崩さないように、

お湯を入れるのがポイント。

 

ペーパーフィルターを介す分、コーヒーの雑味を取り除き、

スッキリと丸みのある味わいを楽しめる。

 

コーピープレス


コーヒー本来の旨みを美味しく味わう器具。

 

粗挽きのコーヒーとお湯を入れて、

4分間抽出。

 

 

▼使い方

・コーヒープレスとカップを温めます。

・コーヒープレスにコーヒー粉を入れお湯を注ぎます。

・つまみをあげたままふたをして、4分経ったらつまみを押し下げ、

カップに注ぎます。

 

 

 

コーヒー本来の味わいを楽しみたいのであれば、

コーヒープレスがオススメ。

 

コーヒーを本格的楽しむなら、

この方法がいいだろう。

 

 

ただ、デメリットとして、

コーヒー豆の粉の処分、洗浄に手間がかかる。

 

本格的なコーヒーが飲めるのが、

コーヒープレスの魅力で、

テイスティングなどにも使われるようだ。

 

コーヒー本来の旨みを味わえるのが、

コーヒープレスのメリット。

 

「スタバの無料のセミナーに参加!コーヒーの淹れ方を学ぶの巻。」の続きを読む…

年収の高いスポーツのクリケット。いったい年収はいくら?

クリケットというスポーツを知っていますか?

 

クリケット1

 

日本では、なじみが少ないが、

実は、年収がすごいスポーツといわれる。

 

 

年収が、26億円とか・・・!?

 

クリケットとは

 

 

年収の高いと言われる クリケットは、

イギリスで発祥したスポーツ。

 

インド、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、

ラグビーやサッカーと並び絶大な人気を誇り、

日本での知名度はあまり高くないが、

100以上の国と地域でクリケットが行われている。

 

 

クリケットは、1億数千万人。

競技人口はサッカーに次ぐ世界第3位ともいわれる。

 

 

ちなみに、競技人口の多いスポーツは、

バスケットボールがずば抜けて1位(4億5,000万人)

 

日本での競技人口は、

日本在住外国人を含めておよそ1,500人ほどといわれる。

 

 

世界的には、競技人口の多いスポーツのクリケットだが、

オリンピックでは1900年のパリ大会において、

クリケット競技が1度だけ採用されたことがある。

 

 

クリケットとは、

野球の原型とも言われているイングランドの国技。

 

クリケット

 

ゲームは、各11人で構成される2チームが、

コイントスで先攻と後攻を決め、攻撃側と守備側に交互に分かれて対戦。

バットとボールを用いるスポーツ。

 

変わっているのは、 試合中のティータイムがあったりすること。

 

2デイマッチやワンデイマッチなど、

試合時間の長いゲーム形式の試合のときには、

2時間に1回、紅茶を飲みながら談笑するという。

 

普通のスポーツでは、考えられないが、

勝敗よりも何よりも社交を大切にするのがクリケットらしい一面。

 

クリケットの動画 ↓ (基礎知識)

 

クリケットの年収は?

 

クリケットは、

年俸の高いスポーツといわれている。

 

2015年の最高年俸は、

マヘンドラ・シン・ドーニの300万ドル。

 

 

同選手はスポンサー収入など年俸以外の収入を含めた年収が、

2015年版のランキングで3100万ドルと算定されており、

クリケット選手として唯一世界のスポーツ界の年収トップ100選手にランクイン。

 

3100万ドルは、日本円で約36億円。

 

 

2008年に設立されたインド・プレミア・リーグ(IPL)は、

世界的なプロリーグに急成長。

夜のプライムタイムのテレビ視聴率でトップ。

 

世界2位の人口約12億人の巨大市場を見据え、

外国企業もこの人気に注目していて、

今後も年収が上がっていくだろう。

 

 

ちなみに、インドでは『巨人の星』を原案としたアニメ

『スーラジ ザ・ライジングスター』があり、

野球ではなく、クリケットに設定を変更していて、インド向けの設定になっている。

 

 

 

クリケットは、

日本では、まだまだメジャーなスポーツではないが、

世界でも人気が高く今後も増えてくるのではないだろうか。