寝てもとれない疲れをとる本!疲労ケアで大事なことは?読書レビュー

寝てもとれない疲れをとる本


中根 一
出版社: 文響社
(2017/9/29)

どのような本なの?

トップエグゼクティブ・トップクリエイターたちの
「お抱え鍼灸師」とも言われる中根一が「疲れ」に関して書いた本。

東洋医学について、
わかりやすい言葉でかかれているので、
東洋医学になじみのない人にもとっても分かりやすい。
 

東洋医学とは?

 
東洋医学は、古典医学書に基づく薬物療法・漢方医学と、
経穴などを鍼や灸で刺激する物理療法・鍼灸医学をいう。
(例)鍼治療・按摩・気功など

東洋医学は人間観察の医学とも言われ、
漢方・鍼灸は人間の内部環境を整えるのに強い。

(西洋医学は、欧米において発展した医学で解剖の医学とも言われます)
 

東洋医学では、
この世の全ての事象を陰陽2つの「氣」から成り立っていると考え、
さらにそれを木火土金水の5つの構成要素に分けて捉えています。

「寝てもとれない疲れをとる本」には、
このように書かれています。

「氣」を「エネルギー」と説明する人もいますが、
私は、「代謝によって、体内がスムーズに流動していること」と考えています。

「氣の流れ」が滞ると、体内での代謝や生理現象もスムーズでなくなります。

すると、自然に解消するはずの疲れが抜けず、
重たく、不快なものがどんどん溜まっていくように感じるのです。

寝てもとれない疲れをとる本 中根一 P45

 

疲労ケアで大事なこととは?

現在は情報の多い時代で、
様々な情報が簡単に手に入るが、
まちがった疲労ケアを行っている人も多い。

疲労ケアにおいて大事なのは、
疲れの体質、自分に合った方法で行うことが重要。

 
著者は、本の中でこう言っている。
「疲労を放置することは、じつは人生最大のリスクです」

多くの人は、
自然に回復できる範疇を越えてしまっている。

現代社会では、いろいろな問題も多く、
ストレス社会とも言われている。

仕事や人つきあいを優先しすぎて、
自分の体はあとまわしになることが多いかも知れない。

さらには、食生活にも大きくかかわる。

気づかないうちに、
疲労を放置してしまっているかもしれない。

カラダの疲れサインを受け流してし、
慢性疲労になってしまうことも。

何歳になっても元気に、
高いパフォーマンスを発揮していくためには、
その時点でしっかり疲労を回復していくことが必要なのだということを
忘れないでください

寝てもとれない疲れをとる本 中根一 文響社 P9

 

最後に

疲労そのものは病気ではなく、
疲れを解消させられないままがんばった人。

 
疲れを放置すれば、ただツラいばかりでなく、
結果として寿命を縮めることになりかねないから、疲れの放置には気をつけたい。

 
本書には、体質チェックの特製チャートがあり、
体質4タイプに分類できる。

その体質別に対策法・食べ物なども書かれているので、
参考にするといい。

より健康で日常を過ごすために、
疲れをためずに回復する方法を学んでみてはいかがでしょうか?

⇒ 寝てもとれない疲れをとる本

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません!本の内容は?

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません
世界が認めたおなかの弱い人の食べ方・治し方


著者:江田 証
出版社: さくら舎
発行日:2017年9月7日

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません

すごく気になるタイトルですが、
ただ単に「パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べるな」と
いうような内容の本ではありません。

カラダにいいとされた食品でも、
過敏性腸症候群などおなかの弱い人にとって、
これらのものを避けた方がいいといいます。

日本人はおなかの不調な人が多い民族です。

おなかの不調で悩んでいる人は、日本はアジアの中でも非常に多く、
日本人の十四%。なんと10人に一人以上もいます。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません 江田 証 P1

おなかの調子がよくなくて、悩んでいる方も多い。

そのような方は食べるものにも注意が必要。
 

おなかにいい食べ物たからといっても、
万人に通用するわけではなく、
腸のタイプによって適応は変わってくる。

本書には、このように書かれている。

みなさんは、最近よく「腸内細菌を整えて健康になる」というたぐいの本、
特集記事、テレビなどを見たことがあるでしょう。

それによると、調の調子を整えるために、
たくさんのオリゴ糖をとり、ゴボウ、豆、アスパラガスなどの食物繊維をとり、
納豆、キムチなどの発酵食品をとるようにしています。

しかし、これらは腸に症状のない「健康な人」に適した食事法ではありますが、
決しておなかの調子が悪い人の腸の症状は改善させません。

むしろ、下痢やガス、肥満、便秘などの
おなかのつらい症状をかえって悪化させているのです。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません 江田 証 P22

この本を書かれているのは、
医学博士の江田証さん。

医者であり、胃腸に関してのスペシャリストで、
ピロリ菌なども得意としており、過去にも本を出版している。

以前の本でも、
FODOMAP(フォドマップ)に関して触れていた。
 

FODOMAPとは、
「発酵性のオリゴ糖、2糖類、単糖類、ポリオール」の4つをまとめた略語。

FODMAPは、小腸で吸収されにくい「短鎖炭水化物」のこと。
 

「高FODMA」と「低FODMAP」があります。

 
<高FODMAP>

リンゴ、スイカ、ドライフルーツ、アスパラガス、ブロッコリー、マッシュルーム、小麦、パスタ、ソルビトール、マンニトール、ハチミツ、コーンシロップ、枝豆、大豆、クッキー、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズなど

 

<低FODMAP>

バナナ、ブルーベリー、レモン、グレープフルーツ、人参、セロリ、じゃがいも、ラクトース抜き牛乳・ヨーグルト、
豆腐、砂糖かぼちゃ、グルテン抜きパン、米、オーツ麦など
 

本のタイトルにある、
パン・豆類・ヨーグルト・りんごは、高FODMAPにはいる食べ物。

そのような高FODOMAP食品を避け、
低FODOMAP食品を食べたほうがいいということが書かれ、
調味料、乳製品、フルーツ、飲み物、肉・魚・卵・ナッツなどジャンル別に表記している。

また、
食品ラベルの読み方にも書かれており、
ラベルを見ることは大事だと感じた。

ラベルの原材料は、
一番多く含まれている成分が最初に書かれている。

最初の方に、高FODOMAPが含まれている食品は避けた方がいいようだ。

いろいろな例を挙げて、
このような内容で章分けされている。

第1章 糖質と食物繊維が危ない!
第2章 おなかの調子が悪い人の食生活
第3章 低FODMAP食の劇的な効果
第4章 低FODMAP食と高FODMAP食
第5章 自分のおなかに「傾聴」を
第6章 低FODMAP食が人間の根を元気にする
第7章 「見た目が若い」は腸によい食生活から

低FODOMAP食は、
科学的にその効果が証明されている。

本書には「食物負荷試験」など、
具体的な方法が書かれているので、
FODOMAP食事療法を実践してみることができる。
 

過敏性腸症候群をはじめとする
胃腸の機能障害に悩む方は、本書の食事方法を学んでみてはいかがでしょうか?

⇒ パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません

健康

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる!正しい飲み方は?

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる


馬渕 知子
出版社: クロスメディア・パブリッシング
発売日:2017年7月18日

 

コーヒー&ビールの正しい飲み方

 
この本には、コーヒーやビールに関する知識が書かれており、
「コーヒーとビールの真のパワーの有効活用方法」を掲載している。
 
コーヒーやビールなどの飲料は、
カラダに与える影響が大きい。


飲み物は、
食べ物の50倍速で己を覚醒させる。

だから一流は、
三度の飯より「飲む」にこだわる。

 

食べ物より飲み物が圧倒的な即効性がある。
身近で手軽で即効性があるのが飲み物。

飲料は口から入った後、5秒前後で喉を通過し、
5分前後で胃の消化吸収がすんでしまいます。

飲み物は胃からも吸収されていきます。
栄養の多くは小腸で吸収されますが、水に溶けた栄養成分は胃から水分と共に体内に入り込むのです。

つまり、飲み物に秘められたパワーは数分以内に体内を巡るということでもあります。

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる P26

 
飲料には即効性があり、
コーヒーやビールも飲むタイミングが重要。

正しい知識で飲むことで得られる効果も変わってくる。

本書では、
コーヒーやビールのベストな飲み方を紹介し、
避けた方がいい飲み方も書かれている。

 

コーヒーのメリット

 
コーヒーにはいろいろな種類がありますが、
「カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力」があります。

コーヒーのアロマには緊張を解きほぐし気分をリラックスさせる働きもあります。

 

ビールのメリット

 
主に副交感神経に働きかけます。
「適度な量のビールは副交感神経を優位」にし、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。

コーヒーやビールには、
交感神経や副交感神経を優位にする働きがあり、
この働きをうまく活用すると良い。
 

コーヒーは一日何杯?

 
適度なコーヒーは癒し作用や疲労回復効果に貢献してくれますが、
過度なコーヒーは私たちのカラダにとって「ストレス」と認識され、
これに対してストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が分泌されてしまいます。
 

本書では、ベストな量として
・コーヒーカップ150ml 一日4杯程度
・缶コーヒー200ml 一日3本〜4本程度
・マグカップ240ml 一日3杯程度
と紹介しています。

カフェインの摂り過ぎは、
体内リズムの乱れや疲れにつながりますから、十分注意して下さい。

 

コーヒーの飲む量という基本的な内容から、
「ビールを飲んで酔いにくくする方法」など様々な、
コーヒーとビールに関する内容を紹介しています。

ビールを飲んで酔いにくくする方法では、
一口飲んでから3分待つとカラダへの慣らしになり、
たった3分間で肝臓は体内に入ってきた少量のアルコールに気づき、
アルコール代謝機能を高めてくれます。

 
このように飲み方を少し変えることで、
カラダに与える影響も変わります。

 
コーヒーやビールを飲む方は、
この本に書かれている「飲み方をちょっと変える」ことで、
パフォーマンスを上げることが出来るかもしれません。

参考にしてみてはいかがでしょうか?
⇒ 朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる