高城剛の本「不老超寿」の内容&レビュー!アンチエイジングを超えた!?

高城剛(たかしろ つよし)という男を知っていますか?

住所不定、職業不明。という謎の人。

過去には、ハイパーメディアクリエーターという肩書きで、
垣根を越えたメディアの総合クリエイターを行っていた。

元妻は女優の沢尻エリカというのは有名かも知れない。

 

その高城さんは、
2016年にはすい臓がんが見つかっている。

がんの見つけ方が驚きで、
最先端医療のマイクロRNAで膵臓がんがあることが分かった。

しかも、
ステージ-1という超早期発見。

ほおっておくと早ければ、数か月、遅くても1年以内に発症すると
先端テクノロジーがおしえてくれたという。
 

世界中の医療機関と研究機関をまわり、
最先端の検査を受診した高城さんの書いた本が
「不老超寿」


「不老超寿」は、予測医学に関して教えてくれ、
このような内容で書かれている。

第1章 年齢を戻す!?すでに米国で始まっている遺伝子施術
・先端医療によって誕生した「アンジェリーナ・ジョリー」的な考え方
・遺伝子、DNA、ゲノムの違い
・個別化医療(オーダーメイド医療)の時代 ほか

第2章 日本で受けられる「3つ星!最先端医療検査」
・まずはここから。分子栄養学に基づく「栄養分析プログラム」
・疑問だらけの日本のサプリ
・食物アレルギーには後から出てくるものがある「IgG検査」 など

第3章 未来医療は、どこに行くのか
・次世代シーケンサーは「寿命の最大化」を大きく前進させる技術
・「ヒトゲノム計画」から医療のオーダーメイド化へ
・ゲノムにおける個人差とは ほか

 

著者の本のタイトル、
「不老超寿」は、アンチエイジングを超え、
100歳でも元気なハイパーエイジングという意味。

先端医療の遺伝子施術により、
ハイパーエイジング時代になるのはもうすぐそこなのかもしれない。

 
本文では、
最新の予測医学の流れや種類、未来医療が書かれているが、
中でもこの言葉が印象的だった。

さて、「自分の体は、自分がよくわかっている」といった発言や、
断食、瞑想やマインドフルネス、感謝して美味しくいただくなど、
これらは果たして正しいのだろうか、間違っているのだろうか?

正解は、人による。
 

世界を知る。己を知る。

このふたつが、先端医療の基本にある。

不老超寿 高城剛 講談社 P15

Aiやテクノロジーの進化で、
ここ最近の進化のスピードは速い。

医学の常識も変わっていく進化の時代。
この本で、最先端医療の世界をのぞいてみてはいかがでしょうか?

⇒ 不老超寿

「脳にいい食事大全」のレビュー&内容!1分でアタマがよくなる?

脳にいい食事大全
1分でアタマがよくなる食事の全技術


ミシェル・ショーフロ・クック (著),‎ 児島 修 (翻訳)
出版社: ダイヤモンド社
発行日:2017/11/23

全米で話題沸騰!
世界的メディアが認めた「最強の脳をつくる方法43」

「脳にいい食事大全」は、
脳に効く食事、避けるべき食事が学べる本。

 

食事で、アタマがよくなったらいいとは思いませんか?

 
この本では、
「食事を変えると、脳も変わる!」
ということが書かれています。

多くの人が、加齢にともなう記憶力の低下には抗えないと考えている。
しかし、最新科学は、記憶力の衰えを老化の一部として受け入れる必要はないことを示している。

適切な栄養をとり、健康的な生活習慣を実践すれば、
脳機能や記憶力の低下を大幅に遅らせることは可能なのだ。

脳にいい食事大全 P5 ミシェル・ショーフロ・クック

脳のパフォーマンスは、食べ物で、
大人になってからでも上げることができる。
 

では、
「どのような食事がいいのでしょう?」

脳にいいといわれる、
オリーブオイル、アボカド、ナッツなど。

そのようなものを食べることもよいですが、
その前に大事なことがあります。
 

まずは、
食べないもの、なるべく避けるものを決めること。
 

脳にいいものを食べても、
結局、脳に悪いものを食べていたら同じですから・・・
 
食事術の一つとして
「避けるものを把握する」のが大事。

記憶力と脳の健康にとって有害な物質は、
私たちにとって身近な食べ物や身の回りの品に潜んでいることが多い。

脳にいい食事大全 P53 ミシェル・ショーフロ・クック

知らないうちに、
多くの有害物質を食しているかも知れない。
 

本書には、避けた方がいい食品や
その理由や対策などが書かれている。

砂糖を減らし、
植物由来の天然甘味料に切り替える。

精製された砂糖が最もあぶない。
 

食塩ではなく、天然塩を使う。

天然塩にはナトリウム以外にもカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの
天然ミネラルが豊富に含まれている。

このように避けるものを決めて、
脳にいいものに切り替えていくのがいい。
 

「脳にいい食事大全」では、
脳にいい食べ物を数多く紹介している。

・脳のパフォーマンスを最大化するレシピ21
・みるみるアタマがシャープになる10の食事術
・巻末付録:脳に効くスーパーフード&レシピ集 など

例えば、
「脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21」には、
このような内容がある。

ザクロジュースで脳のエネルギーを高める

ザクロやザクロジュースは、
脳に強力な抗酸化作用をもたらしてくれる。

ザクロは、とてつもなくおいしいだけでなく、
栄養満点で健康効果も絶大だ。
豊富な抗酸化物質が含まれ、脳の健康を高めるためにも最適だ

脳にいい食事大全 P98 ミシェル・ショーフロ・クック

「毒を避けて、脳にいい食べ物を食べる」

この本で、
脳にいいもの、悪いものを把握して、
日常に取り入れていくといい。

脳に効く食事、避けるべき食事はコレだ!

⇒ 脳にいい食事大全

太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい!オビソゲンって何だ?

太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい!


著者:賀来 怜華
出版社: 三笠書房
 

この本は、
「体の毒を抜くことで太らないようになる」
ということが書かれた本です。
 

ダイエットに関連する本ですが、
今話題の糖質ダイエットや、効果的な運動・トレーニングで
痩せるというような方法ではありません。

少し違う視点で、
体の「毒」の部分から考えていく本です。

 

すぐに痩せる方法ではなく、
健康的になり、体の状態を良くする方法で、
他のダイエットと組みわせて考えるのも良い。

ダイエットをしている方、
太りたくない方に、役に立つ本。

 

ただし、、、
この本を読むと、
日常、口にする物質が気になってしまうかもしれない。

 

だが、それを考えることで、
体に入る毒をコントロールするきっかけにつながり、
健康な体、ダイエットにつながっていくと思う。

 

太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい!

この本は、簡単にまとめると
「オビソゲン」について書かれています。

 

オビソゲンという言葉を聞いたことがありますか?

この本では、「オビソゲン」という単語が
たくさん登場します。

オビソゲンとは、
ホルモンや代謝などの機能を損ねながら、
遺伝子レベルで「肥満体質」に変えてしまう怖い物質。

オビソゲンとは、
「内分泌かく乱物質」と呼ばれる有害物質のなかでも、
体の機能を損ねながら遺伝子レベルで「肥満体質」にしてしまう有害物質のこと

太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい! P11

この怖い物質ですが、
私たちの日常にたくさんあります。

例えば、
紙コップ、トイレットペーパー、薬用石鹸、フッ素加工のフライパン、
お弁当、お総菜、スナック菓子などなど

「紙コップでホットコーヒーを飲む人は、
マグカップで飲む人より、太りやすい」
といっても過言ではありません。

太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい! P12

もしかしたら日常生活で、
気づかないうちに大量のオビソゲンを
体内に入れてしまっているかも知れない。
 

オビソゲンを「体に入れない」「体の中から出す」

それが、「肥満を防ぐ一番安全、確実な方法」
だと本書には書かれている。

 
毒を体に入れないのはもちろんだが、
体の中から出す「解毒」が重要。

この本には、体に入れてはいけない毒と
解毒に関しても書かれてれている。
(デトックス)

<解毒生活>
・オビソゲンが体に入るのを防ぐ
・腸を健康にする
・体内に蓄積されたオビソゲンを解毒

 

解毒には3つのステップがある。
・準備段階
・抱合
・排出

このステップが重要で、
その方法や、排出にかかわる腸を良くする方法、
解毒に役立つ食材が記載されている。

この本には、糖質ダイエットにはない、
新しいダイエットの知識が詰まっている本。

肥満の原因物質、
「オビソゲン」

この物質を遠ざけることを
行ってみてはいかがでしょうか?

⇒ 太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい!