武井壮の「勝つ人」13人のアスリートたちを読んだレビュー

勝つ人 13人のアスリートたちのレビュー

2016年7月15日発売

「勝つ人」は、戦うことをやめない

百獣の王 武井壮が選んだ「勝つ人」
13匹の獣の勝利への足跡を書いた本。

12人との対談集の本で、対談形式で書かれ、
それぞれの対談相手との最後に、武井壮のまとめのコメントがある。

「Number Do」で2年半の連載を収録。
カットしたエピソードも掲載されてて1冊になっている。

 

▼この本がオススメの人

 ・武井壮のファンの人
   (↑この場合は必須の本)
 ・参加している13人のスポーツマンのファンの方
 ・勝ちたい人

 

「勝つ人」の著者 武井壮とは?

 

著者は、武井壮(たけいそう)さん。

十種競技元日本チャンピオン。

テレビバラエティで
「動物の倒し方」を解説して注目を浴び、
遅咲きの芸能界デビュー。

2015年フランスで行われた世界マスターズ陸上、
4×100メートルリレーM40クラスで金メダルを獲得。

 
武井壮のモットー
365日、365戦、365勝! 自分に勝つ!
 
 
そんな武井壮が対談した「勝つ人」は、
勝つために大きな学びやヒントにつながる。

対談した12人はこちら

大久保嘉人(サッカー)、平井伯昌(水泳)、伊藤智仁(野球)、八重樫東(ボクシング) 琴奨菊(相撲)、上田桃子(ゴルフ)、川尻達也(格闘技)、深谷知広(競輪)、伊東浩司(陸上)、右代啓祐(十種競技)、岡見勇信(格闘技)、野村忠宏(柔道)

 

そして、
最後に13人目のアスリートとして登場するのは「武井壮」

ラグビー日本代表の畠山健介がその生き様を聞く。


 

「勝つ人」からの学び

 

まず、この本から武井壮が明かす、
「勝つ人」の定義が見えてくる。

 

「武井壮がどのようなことを考えてやってきたのか?」
という部分が、対談の質問の中からも見えてくる。

 

武井壮は、
本文で自分のことをこのように書いている。

オレ、やっぱり「勝つ人」だよね。
自分に勝つ方のね

出典明記 勝つ人 武井壮 文藝春秋 P190

 
多くの対談の中に勝つためのヒントがつまっている本で、
「勝ちたい人」、「勝とうとしている人」、「勝たせる人」、「勝つ人になりたい人」は、
『勝つ人』をぜひ一読してみてはいかがだろうか?

勝つ人 13人のアスリートたち