寝てもとれない疲れをとる本!疲労ケアで大事なことは?読書レビュー

寝てもとれない疲れをとる本


中根 一
出版社: 文響社
(2017/9/29)

どのような本なの?

トップエグゼクティブ・トップクリエイターたちの
「お抱え鍼灸師」とも言われる中根一が「疲れ」に関して書いた本。

東洋医学について、
わかりやすい言葉でかかれているので、
東洋医学になじみのない人にもとっても分かりやすい。
 

東洋医学とは?

 
東洋医学は、古典医学書に基づく薬物療法・漢方医学と、
経穴などを鍼や灸で刺激する物理療法・鍼灸医学をいう。
(例)鍼治療・按摩・気功など

東洋医学は人間観察の医学とも言われ、
漢方・鍼灸は人間の内部環境を整えるのに強い。

(西洋医学は、欧米において発展した医学で解剖の医学とも言われます)
 

東洋医学では、
この世の全ての事象を陰陽2つの「氣」から成り立っていると考え、
さらにそれを木火土金水の5つの構成要素に分けて捉えています。

「寝てもとれない疲れをとる本」には、
このように書かれています。

「氣」を「エネルギー」と説明する人もいますが、
私は、「代謝によって、体内がスムーズに流動していること」と考えています。

「氣の流れ」が滞ると、体内での代謝や生理現象もスムーズでなくなります。

すると、自然に解消するはずの疲れが抜けず、
重たく、不快なものがどんどん溜まっていくように感じるのです。

寝てもとれない疲れをとる本 中根一 P45

 

疲労ケアで大事なこととは?

現在は情報の多い時代で、
様々な情報が簡単に手に入るが、
まちがった疲労ケアを行っている人も多い。

疲労ケアにおいて大事なのは、
疲れの体質、自分に合った方法で行うことが重要。

 
著者は、本の中でこう言っている。
「疲労を放置することは、じつは人生最大のリスクです」

多くの人は、
自然に回復できる範疇を越えてしまっている。

現代社会では、いろいろな問題も多く、
ストレス社会とも言われている。

仕事や人つきあいを優先しすぎて、
自分の体はあとまわしになることが多いかも知れない。

さらには、食生活にも大きくかかわる。

気づかないうちに、
疲労を放置してしまっているかもしれない。

カラダの疲れサインを受け流してし、
慢性疲労になってしまうことも。

何歳になっても元気に、
高いパフォーマンスを発揮していくためには、
その時点でしっかり疲労を回復していくことが必要なのだということを
忘れないでください

寝てもとれない疲れをとる本 中根一 文響社 P9

 

最後に

疲労そのものは病気ではなく、
疲れを解消させられないままがんばった人。

 
疲れを放置すれば、ただツラいばかりでなく、
結果として寿命を縮めることになりかねないから、疲れの放置には気をつけたい。

 
本書には、体質チェックの特製チャートがあり、
体質4タイプに分類できる。

その体質別に対策法・食べ物なども書かれているので、
参考にするといい。

より健康で日常を過ごすために、
疲れをためずに回復する方法を学んでみてはいかがでしょうか?

⇒ 寝てもとれない疲れをとる本

浅い睡眠,深い睡眠,レム睡眠を計れるFitbitウェアラブルウォッチ!

毎日愛用しているウェアラブルウォッチ
FITbit Charge 2

FITbitには最近、
「睡眠ステージ」という機能が登場しました。

今までは、
目覚めた状態・寝返りをしている状態、睡眠状態しか分かりませんでしたが、
浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を計測できるようになりました。

睡眠には周期があり、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を繰り返します。

Fitibt は PurePulse 心拍計と高精度モーションセンサーを搭載し、
各睡眠ステージの時間と目覚めの時間を計測します。

これらの機能で眠りの質を把握して、
各睡眠ステージの時間をしっかりと確保できているか確認できます。

早速、睡眠時に装着して、
朝データーを見てみました。

(手首に装着して寝るだけです)

スマホにアプリをいれて、同期すると、
このように表示されます。(アンドロイド)

睡眠時間はもちろんですが、
以下の情報を知ることができます。

・覚醒:短時間の覚醒は、正常な睡眠サイクルの一部
・浅い眠り:通常、浅い睡眠は睡眠時間の半分を占めます。
・深い眠り:免疫システムやワークアウト後の身体的回復に重要な役割を果たします。
・レム睡眠:記憶の整理や固定に役立ちます。

睡眠時の情報をグラフで見ることができ、
周期があるのがわかります。

さらに下には、このように時間で表示されます。

自分の睡眠がどうなっているのかを
目で見て把握することができます。

毎日計測していけば、平均なども計算してくれるので、
いつもの睡眠と比較してみることが可能。

FITbitを装着して寝るだけで、
浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を
手軽に知れるので便利です。

 

睡眠と体調の変化なども感じることができますので、
自分のコンディション調整にも役立ちます。

もちろん睡眠以外にも、Fitbitには、
歩数・心拍数・消費カロリー計測などさまざまな機能があり、
健康管理に役立ちますので活用してみてはいかがでしょうか?

 

浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を確認できるモデルは、
Alta HR、Charge 2、 Blaze です。

Alta HR
⇒ Alta HR

Charge 2
⇒ Charge 2

Blaze
⇒ Blaze

いかがでしたか?

今回は、Fitbitの新機能の睡眠内容とステージチェック機能を紹介しました。
この機能を使用すれば、自分の睡眠を知ることができます

ぜひ参考にしてみてください。

マットレスの寿命はどれぐらいなのか?睡眠の技術

マットレスの寿命はどれぐらいなの?

私は昨年、マットを買い替えたが、
以前のマットは10年以上使用していた。

ずーっと使い続けていると、
変化を感じにくいので気にならない。

しかし、、、
ホテルなどで「あっ!このマットいい!」と思うような、
相性のいいベッドに出会うとベットが欲しいという気持ちがでる。

 

今回もこれに近い感じの体験で、
よりよくならとマットレスを買い替えた。

今回は衝動買いに近い感じで購入したが、
マットレスの寿命とはいったいどれくらいなのだろうか?

 

マットは見た目で劣化が分かりにくいので、
買い替えのタイミングが分かりにくい。

そんなマットレスの寿命に関して、
「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」には、
このように書かれている。

非営利団体が消費財を検証する「コンシューマー・レポート」誌には、
マットレスは7年おきに交換する必要があると書いてあった。

マットレスの寿命が7年である最大の理由は、
ほとんどのマットレスが使い始めて2年もしないうちに25パーセントたわみ、
その後もどんどんたわみ続けることにある。

これが、睡眠で生じる腰痛の最大の元凶だ。

出典明記 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ショーン・スティーブンソン P227

いいマットを買ったから、長く使おう、長く使えると思ってしまうが、
2年もしないうちに25パーセントたわむのは驚きだった。

ベッドも消耗品なんだということを改めて自覚した。

より睡眠の質を高めたいなら、
マットレスにも気を使うのは大事で、
自分に合ったものを見つけれれば、いい自己投資になると思う。

毎日しっかり寝るなら、
マットレスの上で、人生の三分の一を過ごすことになるので、
いいベッド・マットレスを見つけることは重要。

今回の本『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』には、
多くの睡眠に関する知識やノウハウが詰まっている。

・午後10時〜午前2時のあいだに眠る
・最良の寝室をつくる
・最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる
・最高のパジャマはこれだ

睡眠の技術を上げたい方は読んでみてはいかがでしょうか?

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術