睡眠の技術(SLEEP) マグネシウムと睡眠の関係。最高の脳と身体をつくる本。

先日、睡眠に関する本を読んでいると、
「マグネシウムによって睡眠の質が変わる」と書かれていた。

<睡眠の技術>
IMG_3859

全米№1人気!
この本には睡眠に関することがギッシリ詰まっいて、
すべての疲労を超回復し、脳のパフォーマンスを最大化する最強の睡眠法の本。

その中に書かれていたのが
睡眠とマグネシウムの関係だ。

マグネシウムはあまりなじみがないかも知れないが、
カラダにとって重要で、酵素の働きを助けるミネラル。

マグネシウムの効果

・骨に弾力を与えしなやかな骨を形成する。
・血糖値を整える
・血栓を予防し心臓病,高脂血症の予防、
・血流と血圧を最適な状態に保つ効果
・筋肉の緊張をほぐす
・体温調整
・神経の高ぶりを静める
マグネシウムには、様々な効果があるが、
尿や汗として体外に排出しやすい。

また、体内にある量も少ないため、
きちんと摂っていないとすぐにマグネシウム不足になりやすいといわれる。

「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」には、
このように書かれている。

どうやら、マグネシウムは今の私たちにもっとも足りていないミネラルのようだ。
アメリカ人でマグネシウムが不足している人は80パーセントにものぼるという。

マグネシウムを増やせば、身体が抱えるストレスはたちまち軽くなり、
睡眠の質も改善する。

睡眠の質を高めることに加えて、
健康と長生きのためにもマグネシウムは不可欠だ。

出典明記 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ショーン・スティーブンソン P116

このようにマグネシウムは睡眠にも関わってくるから侮れない。

マグネシウムの摂取方法

そのマグネシウムを摂取するには、
マグネシウムが多く含まれる食材を食べる方法がある。

豆類、種実類、藻類、魚介類などに多く含まれるので
このような食材で摂取するのもよい。

(具体的には、ナッツ、こんぶ、木綿豆腐、煮干しなど)

ちなみに、マグネシウムを含まれるもの
多く食べても、取り過ぎると尿などで排出されるため、
普通の食事で過剰症になることはないようだ。

ただし、
サプリメントで過剰に摂ると下痢を起こすことがあるので
サプリの摂取量には注意が必要。

価格の安いマグネシウムのサプリをとりすぎると、
ウサイン・ボルト以上の速さでトイレに駆け込むことになる。
マグネシウムには腸に送る水分を増やす効果があるため思いがけなくトイレに行きたくなるのだ。

出典明記 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ショーン・スティーブンソン P117

このようにサプリでの摂取の際には注意が必要。

そして、
本文では著者がオススメしていたのは、皮膚に塗る方法

体内のマグネシウムレベルを安全かつ効率的に高めるには、
皮膚に塗るのがいちばんだ。

出典明記 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ショーン・スティーブンソン P118

著者は「イーズ マグネシウム」をクライアントに薦めていて、
探してみたが見つからなかった。

アマゾンで調べてみると
このような商品があった。

同じように塗るタイプで睡眠時に向いている商品。

天然マグネシウムオイル
グッドナイトスプレー↓

睡眠の効率を上げるために、
このような商品を使用してみるのいいかも知れない。

また、マグネシウムが睡眠に与える影響は一部で、
他にも睡眠に大事なことはたくさんある。

6章 午後10時〜午前2時のあいだに眠る
8章 最良の寝室をつくる
15章 最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる
20章 最高のパジャマはこれだ

このような睡眠に関する情報が書かれているので、
睡眠の技術を上げたい方は読んでみてはいかがでしょうか?

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

睡眠