浅い睡眠,深い睡眠,レム睡眠を計れるFitbitウェアラブルウォッチ!

毎日愛用しているウェアラブルウォッチ
FITbit Charge 2

FITbitには最近、
「睡眠ステージ」という機能が登場しました。

今までは、
目覚めた状態・寝返りをしている状態、睡眠状態しか分かりませんでしたが、
浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を計測できるようになりました。

睡眠には周期があり、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を繰り返します。

Fitibt は PurePulse 心拍計と高精度モーションセンサーを搭載し、
各睡眠ステージの時間と目覚めの時間を計測します。

これらの機能で眠りの質を把握して、
各睡眠ステージの時間をしっかりと確保できているか確認できます。

早速、睡眠時に装着して、
朝データーを見てみました。

(手首に装着して寝るだけです)

スマホにアプリをいれて、同期すると、
このように表示されます。(アンドロイド)

睡眠時間はもちろんですが、
以下の情報を知ることができます。

・覚醒:短時間の覚醒は、正常な睡眠サイクルの一部
・浅い眠り:通常、浅い睡眠は睡眠時間の半分を占めます。
・深い眠り:免疫システムやワークアウト後の身体的回復に重要な役割を果たします。
・レム睡眠:記憶の整理や固定に役立ちます。

睡眠時の情報をグラフで見ることができ、
周期があるのがわかります。

さらに下には、このように時間で表示されます。

自分の睡眠がどうなっているのかを
目で見て把握することができます。

毎日計測していけば、平均なども計算してくれるので、
いつもの睡眠と比較してみることが可能。

FITbitを装着して寝るだけで、
浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を
手軽に知れるので便利です。

 

睡眠と体調の変化なども感じることができますので、
自分のコンディション調整にも役立ちます。

もちろん睡眠以外にも、Fitbitには、
歩数・心拍数・消費カロリー計測などさまざまな機能があり、
健康管理に役立ちますので活用してみてはいかがでしょうか?

 

浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を確認できるモデルは、
Alta HR、Charge 2、 Blaze です。

Alta HR
⇒ Alta HR

Charge 2
⇒ Charge 2

Blaze
⇒ Blaze

いかがでしたか?

今回は、Fitbitの新機能の睡眠内容とステージチェック機能を紹介しました。
この機能を使用すれば、自分の睡眠を知ることができます

ぜひ参考にしてみてください。

Fitbit Charge2のベルト交換方法。

Fitbit Charge2のベルトの交換方法

SONY DSC

アクティビティ、エクササイズ、そして睡眠の記録など行い
生活サポートをしてくれる「Fitbit」

その最新機種のFitbit charge2の特徴の一つに、
ベルト交換ができることが挙げられます。
(Fitbit Charge HRはベルト交換できませんでした。)

様々種類のベルトがあるので、
TPOに合わせて選んだり、気分で付け替えることができます。


今回は「ベルトの交換方法」です。

交換は本体の背面部分で行います。

本体の背面を見ると、
シルバーの金具が付いています。

IMG_3691

その金属部分を押しながら、
引くと外れます。

このような感じで行います。

IMG_3695

ロックを解除して下方向に下げれば簡単に外れます。

特に工具などは必要ありませんでした。

取り付け部分はこのようになっています

IMG_3692

3分割した状態です

IMG_3697

取り付けはさらに簡単で、
向きを合わせてはめるだけ。

簡単にベルト交換できるので、
日替わりなども可能です。

いろいろな種類のベルトがありますので、
お気に入りのベルトを探してみてはいかがでしょうか?

Fitbit Charge2 ベルト一覧

Fitbit

Fitbit Charge HRとcharge2の違いとレビュー・感想

「Fitbit Charge HR」から「Fitbit charge2」乗り換えました。

今回は、2つを比較した感想になります。

右側:Fitbit charge2(新製品)
左側:Fitbit Charge HR

まず、液晶画面のサイズが全然違います。

Fitbit charge2は、
大画面のインタラクティブOLEDディスプレイ搭載。
SONY DSC

 

裏側のベルトの部分の画像↓

 
右側:Fitbit charge2(新製品)
左側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

金属部分が小さめのデザインになっています。
ベルト幅も若干狭めになっています。

 

本体の裏面の画像↓

 
上側:Fitbit charge2(新製品)
下側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

センサー部分の形状は同じような感じです。

Fitbit charge2はベルト部分に金属が見えますが
こちらは、ベルトの交換が出来るためこのようになっています。

充電部分は、Fitbit charge2はフラットです。

 

サイド部分(側面)の画像↓

 
上側:Fitbit Charge HR
下側:Fitbit charge2(新製品)

SONY DSC

ボタン部分は、Fitbit charge2が大きくなり押しやすくなっています。

装着した感じですが、Fitbit charge2はベルトが柔らかくて、
つけ心地がよくなっています。

重さは、Fitbit Charge HRと比べると、
Fitbit charge2が若干重いですが気にならないレベルです。

 

充電方法

 
上側:Fitbit charge2(新製品)
下側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

Fitbit charge2は、挟み込むだけでワンタッチで充電が出来ますので、
充電しやすくなっています。

コードの長さはFitbit charge2の方が長く、余裕があります。

 

表面の比較

 
右側:Fitbit Charge HR
左側:Fitbit charge2(新製品)

SONY DSC

ベルト素材は似ていますが、
かなり柔らかくなっていますので、
装着した感じは楽です。

前のモデルはベルト部分が破損してきましたが、
Fitbit charge2は、ベルト交換が出来るのより長く使えそうです。
 (右の画像の液晶下部分がはがれて波打っています)

Fitbit charge2は、ベルトカラーの種類もありますので、
ファッションや気分にあわせて選べます。

ベルトサイズに関しては、両方とも同じサイズです。
SとLがあります。

私は手首周りが約170mmでLを選びました。

ベルトのとめる穴は、
一番小さい所の1個前の穴を使用しています。
 

心配といえば、液晶画面のキズですが、
保護フィルムの設定があるので、気になる場合は使用するといいです。

充電に関しては、やりやすくなっていて、コードの長さもあるので、
前のモデルより楽です。

Fitbit Charge HRからFitbit charge2に乗り換えましたが、
設定も特に問題なく、データーを引き継げました。

詳しくはこちらの記事
⇒ Fitbit Charge HRからFitbit charge2乗り換えた時の設定方法

 
今後「Fitbit charge2」を使用して、
機能面の部分をチェックしていきます。
 
最安値価格↓

【日本正規代理店品】Fitbit 心拍計 フィットネスリストバンド Charge2 Large Blue FB407SBUL-JPN

Fitbit