年収の高いスポーツのクリケット。いったい年収はいくら?

クリケットというスポーツを知っていますか?

 

クリケット1

 

日本では、なじみが少ないが、

実は、年収がすごいスポーツといわれる。

 

 

年収が、26億円とか・・・!?

 

クリケットとは

 

 

年収の高いと言われる クリケットは、

イギリスで発祥したスポーツ。

 

インド、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、

ラグビーやサッカーと並び絶大な人気を誇り、

日本での知名度はあまり高くないが、

100以上の国と地域でクリケットが行われている。

 

 

クリケットは、1億数千万人。

競技人口はサッカーに次ぐ世界第3位ともいわれる。

 

 

ちなみに、競技人口の多いスポーツは、

バスケットボールがずば抜けて1位(4億5,000万人)

 

日本での競技人口は、

日本在住外国人を含めておよそ1,500人ほどといわれる。

 

 

世界的には、競技人口の多いスポーツのクリケットだが、

オリンピックでは1900年のパリ大会において、

クリケット競技が1度だけ採用されたことがある。

 

 

クリケットとは、

野球の原型とも言われているイングランドの国技。

 

クリケット

 

ゲームは、各11人で構成される2チームが、

コイントスで先攻と後攻を決め、攻撃側と守備側に交互に分かれて対戦。

バットとボールを用いるスポーツ。

 

変わっているのは、 試合中のティータイムがあったりすること。

 

2デイマッチやワンデイマッチなど、

試合時間の長いゲーム形式の試合のときには、

2時間に1回、紅茶を飲みながら談笑するという。

 

普通のスポーツでは、考えられないが、

勝敗よりも何よりも社交を大切にするのがクリケットらしい一面。

 

クリケットの動画 ↓ (基礎知識)

 

クリケットの年収は?

 

クリケットは、

年俸の高いスポーツといわれている。

 

2015年の最高年俸は、

マヘンドラ・シン・ドーニの300万ドル。

 

 

同選手はスポンサー収入など年俸以外の収入を含めた年収が、

2015年版のランキングで3100万ドルと算定されており、

クリケット選手として唯一世界のスポーツ界の年収トップ100選手にランクイン。

 

3100万ドルは、日本円で約36億円。

 

 

2008年に設立されたインド・プレミア・リーグ(IPL)は、

世界的なプロリーグに急成長。

夜のプライムタイムのテレビ視聴率でトップ。

 

世界2位の人口約12億人の巨大市場を見据え、

外国企業もこの人気に注目していて、

今後も年収が上がっていくだろう。

 

 

ちなみに、インドでは『巨人の星』を原案としたアニメ

『スーラジ ザ・ライジングスター』があり、

野球ではなく、クリケットに設定を変更していて、インド向けの設定になっている。

 

 

 

クリケットは、

日本では、まだまだメジャーなスポーツではないが、

世界でも人気が高く今後も増えてくるのではないだろうか。

 

ミニマニストと人生の片付けの魔法!近藤麻理恵(こんまり)さんの本を読んだ感想。

ミニマニストという言葉を知っていますか?

 

最近、「ミニマニスト」いう言葉を、

聞くようになってきたかも知れない。

 

 

ミニマニストとは、

必要最低限の物で生きる人のことをいう。

 

ミニマム:最小限

ミニマニスト:最小限主義者

 

必要以上に物を持たない人のことで、

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –


という本を書いたミニマニストの方もいる。

 

 

私も最近は、いろいろなものを手放して、

ミニマニストに近づいている。

 

 

以前は、物を溜め込むことが好きで、

そこに価値や幸せを感じていた。

 

 

現在は、持ち物を少なくして

中古書店に、大量の本を持ち込んだり、

リサイクルショップにいらない服を持ち込んだりして、

家の物がドンドン少なくなってきた。

 

 

最初は、捨てたり、

手放したりすることに抵抗があったが、今は慣れてきたし、

捨てることで、爽快感が得られたりもする。

 

しかし、、、

最初は大変だった。

 

何でもそうだが、

最初の1歩を踏み出すのにはエネルギーがいる。

 

 

捨てようと思っても、

また使うかもしれない・・・

必要なときが来るかもしれない・・・

そんな気持ちと格闘していた。

 

 

その時に、

私が参考にした書籍がある。

 

それは、

「人生がときめく 片づけの魔法」 という本だ。

人生がときめく片づけの魔法

 

著者は、「片づけコンサルタント」近藤麻理恵さん

通称「こんまり」

 

この本では、

「捨てる時の基準としてときめきが重要」

だと著者は語っていた。

 

片づけのテクニックも書かれており、

スムーズに捨てるための基本的順番は、

難易度の低いものから取り掛かるのが有効。

 

 

片付ける時には、

一旦集めてから始めるなど、

具体的な方法が書かれている。

 

 

私は、この本を読んで、片づけを行い、

コレをきっかけに、モノの所有について考えた。

 

その際に、

「むやみに捨てることではなくて、何を残して行くのか?」

この部分は、とても大事だと思った。

 

 

そして、

「どのような物に囲まれて生活していくのか?」

自分のあり方を考えるきっかけなった。

 

 

ただ、捨てるだけではなくて、

一歩踏み込んで考えるようなり、

片付けをすすめたことで、モノを買う時の基準が出来た。

 

 

以前、情熱大陸にも取り上げられていて、

片付けを正しい順番で行うと、

二度と散らからなくなり、一生、きれいな部屋で過ごせるということも言っていた。

 

有名TV番組の

「情熱大陸 2015年12月27日」に出演していた。

 

 

現在は、片づけコンサルタントとして、

海外で講演などもしているというから驚きだ!

 

最後に

 

私が、こんまりさんの、

「人生がときめく 片付けの魔法」を読んで、

実際に行動してみて、その時に、気づいたことを書いておく。

 

 

私は、いらないものを、

古本屋さんやリサイクルショップに持っていった。

 

 

その時に、驚いたことがある!

 

 

それは、

「買取金額の安さ」

 

本の買取金額は、

10円、20円程度がほとんどだった。

買取

 

 

洋服も、30着以上持っていった。

いらない服

その買取金額は、210円

 

 

私は、改めて、

物の価値を考えるきっかけになった。

 

 

自分の持っているものの金額的な価値はこの程度。

 

手放すことのブレーキが外れた瞬間だった。

 

と同時に、

今後、手に入れるモノについても考えるきっかけになった。

 

 

私が、感じたことは、

「人生がときめく 片付けの魔法」

でこんまりさんが書いていたが、

捨てることが目的ではないということ。

 

大事なのは、むやみに捨てることではなくて、

何を残して行くのか?

 

「どのような物に囲まれて生活していくのか?」

 

この部分は、とても大事で、

ときめきという感覚も重要だと思った。

 

 

片づけで悩んでいるなら、

この本を参考にしてみるのは面白いと思う。

人生がときめく片づけの魔法

 

マインドフルネス瞑想の効果とやり方。そのメリットとは?

世界最先端の企業でも実践されている
「マインドフルネス瞑想」を体験してみた。

瞑想

最近ではよく聞くようになった言葉、
「マインドフルネス」

マインドフルネスとは、
いまここ”に集中すること。

意識の向きをコントロールして、
自分の感情などに気づく力をつけるもの。

拡散しがちな意識を
いまここ”に向けることが「マインドフルネス」

今回、
「マインドフルネス瞑想」をして気づいたことを
書き留めておこうと思う。

 

以前の私は、
瞑想に、全く興味がなかった・・・

「そんなことして意味があるのだろうか?」

「時間の無駄ではないのだろうか?」

と思っていたし、そもそも、瞑想のやり方すら分からなかった。

 

でも、
半年以上やってみてから考えると、、、
やらず嫌いだったと思う。

私が実際に、
瞑想を実践して感じたのは、
心が落ち着く感じを作れたこと。

 

最初は、違和感があったし、
時間が経つのが遅く感じたが、
続けていると不思議とその感覚はなくなっていた。

そして、
集中する感覚は、強くなった気がするし、
自分をコントロールしている感覚が芽生え、
瞑想を始めたことで変化を感じれた。

 

実際に、マインドフルネス瞑想には、
このような効果・特徴があるといわれる。

 

瞑想とは?効果は?

 

まず最初に、
簡単に一般的な瞑想の効果から。

 

瞑想とは、、、
心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、
心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと。

瞑想には、下記のように、
さまざまな肉体的・精神的な効果があるといわれる。

・心身の健康が回復する
・集中力が向上する
・気分が改善する
・熟睡できる
・悩みが減る
・仕事の効率が上がる
・脳の性能が良くなる
・ストレス軽減
・創造性のアップ などなど

現在は、
「グーグル」や「フェイスブック」などの企業でも、
瞑想を取り入れていたりもする。

ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス、稲盛和夫、
イチロー選手、長谷部選手、大企業の経営者なども瞑想を取りいれてる。

そして、最近では、
「瞑想ルーム」なるものも増えているようだ。

また、瞑想法にはいろいろあり、
・「一つの対象を定めた上で、その対象に集中を高めていく手法」
・「対象を定めずに心に去来する現象を一心に観察する手法」
に分けることができる。

 

今回私が行ったのは、一般的な手法の、
「一つの対象を定めた上で、その対象に集中を高めていく手法」

肩や胸を動かさないよう、ゆっくりと鼻でおなかの奥まで息を吸って、
静かに鼻から吐き出すやり方。(腹式呼吸で行う方法)

 

まずは、
自分の呼吸に、集中していく。

 

息を吸うたびに、
「息が身体の中に入ってきた」

そして吐くたびに、
「息が身体から出て行った」というように、
心の中で呼吸を感じます。

 

これは、あまり重要でないことに、
意識を集中させることによって、
頭の中に浮かんでくる「雑念」を際立たせるために行う。

 

そうしていると、
すぐに、あれこれとさまざまな「思考」が浮かんでくる。

「今日は、何をしないといけなかった?」
「昨日の仕事は、どこまで進んでいた?」

といった感じで、いろいろな雑念がわいてきます。

 

しかし、瞑想のゴールは、
「1つのことに集中することで、瞑想状態に入ること」

 

そのため、瞑想中は、
「何も考えないようにする」ために、
普段と同じように頭の中に浮かんでくる「思考」を、
次々と手放していかなければなりません。

 

ただ、無理に消し去るのではなく、
呼吸に集中することで、思考から意識をそらします。

 

あらゆる「雑念」が繰り返し、頭の中に現れてくるが、
「考えないようにしよう」とするとうまくいかないため、
「いまは瞑想中だから、あとで考えることにしよう。」とその考えを棚上げし、
再び呼吸に集中するという作業を繰り返します。

 

無理矢理消そうとするのではなく、
「頭に浮かんできた雑念を、一歩引いた所から観察する」

 

そうすることで、
やがて頭に浮かぶ雑念や、沸きそうになる負の感情を受け流すのがうまくなり、
集中力が増したり、ストレスや疲れが溜まりにくくなったりもする。

 

呼吸の音に集中して、
1つのことに集中することが大事。

 

どんな「思考」があなたの気を引こうとしようとも、
それについて考えないこと。

 

意思をもって無関心になり、集中する。

 

この作業を繰り返しているうちに、浮かんでくる「雑念」がなくなり、
頭の中がシーンとしたとても静かな、非常に深い意識状態に入ることができる。

 

実際に、私の場合は、
呼吸に集中することだけで、
集中力を上げる効果があると感じた。

 

うまく集中できれば、
不思議な感覚とともにあっという間に時間が過ぎ、
タイマーが鳴り響いていることに驚くと思う。

私は、呼吸に集中していたら、
時間の経過が早くてビックリした。

最初は、あまり効果を感じなくても、
焦ったりせず、継続していくことで、
その効果を実感してほしい。

 

瞑想の注意点

 

瞑想の注意点として、
「今から瞑想します」という始まりと
「瞑想はこれで終わり」という区切りを、
しっかりつけることが大切だと思う。

呼吸に集中していると、時間の経過も早いので、
しっかり区切りをつけて行うことは大事。

瞑想状態から戻りにくくなったりするので、
瞑想は、タイマーなどで時間を決めて行うこと。

そして、
姿勢も重要。

背中が丸こまっていたり縮んだ姿勢では、
呼吸も浅くなってしまうからできるだけ、
深い呼吸をとれるようにする。

イスに座って行うのもいいが、
頭は、背もたれから離しておいてください。

まずは、
自分の呼吸に集中していくこと。

そうすることで集中する力がついてきます。

 

大きな流れはこのような感じ。

呼吸に意識を集中 ⇒ 雑念が浮かぶことに気づく ⇒ 呼吸に意識を戻す。

 

最後に

 

瞑想は、最初は短時間でもいから、
試してみてはいかがだろうか?

いきなり長時間は難しいから、
徐々に時間を延ばしてくのがいいと思う。

そして、その効果は、すぐにあらわれるものではなく、
筋トレのようなもので続けていくことで、ついていく。

まずは、
呼吸を整える感覚を味わってみて欲しい。

それだけでも感情コントロール能力など、
冷静な視点や平常心を保つ効果も上がると思う。

一回につき、たったの3分間でも、
長く続けていけば効果を感じることができるようになってくる。

 

慌ただしい毎日の生活の中に、
このような時間を作ることで、
自分の中に小さな変化が起こるかもしれない。

その変化は、継続すれば、
とても大きなものになるのではないだろうか?
私が、最初に、読んだ瞑想の本は、
「世界のエリートはなぜ瞑想をするのか」
という本。

 

今までに、瞑想という言葉は知っていたが、
具体的なやり方、方法を知らなかった。

 

こちらの本には、
その部分が分かりやすく書かれていて、
初めての方にも参考になると思う。

この本では、時間のない人にもできる1分コースから、
しっかり瞑想をしたい人のための30分コースまで書かれていて、
まずは身近に時間から行う、瞑想のきっかけの本としてもオススメだ。

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか