ランニングにいい時間帯とは?世界一やせる走り方

やせて健康な体を手に入れたい!

ぽっちゃりしたおなかをなんとかしたい!

 

そうだ、、、

ランニングをしよう!

 

2015y06m13d_121508327

 

そう思っても、

仕事が忙しかったり、

天気が悪くて走れなかったり、膝が痛くなったりして、

継続できない・・・

 

数日やめると、やる気が起きなくなり、

何事もなかったかのようにフェードアウト。

 

俗にいう3日坊主というやつ。

 

そのような経験はありませんか?

 

私が、そんな時に、

目に留まったのはこちらの本 ↓

 

世界一やせる走り方

 

大多数の人がランニングを1年継続するのは、

難しいといわれる。

 

特に、運動経験のない人には、

かなりハードルが高い。

 

どうしたらランニングを続けられるのか?

 

そんなことの答えやヒントが書いてある本が

「世界一やせる走り方」

 

この本に書かれているのは、

3つのステージが大切ということ。

 

まず一歩を踏み出す

習慣化

今の体に脂肪を落とす刺激を与える

 

3つのステージの具体的な解決方法が、

Q&A形式に近い感じで書かれていて、

読みやすくて、分かりやすい。

 

たとえば、

世界一やせるための走る時間帯とはの項目では、

「何時に走ると一番やせれますか?」

という質問の答えが書かれている。

 

その答えは、

あなたがいちばん続けやすい時間帯。

 

ライフスタイルにあったタイミングを見つけるのが、

世界一やせる走り方を継続する秘訣です。

自分が走った時に「100%気持ちいい!」と感じられる時間帯を見つけましょう。

出典  世界一やせる走り方 中野ジェームズ修一 サンマーク出版)

 

他には、

「夕方に走るといちばんやせるって本当ですか?」

 

16~18時に運動するといいという説が定着している。

 

交感神経と副交感神経のバランスが非常によく、

高強度の運動をするのに適していて、

副交感神経が優位になる16~18時の時間帯は筋肉の補強運動、

いわゆる、筋トレに適した状態になると言われています。

 

ただ、

16~18時のゴールデンタイム説は、

トップアスリートの選手たちに有効といわれるレベルの話です。

 

ダイエット目的のランナーたちが、この時間帯に走ったからといって、

脂肪燃焼の効率が高まるわけではありません。

 

走っていて心地よい時間帯の方が「継続しやすい」という大きなメリットがあるため、

やせ効果は高いと言えるでしょう。

    (出典  世界一やせる走り方 中野ジェームズ修一 サンマーク出版)

「ランニングにいい時間帯とは?世界一やせる走り方」の続きを読む…

健康

バーバリーのメンズ香水!ミスターバーバリーの匂いと感想!

バーバリーの新しいメンズ香水が発売されました。

 

その名は、、、
MR.BURBERRY
(ミスターバーバリー)

 

 

新作メンズフレグランスで、

バーバリーの香水ということもあり、

気になったので、早速チェックしてみた。

 

 

ネットで検索していると、

ミスターバーバリーの動画を発見!

 

こちらの動画ですが、少しエロいので、

閲覧には、注意してください ↓

 

アイコニックなバーバリー トレンチコートと,

ロンドンの持つエナジーにインスパイア。

 

新しいものと歴史あるものが共存するロンドンの街のように、

クラシックなエレガンスとモダンで自由なアティチュードを

同時に持ち合わせたフレグランスが「ミスターバーバリー」

「バーバリーのメンズ香水!ミスターバーバリーの匂いと感想!」の続きを読む…

若返り栄養素のにんじん、セロリを使ったスロージューサーでジュースの作り方。

いろいろな調べごとをしていると、
にんじんの効果が高いということを目にすることが増えている。
 
美肌作り、ガン予防などの健康向上、
便秘解消、ダイエットなどに効果があるにんじん。
 
どのような効果があるのか気になり、
私は現在、「にんじんジュース」を試している。

2016y04m07d_111851636

まず、にんじんには、
ビタミンA、ベータカロテン(カロチン)が豊富といわれる。

そして、
にんじんは強力な抗酸化力を持つ栄養素
 
ちなみに、
カロテンと呼ばれたりカロチンと呼ばれたりするが、
どちらも同じもの。

カロテン(Carotene)は英語、
カロチン(Carotine)はドイツ語。

そのカロテンには、ガン予防の働き、
血圧を下げる働き、しぼり汁には消化を良くする働きもあり、
視力や目にもいいといわれる。

 
にんじんの効果は、いろいろな所で分析され、
TVでも多く取り上げられていて、実際の効能の実績もある。

 

にんじんジュースに使った食材

 
にんじん以外に、
セロリ、パイナップルをあわせた。
(メインは、にんじん)
 
にんじんは、水分は少なめなので、
水分の多い果物と混ぜるとよい。

 
今回は、こちらのような食材を使った。

IMG_3172
 
にんじん(人参)
セロリ
パイナップル
 

セロリ

ビタミンB1,B2,B16、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどのビタミン類、
カリウムやカルシウムなどのミネラル、食物繊維などを含んでいます。

効果:冷え性、むくみ、血行促進、美容、美肌

今回使用した量は、1/4程度です。

パイナップル

ビタミンB1・B2・Cなど多数のビタミン、クエン酸、
カリウム、食物繊維、ブロメリンなどが含まれています。

効果:疲労回復、美容、便秘、アンチエイジング

食べ合わせもチェックしてみましたが、
特にNGな組み合わせではありませんでした。

にんじんジュースの作り方

 

私は、普段使用している、
スロージューサーを使って作りました。

▼  ヒューロム H2H


 
作り方は、簡単で切って入れるだけ。

スロージューサーなので、熱による栄養素が壊れにくく、
酵素もしっかりとれます。

私が使っているジューサーでは、
このように、ジュースとカスが分かれて出てくる。

IMG_3173
 
画像は、にんじんを入れた状態

ミキサーだと細胞を壊してしまい、酸化を進めてしまうので、
スロージューサーがオススメ。
 
スロージューサーを使うことで、
栄養の吸収率も上がり、消化のスピードも速くなる。

今回、出来たジュース。

IMG_3175

味は、
パイナップルを入れた分、甘みがでた。
 
セロリは、入れすぎると飲みにくくなるので、
苦手な方は、注意が必要。
 
※今回、パイナップルを使用したが、
りんごのほうがいいかもしれない。
「若返り栄養素のにんじん、セロリを使ったスロージューサーでジュースの作り方。」の続きを読む…

健康