DaiGo(ダイゴ)流!集中力を上げるコーヒーの飲み方。ヨーグルト+昼寝?

メンタリスト DaiGo(ダイゴ)さんの
集中力を高めるコーヒーの飲み方

『自分を操る集中力』という本で
コーヒーの飲み方を紹介していました。


DaiGo(ダイゴ)さんは、子供の頃、
「LLD(学習障害)ではないか?」と、
親から心配されるほど集中力がなかったと言っています。
 

自分は、他人より集中力がないことを自覚して、
やみくもに勉強すようとするのではなく、心理学や脳科学の専門書を頼りに、
集中力を作りだす方法を研究し始めたようです。

その中に、
「コーヒーの飲みかた」に関するものがありました。
 

まずは、軽くコーヒーの基礎知識から

 
コーヒに含まれるカフェインには、
認知能力の低下を防ぐ効果が認められています。
 

他にもコーヒーには、
いろいろな効果があり、
普段から飲む方も多いのではないでしょうか?
 
人気の高いコーヒーですが、
そのカフェインの効果を利用し、
集中力を上げるコツがあります。
 
まず、
1日に飲むコーヒーの量ですが、、
450mlくらいが適量だと言われています。
(小さめのコーピカップなら3杯ぐらい)

それ以上だと、
脳への刺激が過剰になり、
デメリットの方が増えてしまいますので注意が必要です。

 

そして、
カフェインが効果を発揮し出すのは、
飲んだ後20~30分後

コーヒーを飲んだらすぐに、
効果を発揮するというわけではないので、
少し先廻りをして飲むのが効果的な飲み方です。
 

DaiGo(ダイゴ)流の集中力を上げるコーヒーの飲み方

 
では、、、
DaiGo(ダイゴ)さんは、
集中力を上げるために、
どのようにコーヒーを飲んでいるのでしょう?
 
書籍にはこのように書かれていました。

私は午後の眠くなってくる時間の前にヨーグルトを食べ、
コーヒーを飲み、10分ほどのパワーナップをし、
再び仕事に戻るというサイクルを取り入れています。

出典明記:自分を操る集中力 著者:DaiGo p108

パワーナップとは、
仮眠のことで、ベッドや布団で寝るのではなく、
目を閉じてじっとして休憩をとる方法。

グーグルやナイキ、
Appleなどの企業も取り入れていて、最近では、
学校などでも取り入れるところがあります。

(昼寝は悪という言葉はなくなりつつあります。)

パワーナップのやり方について

椅子に座った状態で、目を閉じ、
腕を枕に呼吸のペースを落とすことでも、
同様の効果が得られることも分かっています。

出典明記:自分を操る集中力 p180

 

コーヒーを飲んでパワーナップを行うことで、
脳に休息を与えた後、カフェインで刺激することになり、
認知能力をぐっと高めることが出来る。

すなわち、
集中することが可能になる。

 

また、
DaiGo(ダイゴ)さんが、
ヨーグルトを一緒にとる理由は、
カフェインの効果が切れた時の体のだるさを回復するため

ヨーグルトの脂肪分が、
カフェインの吸収を穏やかにするため、
効果が切れた時の反動を和らげてくれるから。

このようにちょっとした工夫をすることで、
パフォーマンスを上げることが可能になるのですね。
 
DaiGoさんは、本の中で、
「集中力は持って生まれた才能ではなく、
トレーニングによって強化できる」
といっています。
 
集中力をコントロールする術を身につければ、
人生の密度が何倍にも高まり、それは一生の武器になる。

 
集中力をコントロールする術が、
『自分を操る集中力』↓にはたくさん書かれています。

健康

枕の選び方。自分に合った「まくら」を見つける方法。

睡眠には、ベッドも大事だけれど、
枕もかなり重要です。

以前の記事では、
首や頭に違和感があるという記事を書きました。

その原因は、でした。

このように枕一つで、
睡眠の質を大きく左右してしまいます。

 

今回は、
快適な睡眠に重要な、
「枕選びの方法」

 

『まず、枕は、
頭を乗せるものではなくて、
首を支えるもの。』

 

 

横になって寝ている時も、
リラックスして立っている状態と同じ状態にするため、
頭部・頸部の間にできるすき間を埋めることが枕の役割


枕選びもベッド選びと同じように、

実際に試してみることが大事。

 

枕には、フィーリングもありますし、
好みの問題もあるので、
実際に試して見るのが良いです。

 

でも、、、
短時間で自分に合った枕を見つけるのは、
かなり難しいかも知れません。

 

使っているベッドによって相性も違うし、
勢いで購入したが、数日使うと、少し違うかな・・・?
と思うこともあるから。

そうならないように、
「事前に自分の好みを知ること」は重要です。

 

まくらの選び方

 

ベッド選びでも同じですが、
枕選びでも、まずは、

「自分を知ること」が大事。

(自分の睡眠を観察して、把握すること)

 

まずは、
自分がどのような寝方をしているのか?
このような自分の睡眠時の状態から、
考えた方がいいです。

 

仰向けで寝るのか、
横向きなのか?うつぶせなのか?

 

寝方によって、枕の形状が決まってきます。

自分の好きな形状がありますし、
しっくりきて心地よいものがいいです。

そして、
「自分が心地よいと思うのは、どのようなものなのか?」
自分に聞いてみるのが近道。

普段の睡眠をイメージして、
心地いいと思う感覚を大事にして下さい。
枕選びには

・高さ
・硬さ
・素材
・形状

このようなポイントがあります。

中でも、
重要なのは高さです。

 

体型によって、適した枕の高さは異なりますが、
リラックスした自然の姿勢が取れるような高さが理想です。

 

高さは、厚みを変えれる枕などもあり、
そのような枕で自分にあった高さを、見つけてみるのがいいかも知れません。

また、
バスタオルなどで、
心地いいと思う高さを作ってみるのも良い方法です。

その高さをもとに、
枕を選んでいくのがいいでしょう。

 

素材選び

 
次に「素材」ですが、
素材は好みの部分に大きくかかわってきます。

どの素材にも一長一短があり、
どれが一番よいというものではありません。

そのため、
自分の好みや感覚で選んでいくのが良いです。

心地よくて、気持ちのいい睡眠ができるかどうかを、
イメージしながら選ぶのが良いです。
 
店頭に買いに行くと、
商品をすすめられたり、迷ったりすることがあるかもしれませんが、
自分の好みや感覚を信じることが大切です。
 
事前にあらかじめ、
自分の睡眠状態を把握しておくことが良いです。

・どんな時に心地よくて、好きな素材の感触。
・今使っている寝具
・寝がえりは多いのか
・寝た時に楽な姿勢
・寝室の状態 などなど

自分の状態を知っておくことで、
枕選びをよりスムーズに行うことができます。

 

そして、
このような部分を把握することで、
睡眠の質を上げるヒントがあったり、
自然と睡眠環境を整えていけるのではないかと思います。

ちなみに私は、
朝起きた時に、寝起きの感覚をメモしています。

どんな状態で寝たら心地がいいのか?
枕の高さ、素材はもちろん、室温、着ているものなどなど・・・

いろいろ自分の心地よさを知っていくと、
いい睡眠の状態を作リ出せると思います。

最後に

 

現在、私の使用している枕。

それは、テンピュールの枕です。

いろいろ使いましたが、
現在は、テンピュールに落ち着いています。

私の感想ですが、
この枕は、硬めのベッドと合うような気がします。

ベッドが硬いとより、沈み込んだフィット感がいいです。

最初の「枕の役割」でもありましたが、

横になって寝ている時も、
リラックスして立っている状態と同じ状態にするため、
頭部・頸部のあいだにできるすき間を埋めることが枕の役割

この隙間を埋める感覚が、
私にとってテンピュールが良かったです。
 
ぜひ、あなたも自分にとって。
心地よい枕を見つけてみてください。

それでは、今日も最高の眠りを。

硬めのウレタンマットで、柔らかいベッド(マットレス)を硬くしてみた。

前回、『柔らかいマットレスを硬くする方法はあるのだろうか?』という記事を書いたが、

今回は、実際に試した商品に関して書いておく。

SONY DSC

いろいろな寝具店に行って話を聞いたが、
「柔らかいベッドを硬くするのは難しい」というのは事実のようだ。
 
硬くする方法は、いくつかあったが、
金額がかかり、ベッド本来の良さを、
消してしまうことになってしまうから。

結局、
金額がかかり、メリットまで消えるなら
買い換えた方がいいという話になってしまう。

しかし、
人にはそれぞれ事情があるので、
「ベッド買い替え」ではなくて、あえて、
「今のベッドを硬くする」という部分にフォーカスして書いていく。
 

ベッドを硬くするには?

 
ベッドの柔らかさと言っても、
その人の基準で変わってくるし、感覚的なものになる。

言葉では分かりにくいが、
今回は、寝た時にやや全体が沈み込み、
フカフカした感じがあるようなベッドを柔らかいベッドとする。
(高反発ではないタイプ)
 

今回、近くの寝具店で、
「柔らかいベッドを硬くしたい」と店員さんに言うと、

どうしてもそのベッドを硬くしたい場合は、
「硬いマットを敷くしかない」と言われた。

(お店によっては、硬めのベッドをすすめられるかも知れない。)
 

硬いマットは数点あるということで、
見せてもらった。
 
今回のお店では、
「釣り糸のようなナイロンを編み込んだタイプ」をオススメされた。

中空構造のため、
硬いながらも弾力があるというのが特徴。

ただ、
硬いといわれるマットは、厚みが出てしまう。
厚みは、5センチ~

素材の種類により手触り、
感触も変わり、価格は2~3万だった。

 
お店のオススメ商品は、
「東京西川のマットレスハードタイプ」
と言われた。

寝た感じは、
硬さと柔らかさもあり、確かに心地よい。

ただ、
こちらは厚みもあり、さらに金額も高い。

そして、予算的に厳しくて、
手軽に行える感じではないため、この商品は断念。
 

ニトリへ行ってみた

 
私は、
試験的に硬い感覚を味わいたいと思い、
他のお店でも探してみた。
 
手ごろな価格で買える店と言えば、
「ニトリ」が有名なので、
ニトリをのぞいてみた。
 

ニトリには、マットがいくつか並んでいて、
「硬質タイプ」が存在していた。

数種類の商品があるが、
硬質マットレスの本来の使い方は、
床やベッドフレームに敷くタイプのようだ。

価格は手頃で、
5000円以下で購入が可能。
 
硬めのタイプを商品を、
今回、試しに購入してみた。

購入したのはこのような商品。
硬質マットレス(かため)

SONY DSC

素材はウレタン。

3枚折りされていて、広げるとこのようになる。

SONY DSC

色は白(アイボリー)で、
見た目は、安っぽい感もあるが、
金額が安いのでこんなもんだろう・・・
 
厚みは5センチほどで、
手で力を入れて押すとつぶれる感じだ。

SONY DSC

実際に敷いてみると、確かに硬くなり、
全く別物のベッドになった。

(元のベッドの良さはなくなり、全く別の感覚)

本来このマットは、その上に布団などを敷いて使うタイプのため、
この上に寝るのは、心地よさはなく、
マットの上に少し柔らかめのものを敷く必要があるかも知れない。
 

今回のようなマットを使えば、
硬い感覚は得られるが、硬さの感覚は、
人それぞれなので、注意が必要。

 

ベッド本来の良さは薄れるかもしれないが、
硬くしたいのなら、このような方法を試してみるのもいいかも知れない。

今後、しばらく試してみるので、
気づきがあればこちらに追記していく。
ニトリの硬質(かたい)マットレスのレビュー

 
▼他のベッドに関する記事はこちら
⇒ ベッド購入の悩み。睡眠を制するためのベッドの選び方と注意点!
⇒ 柔らかいマットレスを硬くする方法は?ベッドパッドの選び方