ゴープロHERO5 Black対応のmicroSDカード!Lexar&Sandiskを購入

ゴープロHERO5 BlackのmicroSDカード

GoPro(ゴープロ)を購入したら、
絶対に必要になるのが「SDカード」です。
(SDカード:記録メディアカード)

※ゴープロにSDカードは付属していないので、購入する必要があります。
 

GoPro5(ゴープロ5)のSDカードの選び方

GoProで使用するのは、
microSDカード(マイクロエスディー)と呼ばれ、
通常のSDカードよりも小さいカードです。

最近はスマホなどでも使われている
このようなカードです。

ゴープロ5ブラックは、
バッテリーの横の部分にSDカードを装着します。

差し込みの向きは画像の通りです。逆向きには入りません。
セット方法は差し込むだけ。

取り出す時は、押し込むと出てきます。

GoPro5に使用できるmicroSDカード

ゴ―プロにSDカードを入れようと調べてみると
このような記載がありました。

GoProに使用できるmicroSDカードの一覧
カードはこの中からお選びください。
別のカードは動作保証できません。

(http://www.tajima-motor.com/gopro/faqs/ans/common/6028.html)

このような表記があり、さぁ困りました・・・

サイトを見ると、
HERO5対応のmicroSDカードはこのようになっていました。

◆Sandisk
・Extreamシリーズ
 32GB 販売価格 12,960円(税込)
 64GB 販売価格 23,760円(税込)
・Extream Proシリーズ
 64GB 販売価格 29,700円(税込)

◆Lexar(レキサー)
・Professional 1800x
・Professional 1000x
・High Performance633x
64GB 販売価格 5,940円(税込)

けっこう高い!!!

特に、Sandiskの価格が高すぎる。
さて、どうしよう?
 

ゴープロのSDカードの選び方

GoPro5のmicroSDカード注意点として、
最低でもクラス10が求められます。

「SDスピードクラス」

SDスピードクラスは、最低書き込み速度を表しています。
2、4、6、10の4種類がありますが、ゴープロは10を選ぶ必要があります。
 

また、UHS 1 以上の読み書き速度が必要。

「UHSスピードクラス」
スピードクラスの数字には1と3の2種類があります。
3 ⇒ 1秒間あたり30MB(30MB/s)
1 ⇒ 1秒間あたり10MB(10MB/s)
 

いろいろ価格をチェックして、
たどり着いたのは、ゴープロの動作保証されている
「Lexar Professional 1000x」

Lexar Professional 1000x microSDXCカード 64GB

PCに取り込むのでUSB3.0リーダー付を購入しました。

容量は32GBより、64GBぐらいあったほうがいいです。

いろいろなレビューを見ていると、
エラーになったりするmicroSDカードもあるようなので、
しっかりした物を選ぶのがいいです。

ゴープロ5対応のSandisk microSD
 こちらの商品のレビューでは、エラーがでる場合もあるようですので注意してください。
SanDisk/サンディスク microSDXCカード 64GB Extreme U3 4K対応

ゴープロHERO5 Blackの便利なクリップマウント!ショルダー・リュックに

ゴープロHERO5 Black用の便利なクリップマウント

今回は、ゴープロの便利なクリップマウントの紹介です。

GoPro Hero5に使用している
クリップタイプで挟んで固定するタイプのマウントです。

いろいろマウントを探していて、
クリップタイプが便利だと思いこの商品にたどり着きました。

純正品には、このようなタイプがなくて、
こちらの商品を購入しました。

REC-MOUNTS 回転式クリップマウント
挟んだり、地面に置いたりすることも可能

360度回転式タイプなので、
クリップ部分の土台を回して角度を変えれます。

このクリップがあれば、
ベルト・ショルダー・リュックに使用できます。

クリップ部分を手に持って、
手持ちでの撮影も可能です。(材質:樹脂)

回転式クリップマウントは、
ゴープロ用のマウントで一番使用頻度が高いクリップです。

今のところ破損などはありません。

リュックなどつけて歩き回る時には、
ゴープロケースにひも(命綱)をつけておくと安心です。

REC-MOUNTS 回転式 クリップマウントの価格
REC-MOUNTS 回転式 クリップマウント

いかがでしたか?

今回は、私もGoPro Hero5で使用しているクリップを紹介しました。

クリップタイプをお探しの方は、
このような商品を使用してみるといいと思います。

浅い睡眠,深い睡眠,レム睡眠を計れるFitbitウェアラブルウォッチ!

毎日愛用しているウェアラブルウォッチ
FITbit Charge 2

FITbitには最近、
「睡眠ステージ」という機能が登場しました。

今までは、
目覚めた状態・寝返りをしている状態、睡眠状態しか分かりませんでしたが、
浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を計測できるようになりました。

睡眠には周期があり、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を繰り返します。

Fitibt は PurePulse 心拍計と高精度モーションセンサーを搭載し、
各睡眠ステージの時間と目覚めの時間を計測します。

これらの機能で眠りの質を把握して、
各睡眠ステージの時間をしっかりと確保できているか確認できます。

早速、睡眠時に装着して、
朝データーを見てみました。

(手首に装着して寝るだけです)

スマホにアプリをいれて、同期すると、
このように表示されます。(アンドロイド)

睡眠時間はもちろんですが、
以下の情報を知ることができます。

・覚醒:短時間の覚醒は、正常な睡眠サイクルの一部
・浅い眠り:通常、浅い睡眠は睡眠時間の半分を占めます。
・深い眠り:免疫システムやワークアウト後の身体的回復に重要な役割を果たします。
・レム睡眠:記憶の整理や固定に役立ちます。

睡眠時の情報をグラフで見ることができ、
周期があるのがわかります。

さらに下には、このように時間で表示されます。

自分の睡眠がどうなっているのかを
目で見て把握することができます。

毎日計測していけば、平均なども計算してくれるので、
いつもの睡眠と比較してみることが可能。

FITbitを装着して寝るだけで、
浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠を
手軽に知れるので便利です。

 

睡眠と体調の変化なども感じることができますので、
自分のコンディション調整にも役立ちます。

もちろん睡眠以外にも、Fitbitには、
歩数・心拍数・消費カロリー計測などさまざまな機能があり、
健康管理に役立ちますので活用してみてはいかがでしょうか?

 

浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を確認できるモデルは、
Alta HR、Charge 2、 Blaze です。

Alta HR
⇒ Alta HR

Charge 2
⇒ Charge 2

Blaze
⇒ Blaze

いかがでしたか?

今回は、Fitbitの新機能の睡眠内容とステージチェック機能を紹介しました。
この機能を使用すれば、自分の睡眠を知ることができます

ぜひ参考にしてみてください。