脳を操る食事術のレビュー!脳を活性化する食べ物は?

世界のピークパフォーマーが実践する
脳を操る食事術


著者:石川 三知
出版社: SBクリエイティブ

たった1回の食事で人生は変わる!

サッカーの長友佑都 スケートの高橋大輔、荒川静香
スピードスケートの岡崎朋美など、
トップアスリートの結果をサポートし続けてきた著者。
 
その著者が、
ビジネスパーソンでもできる集中力や思考力を、
最大に上げる食事法などを紹介しているのが「脳を操る食事術」という本だ。
 

世界のピークパフォーマーが実践する「脳を操る食事術」は、
脳にフォーカスした本になっていて、

  • 食事を変えれば脳が変わる
  • 脳疲労をためるやってはいけない食習慣
  • パフォーマンスを最大化する!脳に効く食事

このような脳と食事の関係も書かれている。

 

例えば、
「パフォーマンスを最大化する!脳に効く食事」では、
こう書かれている。
 

「イライラするのはカルシウムが足りないから。」
 

よくこういう言葉を耳にするが、
これは、根拠のない話ではない。

神経伝達のメカニズムから考えると、
実に理にかなっているといえる。
 
情報の受け渡しをになっているのが「神経伝達物質」だから。
 

カルシウムやマグネシウムが不足すると、
思いどおりに、頭やからだを動かすことができない。

 
そこで大事なのが、食べ物だ!
 

神経伝達に欠かせないのはカルシウムやマグネシウム、ビタミンB群ですから、
それらを多く含む食品を食べればよいのです。

たとえば、大豆製品、海藻、ジャコ、桜エビ、アーモンドを、意識して多めにとる。

小腹が空くと条件反射的にチョコレートのようなお菓子を食べていた人は、
それをバナナやおにぎりに替える。

缶コーヒーをやめて果汁100%のオレンジジュースにする。
これを習慣にすれば、仕事のミスの回数は必ず減っていきます。

出典明記 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術 P69

このように「脳をうまく活性化するには、
どうすればいいのか?」ということが具体的に書かれている。

 
アスリートも行う、脳を操る食事術を学んで、
日頃のパフォーマンス向上につなげてみてはいかがだろうか?

⇒ 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術

海やプールのパサつき防止に!髪をダメージから守るサーファーズダイアン

夏の男にオススメのヘアケア商品。

夏だ!
 
開放的になれるアクティブなシーズン。

海外のビーチやプールリゾートがあるホテルに行くのもいい!

プールやビーチでのバカンスはいいのだが、

海水浴などに行った後、
髪の毛がバサバサになってしまう経験はないだろうか?

 

紫外線で傷み、
水に浸かればゴワゴワ、パサパサになってしまうという経験。

強い日差し、そして海水などは、
髪や頭皮にダメージを与えてしまう。

 

海でなくてプールでも、
塩素は乾燥による炎症を引き起こしたり脱色の原因になる。

だからといって、
海やプールに行かないなんて言うのはもったいなさすぎる。

夏は年に1回のワクワクするシーズンなのだから。

 

だったら、
海やプールの前に対策してしまうのはどうだろうか?

 

こちらのアイテムなら、
そんなことが可能だ!

サーファーも愛用するケアアイテム。

「サーファーズダイアン」だ。

紫外線や海水・プールなどの外部刺激によるダメージから髪を守る、
洗い流さないトリートメントミスト。

水分や汗などに強い独自処方で、ダメージ要因から髪を守る。

 

海やプールの前に髪にプシュとして、
紫外線や塩素などによるダメージをプロテクトしてくれるというもの。

植物由来のオイルやエキスも含まれていて、
プロテクトとダメージケアが可能な商品だ。

これなら、海に入る前に、
ゴワゴワ、パサパサ対策をすることが可能。
 

こちらの商品以外に、
サーファーズダイアンには、
シャンプーや海水のナトリウムを中和する「ダメージケアリムーバー」もある。

サーファー御用達アイテムを使用してみてはいかがだろうか?
⇒ サーファーズダイアン

このようなアイテムを味方につけて、
夏をよりアクティブに楽しんでみてはいかがだろうか?

美容

アルコール無添加の化粧水で評判も良いイプサ/ザ・タイムRアクア

<アルコール無添加の化粧水>

アルコールが肌に刺激になるって本当?

敏感肌の方は、
化粧水をつけると、しみたり、
赤くなったり違和感があるときがあります。

私も今までいろいろ使用して、
あわない化粧水がありました。

 
肌の刺激になるアルコールって何?
 

化粧品のアルコールは、「エチルアルコール」のこと。
成分表示では「エタノール」と記載されます。

「エチルアルコール」は、無色透明の揮発性の液体。
様々な成分を溶かす作用に優れています。

化粧品では、水や油には溶けにくい成分や香料、
色素などを化粧品の中に溶かしたいときに使われ、
清浄や組織や血管を縮める目的で化粧水に使われることも多いです。

化粧品のアルコールは、
アルコール飲料にも含まれている成分なので害はなさそう。
(お酒のアルコール分)

 

ただし、そのアルコールが、
敏感肌の方だと刺激になる場合があります。

刺激といってもいろいろな感覚があり、
肌にスーッとした爽快感があり、この場合は問題ないですが、
赤みやかゆみといった症状が出る方は、避けたほうがよいです。

 

では、そのような場合はどうすればいいの?
 

いろいろ調べて、試してたどり着いたのが、
こちらのアルコール無添加の化粧水

イプサ/ザ・タイムRアクア

うるおい成分を抱えた水の層を肌表面につくり、キメを整え、ぷるぷると水をまとったようなみずみずしい感触を持続させる薬用化粧水。
イプサの独自技術で生まれた保湿成分「アクアプレゼンターIII」が、肌表面にうるおい成分を留まらせる人工的な水の層をつくり、
角層の水分量に応じて水分を補給します。さらに、たっぷりの水分を抱えこんで逃さないようにするので、肌が水で満たされた状態が持続します。
アルコール無添加。

アルコール無添加なので、
しみたりもせず、刺激がなく
さっぱりした感じで使いやすいです。

テカりにくいので夏にもGOOD!

購入時には、こちらのレビューを参考にしました
⇒ イプサ ザ・タイムRアクア

イプサ/ザ・タイムRアクアの価格

価格もAmazonが安かったです。
(200mlと300mlがあります)

確認時は4320円 送料無料でした。
⇒ イプサ ザ・タイムRアクア

楽天価格
(こちらは送料が別です)
⇒ イプサ ザタイムリセットアクア200ml

男性でも、ひげ剃り後などだと、
特に刺激を感じやすいかもしれません。

そんな場合は、
このようなアルコール無添加タイプを試してみるのもいいかもしれません。

美容