朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる!正しい飲み方は?

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる


馬渕 知子
出版社: クロスメディア・パブリッシング
発売日:2017年7月18日

 

コーヒー&ビールの正しい飲み方

 
この本には、コーヒーやビールに関する知識が書かれており、
「コーヒーとビールの真のパワーの有効活用方法」を掲載している。
 
コーヒーやビールなどの飲料は、
カラダに与える影響が大きい。


飲み物は、
食べ物の50倍速で己を覚醒させる。

だから一流は、
三度の飯より「飲む」にこだわる。

 

食べ物より飲み物が圧倒的な即効性がある。
身近で手軽で即効性があるのが飲み物。

飲料は口から入った後、5秒前後で喉を通過し、
5分前後で胃の消化吸収がすんでしまいます。

飲み物は胃からも吸収されていきます。
栄養の多くは小腸で吸収されますが、水に溶けた栄養成分は胃から水分と共に体内に入り込むのです。

つまり、飲み物に秘められたパワーは数分以内に体内を巡るということでもあります。

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる P26

 
飲料には即効性があり、
コーヒーやビールも飲むタイミングが重要。

正しい知識で飲むことで得られる効果も変わってくる。

本書では、
コーヒーやビールのベストな飲み方を紹介し、
避けた方がいい飲み方も書かれている。

 

コーヒーのメリット

 
コーヒーにはいろいろな種類がありますが、
「カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力」があります。

コーヒーのアロマには緊張を解きほぐし気分をリラックスさせる働きもあります。

 

ビールのメリット

 
主に副交感神経に働きかけます。
「適度な量のビールは副交感神経を優位」にし、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。

コーヒーやビールには、
交感神経や副交感神経を優位にする働きがあり、
この働きをうまく活用すると良い。
 

コーヒーは一日何杯?

 
適度なコーヒーは癒し作用や疲労回復効果に貢献してくれますが、
過度なコーヒーは私たちのカラダにとって「ストレス」と認識され、
これに対してストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が分泌されてしまいます。
 

本書では、ベストな量として
・コーヒーカップ150ml 一日4杯程度
・缶コーヒー200ml 一日3本〜4本程度
・マグカップ240ml 一日3杯程度
と紹介しています。

カフェインの摂り過ぎは、
体内リズムの乱れや疲れにつながりますから、十分注意して下さい。

 

コーヒーの飲む量という基本的な内容から、
「ビールを飲んで酔いにくくする方法」など様々な、
コーヒーとビールに関する内容を紹介しています。

ビールを飲んで酔いにくくする方法では、
一口飲んでから3分待つとカラダへの慣らしになり、
たった3分間で肝臓は体内に入ってきた少量のアルコールに気づき、
アルコール代謝機能を高めてくれます。

 
このように飲み方を少し変えることで、
カラダに与える影響も変わります。

 
コーヒーやビールを飲む方は、
この本に書かれている「飲み方をちょっと変える」ことで、
パフォーマンスを上げることが出来るかもしれません。

参考にしてみてはいかがでしょうか?
⇒ 朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる

テロメアって何?細胞から若返る!テロメア・エフェクトの読書レビュー

細胞から若返る!
「テロメア・エフェクト」

健康長寿のための最強プログラム

著者:エリザベス・ブラックバーン (著), エリッサ・エペル (著),
森内 薫 (翻訳)
出版社: NHK出版
発行日:2017年2月22日
 

テロメア・エフェクト

テロメアでノーベル医学生理学賞を受賞した
エリザベス・ブラックバーンの書いた本。

テロメアと健康や長寿な関して学べる本になっている。

この本を書いた目的は、
テロメアと老化の関心は今、急速にたかまりつつある。

そして、
ちまたにあふれる情報には正しいものもあるが、
誤解を招くものもある。

たとえば、
ある種のクリームやサプリメントがテロメアを伸ばし、
寿命を延ばすとまことしなやかに主張する人がいる。

こうした製品がもし本当に体の中で機能したら
がんにかかるリスクを増やしたり、そのほかの危険な作用をもたらす可能性がある。

こうした深刻なリスクの潜在性を評価するための大規模で長期的な調査が
今必要になっている。

細胞をノーリスクで伸ばす方法は、いくつか知られている。

その中で最良のものをいくつか、この本におさめた。

即効性はないかも知れない。
けれど、研究にもとづいた具体的なアイディアはきっと見つかるはずだ。

出典明記:テロメア・エフェクト 著者:エリザベス・ブラックバーン P11

 

テロメアって何だ?

「テロメア」とは染色体の先端部分のこと
 
テロメアは、染色体のDNAの端には、
タンパク質でできた鞘のようなものがあり、
それがDNAの束を保護する役割をしている。

本書の中で例えが出てくるが、
靴ひもの先端の鞘のようなもの。


矢印のようなイメージ。

その鞘の部分にテロメアがある。

テロメアは、極めて小さいが、染色体の中で非常に重要な役割を果たしている。
 

「テロメア」とは染色体の先端部分を指し、
寿命を司り、加齢とともに短くなることがわかっている。

最新の科学によれば、
生活習慣しだいでテロメアを伸ばし、
健康寿命を延ばすことができるようだ。


「テロメア・エフェクト」には、
テロメアに関することが細かく具体的に、
多くの事例と共に書かれている。

全体では440ページほどあり、
少し厚目の本で、読書に慣れてないと読むのがつらく感じるかも知れない。

そんは時は、ザックリ目を通して、
部分的に読んでいく方が理解しやすい。

下記に一部の内容をまとめてみたので、
参考になればと思う。

テロメアを守るためにはどうすればいい?

テロメアに関して、
第3部の細胞を守る部分が興味深く読めた。
 

第3部:テロメアを守るためにできること
・第7章 運動はテロメアを鍛える
・第8章 テロメアの疲労と睡眠
・第9章 体重とテロメア:健康的なメタボリズム
・第10章 食べ物とテロメア:細胞の健康のためには何を食べるべきか

 

「運動はテロメアを鍛える」

 
運動の有益性だけでなく、
座りっぱなしが代謝上の健康に非常によろしくないという事実。

現在では、複数の研究から、
座ってばかりいる人のテロメアが、
少しでも運動をする人に比べて短いことが確認されている。
 

運動には、
酸化ストレスや炎症を抑える働きがある。

 

だが、
週末だけ激しい運動をしている人は要注意。

過剰な運動は逆に酸化ストレスを増加させる危険性があるからだ。

 
テロメア保持のためには、
過酷な運動計画は必要でない。

細胞の健康のためには、強めの有酸素運動が最適。
 
本書では3つのプランを紹介

・<安定的な有酸素運動>
 60%ぐらいの力で歩く、もしくは走る。
 これを一度に40分間、週3回程度
 

・<高強度インターバルトレーニング>
 ウォームアップのあとに、インターバルを4回繰り返す
 インターバル:ラン(速い)(遅い)3分間
 クールダウン
 

・<少し緩めのインターバルトレーニング>
 ウォーキングによるインターバル
 速足ウォーキング3分、ゆっくり歩く3分
 

プラン化した運動のほかに、
一日中、何かと体を動かす習慣をつけることが重要。

日常生活の一部として運動が組み込まれてしまえば、
あなたは座りっぱなし族から抜け出すことができる。

過酷な運動までは必要ないが、
そこそこの運動を行うことは大事である。

 

食べ物とテロメア

 
食べ物とテロメアでは、
「細胞の健康のためには何を食べるべきか」
が書かれている。

この部分はとても興味を引かれると思う。
 

健康的な食べ物は本書を参考にしてほしいが、
それ以上に、重要なのは、加工食品や砂糖の入った商品、
ジャンクフードなどの細胞の敵にエサをやるような食習慣をやめること。

これは本当に大事だと感じる。

実際に習慣化しようと思うと、
いろいろな誘惑もあり難しい部分ではあるが、
「テロメア・エフェクト」では習慣形成にも触れている。

 
自己評価テストもあるので活用して、
健康長寿に効く運動、食事、睡眠、ストレス対処法を
学んでみてはいかがだろうか?

⇒ テロメア・エフェクト

「究極の疲れないカラダ」の感想と内容。世界の最新医学が証明!

<読書レビュー>
世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ


仲野広倫
出版社: アチーブメント出版
発売日:2017年7月6日
 

この本を読んだら、
「健康の常識ってなんだったんだろう?」
と思ってしまうかもしれない。
 

世界最新の医学から見れば、
日本人が当たり前だと思い込んでいる
健康常識が間違っていることもたくさんあるようだ。

 

著者の「仲野広倫」さんは、
ハリウッドスター、五輪メダリストから指名される
10万人を治療したスポーツカイロプラクター。

筋肉骨格系の専門医として
できるだけ手術、注射を使わない治療を行っている。

そのスポーツカイロプラクターが教える
「疲れないカラダ」の秘密を書いた本。

 

生涯元気に動けるカラダのつくり方は
世界最新の医学で証明されている。

「世界の最新医学が証明した  究極の疲れないカラダ」には、
世界最高峰のフィジカルコンディションを整える方法が書かれている。

 

カラダの老化とは?

誰でも年齢とともに疲れやすくなる。
人間の体はドンドン衰えていく。
これを「老化」という。

老化は、英語で言うと「エイジング」
年をとるという意味

エイジングは生まれた瞬間からすべての人におこる自然現象。

その老化は加齢にとり不調になったのではなく、
もともと悪くなっていた部分があって、
自己治癒が追い付かなくなったことが原因

出典明記:世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ 仲野広倫 P30

 

筋力の重要性

筋力が最初のディフェンス

筋力がなくなれば、自分の体を支えられなくなる。

腰が前傾し、ひざから曲がって猫背になります。
最初は意識すれば自力で良い姿勢に戻ることができます。

ところが、長年悪い姿勢のままだと、
いくら力を込めて良い姿勢にしようと思ってもできなくなります。
カラダも疲れやすくなります。

出典明記:世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ P38

この部分は一つの疲労の正体。
筋力の重要性を学べる。
 

痛みの要素

人間が痛みを感知するメカニズムは解明されている。

カラダのありとあらゆるところに、
侵害受容器という痛みを拾う受容体があり、
それが異変を感知して化学物質を出すことで痛みという信号が脳に行く。

ストレスによって、受容器が信号を出すか出さないのラインが変わり、
ストレス・心の痛みがあると、カラダの痛みの感覚があがる。

ストレスとの向きあい方は大事。
ただし、原因が分からないからとストレスのせいにするのは注意が必要。
 

まとめ

このように専門的な視点で、
疲労や痛みメカニズムを解説するところから始まる。
 

日本人は受け身の治療が多いが、
自分のカラダのことをしっかり学ぶことは必要。

 

メカニズムを知ることで、
自分のカラダとの向きあい方がかわってくる。

痛みは複雑な要素が重なっていて、
脳が大きくかかわっていることを学んだ。

 

この本に書かれている考え方を理解することは、
今後の治療や改善の幅を広げることになるだろう。

 
第4章では、
「正しいカラダの使い方&機能運動性 回復エクササイズ」が
カラーページで紹介されている。

第5章では、
「ちょっとヘンな日本人の健康常識この本からの学び」
Q&Aで解説。
 

「世界の最新医学が証明した究極の疲れないカラダ」を
参考にしてみてはいかがでしょうか?
究極の疲れないカラダ