ランニングにいい時間帯とは?世界一やせる走り方

やせて健康な体を手に入れたい!

ぽっちゃりしたおなかをなんとかしたい!

 

そうだ、、、

ランニングをしよう!

 

2015y06m13d_121508327

 

そう思っても、

仕事が忙しかったり、

天気が悪くて走れなかったり、膝が痛くなったりして、

継続できない・・・

 

数日やめると、やる気が起きなくなり、

何事もなかったかのようにフェードアウト。

 

俗にいう3日坊主というやつ。

 

そのような経験はありませんか?

 

私が、そんな時に、

目に留まったのはこちらの本 ↓

 

世界一やせる走り方

 

大多数の人がランニングを1年継続するのは、

難しいといわれる。

 

特に、運動経験のない人には、

かなりハードルが高い。

 

どうしたらランニングを続けられるのか?

 

そんなことの答えやヒントが書いてある本が

「世界一やせる走り方」

 

この本に書かれているのは、

3つのステージが大切ということ。

 

まず一歩を踏み出す

習慣化

今の体に脂肪を落とす刺激を与える

 

3つのステージの具体的な解決方法が、

Q&A形式に近い感じで書かれていて、

読みやすくて、分かりやすい。

 

たとえば、

世界一やせるための走る時間帯とはの項目では、

「何時に走ると一番やせれますか?」

という質問の答えが書かれている。

 

その答えは、

あなたがいちばん続けやすい時間帯。

 

ライフスタイルにあったタイミングを見つけるのが、

世界一やせる走り方を継続する秘訣です。

自分が走った時に「100%気持ちいい!」と感じられる時間帯を見つけましょう。

出典  世界一やせる走り方 中野ジェームズ修一 サンマーク出版)

 

他には、

「夕方に走るといちばんやせるって本当ですか?」

 

16~18時に運動するといいという説が定着している。

 

交感神経と副交感神経のバランスが非常によく、

高強度の運動をするのに適していて、

副交感神経が優位になる16~18時の時間帯は筋肉の補強運動、

いわゆる、筋トレに適した状態になると言われています。

 

ただ、

16~18時のゴールデンタイム説は、

トップアスリートの選手たちに有効といわれるレベルの話です。

 

ダイエット目的のランナーたちが、この時間帯に走ったからといって、

脂肪燃焼の効率が高まるわけではありません。

 

走っていて心地よい時間帯の方が「継続しやすい」という大きなメリットがあるため、

やせ効果は高いと言えるでしょう。

    (出典  世界一やせる走り方 中野ジェームズ修一 サンマーク出版)

スポンサーリンク


 

他には、このようなケガに関する問題

「数回走ったら、ひざや足首が痛くなって怖い」

 

最大の予防は、下半身の筋力を養うこと

 

ひざに負担をかけないトレーニングを行うといいと書かれていて、

そのトレーニング方法も、巻末にカラーで画像付きで解説されている。

 

 

このような感じで、

走ることに関する問題や悩みの解決策が多く詰まっている本。

 

走れなかった人の本音に答えます

体脂肪がみるみる落ちる世界一やせる走り方とは

さらに効率よくやせるための「やせブースト」を教えます(体つくり編)

さらに効率よくやせるための「やせブースト」を教えます(食事編)

走るのがつらくなったら

 

以上のようなことが、5章に分かれています。

 

 

特に、こちらの本がオススメなのは、

これから、ランニングを始めたい方。

 

ランニングを始めると起こる問題や、

不安について多くのことが書かれているので、

事前に知っておくことで、より続けやすくなります。

 

継続することで、

「やせる」という部分につながってきます。

 

この本には、走るためのヒントや答えがあるので、

実践し、習慣化していくのがやせる近道だと思う。

 

私自身、多くの気づき、学びがあり、

内容をもとに、現在ランニングを継続しています。

 

世界一やせる走り方

 

スポンサーリンク

コメントを残す