アンコン家電とは?ミニマリストにもオススメの調和する家電。

最近、アンコン家電というものが、

存在しているようだ。

 

いったいアンコン家電とは、

どのようなものなのだろうか?

 

 

アンコンといえば、

「アンサンブル・コンテスト」や「アンサンブル・コンサート」を指すこともあるが、

今回のアンコンは、そのアンコンではない。

 

 

アンコンストラクテッド:肩パッドや芯地などを使わずに仕立てた服。

こちらの略で、アンコンと読んでいる。

 

また、かかとを包む部分を内側に折り曲げると、

スリッパのようにして履くこともできるスリップオンシューズを

アンコンシューズと呼んでいる。

 

 

このような、

肩肘張らないという意味でのアンコンだ。

 

 

いろいろな所で、

アンコンという言葉が注目を浴びてきているが、

家電にも、アンコン家電が存在している。

 

 

アンコン家電は、

いかにも家電という形をしていない、

家電に見えない家電のことをそう呼んでいる。

 

白物家電に近い部分もあるが、

自由な発想でデザインされているのが、

アンコン家電の特徴だ。

 

 

アンコン家電は、デザイン家電に近い存在なのだが、

現在の家電は、どれも洗練されたデザインになってきており、

機能や性能も差が出にくくなってきている。

 

 

そんな中、

肩肘張らない、家電に見えない家電が注目を浴び、

「暮らしにあわせた家電選び」というものが、

今後も進んでいきそうだ。

 

 

今回、アンコン家電と呼ばれる、

人気の家電をいくつかまとめてみたので、

参考にしてもらえたらと思う。

 

 

SONY プロジェクター  LSPX-P1


壁際に置いた状態で22インチの画面を投影できてしまう。

これを見て、プロジェクターと思う人は、

ほとんどいないのではないだろうか?

 

 

 

SONY グラスサウンドスピーカー


これは、

ランプではなくて、スピーカー。

 

住空間にすっと溶け込みリラックス空間をつくるBluetoothスピーカー。

小型のボディからは信じられないほどの,

透きとおるような音がでるそうだ。

 

また、LEDが、

ロウソクのようにふわっと灯り温かく辺りを照らすのも心憎い。

 

 

 

お掃除ロボットには、拭き掃除タイプが登場

iRobot ブラーバ380j

置いてあると、何をするマシーンなのか分かりにくいが、

床拭きお掃除ロボット。

乾拭き以外に、水拭きも可能。

 

 
SONY LED電球スピーカー LSPX-100E26J

こちらは、普通のLED電球かと思いきや、

スピーカーです!

 

照明器具の電球と交換するだけで、

面倒な配線などは必要なく音楽などを楽しめ、

Bluetooth対応機器の音声をワイヤレスに再生。

 

SongPalをダウンロードすると、ボリュームの調整だけでなく、

電球の調光までも可能。

スピーカーが暮らしに調和してしまう家電。

 

スポンサーリンク


 

このように、

いかにも家電というような形をしていない家電。

家電らしくない家電が増えてきている。

 

 

最近では、ミニマリストという、

物を持たない人も増えてきているが、

そのような方にもオススメの家電。

 

部屋に置いてあっても調和しやすいので、

気にならないし、自然な感じになる。

 

 

こだわりのアンコン家電を選んで、

暮らし、インテリアとの調和を、

はかっていくのも楽しいのではないだろうか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す