柔らかいマットレスを硬くする方法は?ベッドパッドの選び方

『柔らかいマットレスを硬くする方法はあるのだろうか?』

私は、
いろいろなベッドを比較検討して、
時間をかけてベッドを購入した。

SONY DSC

ベッドを購入して、
これで快適な睡眠が得られると思っていたが、、、
それは、大きな間違いだった・・・

 

実は、このあと、
ベッド選びにかけた時間以上に、
私は迷うことになってしまうのだ。

 

購入したベッドで寝てみると、
新品でキレイで、フカフカしていて、
ベッドの上にいるのが心地いい。

 

至福の時を感じながら、
ベッドで眠りにつける。

最高の眠りだ!

そう思っていたのは、束の間、、、

 

どうも目覚めの調子が悪い・・・

2016y06m17d_101042422

起きた時に、首のあたりに違和感を感じたり、
頭が重かったり、腰もなんかおかしい気がしてきた。

 

あんなに気持ちいい状態で寝れたのに、
この寝起きのギャップは何だろう?
以前のベッドでは、ここまで目覚めが悪いことはなかった。


ベッドになれていないからかも?
と、
思いつつ数日過ごすが、
あまり良くならない。

 

ここから私は、数日間、
ベッドの向きを変えたり、枕をバスタオルにしたり、
いろいろなことを試して分析した結果、原因を発見。

 

その大きな原因は、
枕(まくら)だ。

 

ベッドと枕の相性が悪かった。

今回の新しいベッドは厚みもあり、以前のベッドより、
やわらかめのベッドなので、高さが合わなくなっていた。

(体の沈み込みがあり、首の部分が圧迫気味で角度が悪かった)

 

枕でこんなに変わるものなのか?と、驚いた。
枕を変えることで、以前のような感覚はなくなったが、
私は、さらにいいフィーリングで寝たいと思い、
もう少しベッドを硬くしたいと思い始める。

 

ベッド選びの際に、店員さんに、

「硬いベッドを柔らかくするのは出来るが、
柔らかいのを硬くするのはきびいしい」と言われていた。

 

私は、
ここからベッドを硬くする方法を
調べまくる日が続いた。

 

いろいろ調べてみたが、
ベッドの買い替え以外では、
ベッドパット、マットで調整する方法しかない。

 

ということで、
硬めのベッドパッドを探すことにしたが、
硬めのもはあまり多くはない。

硬めのものになると、
厚みもそれなりでててくる。
そして、当然、価格も高くて、
マットレスが買えてしまうほどの価格をしてしまう。

 

いろいろ見た中で、私が、
実際に寝て硬いと思ったのは、
こちらのタイプ ↓


ハードタイプで、厚みは8センチ
硬さの設定は、ハード以外にもいろいろある。

マットレスに重ねての装着も可能。

 

ただし、
マットレスが柔らかかったり、ヘタリすぎていると、
フィーリングは変わってくると思う。

 

残念ながら、
金額もそれなりにするので、
安いマットレスのベッドが買えてしまう価格。

 

他に、あまりお金をかけずに、
硬くする方法だとこのような感じ。

・ベニア板(コンパネ)を入れる
・段ボールを入れる
・薄いゴムやプラスチックの板を入れる

日本は、ジメジメしているため、
カビなどいろいろな問題もあるので、
このような方法はオススメではない。

 

とりあえず硬くしたいのなら、
本来の方法ではないが、硬質マットを使う方法がある。

 

ちなみに、温度でベッドの硬さも変化し、
ベッドの硬さは、夏場は柔らかく、
冬は硬くなる傾向にある。

 

私は、いろいろ検討したが、
ベッドのフィーリングを今より硬くするには、
ウール系のマットが効果的だった。

 

そのウール系でも、
硬めをうたっているものにするのがいいと思う。

例えば、このようなハードタイプもある。

私は最終的に、
素材の違う2枚のマットを組み合わせて、
程よいと思う状態にした。

もしかしたら、
マットレス本来のメリットを、下げてしまっているのかもしれないが、
心地いいので満足している。

 

最後に

 

今回感じたのは、
柔らかいマットレスを硬くするのは大変で、
金額もそれなリにかかってしまうということ。

 

私は、少し硬めの感覚にしたい程度だったので、
ベッドパッドを使用したが、あまりに柔らかいと、
このような方法では解消しないかもしれない。

 

その場合は、
やはり新しいベッドを探すのがいいと思う。
(どうしてもそのベッドを使いたいなら、硬質マットなどを入れる方法しかないと思う)

最初から、自分に合ったマットレスを見つけるのは難しいが、
自分がいいと思う硬さを知り、いろいろなベッドを、
試してみるのが近道だと思う。
 

私は現在、今回のような組み合わせで使用しているが、
ベストな硬さのベッドを現在も探しているので、
いい商品があれば追記していく。

 

睡眠、ベッド、枕関連記事はこちら↓

ベッド購入の悩み。睡眠を制するためのベッドの選び方と注意点!

枕の選び方。自分に合った「まくら」を見つける方法。

⇒ ネココチスタイリングピローのレビュー【まくら選び】

 

スポンサーリンク

コメントを残す