ネココチスタイリングピローのレビュー【まくら選び】

いくつかの枕を試してみて、
「ネココチスタイリングピロー」を購入しました。
 
今回は、
「ネココチスタイリングピロー」を使用した、
レビューを書きますので、枕選びの参考にして下さい。
 
SONY DSC
 

ネココチスタイリングピローの特徴

 
「ネココチスタイリングピロー」は、
寝姿勢を追求した枕で、首をやさしく支えるというのが特徴。

 

今回、この枕を選んだ理由は、
「首元のメッシュ素材と柔軟性」
 
首元に柔軟性の高い詰め物と生地を使用し、
枕が頚椎のラインに自然にフィットします。
 

枕の向きは、上の画像の向きで使用し、
ブルーの部分が首に当たる部分で柔らかい素材です。
 

また、
「仰向き、横向きに対応していて、
寝返りしやすい立体形状」
 
頭部は、くぼんでいます。

私は、寝返りが多い方なので、
この形状は心地よくて、
横向きで寝ても、楽な姿勢で快適です。
 

ネココチスタイリングピローの素材

 
ネココチスタイリングピローには、
複数の素材が使われています。
 
側面の画像↓
SONY DSC
 
3つの素材に分かれます。
 
頭部:ソフトニット
 中央部分の生地には年中サラサラで気持ちく、
 しっとしと肌触りのソフトニット生地を使用。

首元の上層:ドライメッシュ
 風通しの良いメッシュ生地に汗をすぐ乾かすドライメッシュ素材を使用。

首元の下層:ハニカムメッシュ
 中の熱気、ムレを外へ放出し、年中快適な高性能立体ハニカムメッシュを使用。
 

ネココチスタイリングピローの機能

 

この製品のもう一つの特徴で、
高さ調節が可能です。
 
SONY DSC
 
枕の裏のジップを開けると、
アジャスタ―シートが、取り出せます。

 

3分割アジャスターシート付き

SONY DSC
 
3分割された独立アジャスターシートを出し入れすることで、
気になる部分のみ高さ調節が可能で、
カラダや寝姿に合わせて調整できます。
 
真中だけ抜いたりすることも可能です。
 

厚みは、約5ミリ。
 
高さ調整といっても微調整といったところです。
 
私は現在、
シートを抜いて使用しています。
 

今回私が購入したのは、
「レギュラータイプ」ですが、他のタイプもあります。

スーパーソフト(ピンク) :ポリエステル(わた)
ソフト(パープル):ポリスチレン(ビーズ)+ポリエステル(わた)
レギュラー(ブルー):ポリエチレン(パイプ)+ポリエステル(わた)
ハード(オレンジ):ウレタンフォーム+ポリエステル(わた)

ネックの部分の色で硬さが違い、
詰め物素材が違います。
 
柔らかめが好きな方は、
スーパーソフト、ソフトを選ぶのがいいです。
 

最後に

 
この枕のポイントは、
首元の素材と首周りの心地よさです。
 
ネックの部分の硬さが選べ、
高さもアジャスターで自分の好みに調整できます。
 
布団にもピッタリで、
肩幅と枕の横幅が同じになるサイズの43×63センチサイズ。
(カバーも43×63センチを用意するといいです。)
 
ネココチスタイリングピロー(アマゾン)

スポンサーリンク

コメントを残す