「できる男のメンタルコンディショニング」の読書レビュー

[できる男のメンタルコンディショニング]の読書レビュー

「できる男」必読の書

いかなるときも平常心を保ち、
難局に立ち向かえる「強いメンタル」を作る呼吸法。

「できる男のメンタルコンディショニング」の
著者は、船瀬 俊介
 

『できる男は超少食』
『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』の著者。

「ファスティング」「1日5秒の筋トレ」に続く強化法は、
「ゆっくり呼吸」

 

この本の特徴は、
一言で言うと、「呼吸法」に重点を置いた本。

「われわれにあたえられている一生の食べ物の量や、呼吸する回数は、
生まれたときから決まっている」

インドのヨガ行者ハーバーの言葉

出典明記:できる男のメンタルコンディショニング 主婦の友社 P2

 

「出来るだけ少なく食べて、
呼吸や脈をゆっくりするのが長生きの基本」という、
衝撃的な内容からスタートする。

 

では、
「呼吸をゆっくりにするにはどうしたらいいのか?」
その原因や解決方法の書かれている本。

 

人はストレスに苛まれている時、呼吸が速く、浅くなる。
逆に、くつろいでいる時は、ゆったりと深い呼吸をしていて、
自律神経に大きく関係している。

 

「イライラした時や不安になった時も、
呼吸で、平常心を取り戻すことができる」

 
ゆっくり吐く息は、体と心を整える。

  • なぜ疲れてイライラするのか?
  • 「イラつく」「ムカつく」と病気に
  • 病気の原因を少食と長息で消す
  • 呼吸がととのうと身体もととのう
  • 理想の呼吸法は「長息法です」
  • 呼吸の仕方が、あなたの人生を決める。

このようなことと呼吸には大きな関係があり、ゆっくり呼吸がポイント。

 
そして、
できる男は“ゆっくり呼吸”を自在にあやつり、
「強いメンタル」を手に入れる。

 

また、
笑いも一つの呼吸法。

笑うだけで難病が治ったという実例もあり、
笑いの効果の実験に基づくデータも記載されていた。

人は、笑うと
心拍数:笑うと脈は90台から60台へ
酸素摂取量:笑い呼吸で酸素を3倍超えも吸収

いろいろな所で言われていることではあるが、
笑いの力はとても重要だ。

 

7章には「冥想」に関しても書かれている。

※本書では、ヨガ導師 沖正弘氏にならい、
瞑想ではなく冥想の表記なっている。

 

多くの成功者も実践したり、
今では大企業でも取り入れられている冥想

その冥想は体内の調整タイムとも言われる。
 
・ジョンレノン、ポールマッカートニーの
魂に響く名曲の数々は冥想から生まれたもの。

スティーブ・ジョブス
松下幸之助
稲森和夫
イチローなども冥想を取り入れている。

冥想で強まるのは、
呼吸力、意志力そして発想力

冥想のやり方も本書には書かれている。

 

最後に

 

この本では、呼吸に焦点をおいて書かれており、
ビジネスマンに取り入れやすい内容になっている。

 
私達が日常で、
無意識で行っている呼吸。

 
人に欠かせない呼吸を改善、変化させることで、
人生は大きく変化してということを私は学んだ。

 
自分のコンディションを上げてより、
日々のパフォーマンスを上げていきたい方は、
呼吸法を取り入れていくといいのではないだろうか?
 

普段の呼吸に意識を向けてみることで、
大きな発見があるかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す