パーソナルカラー診断(男性)を行って感じたことや感想。

パーソナルカラー診断を行ってみたら、
驚きの結果だった。

 
自分では、
原色系の明るめが似合うと思って着ていたが、、、
実はそうではなかった。

 

顔にいろいろな色を合わせてみると、
原色の明るめを着た時は、顔色が暗く感じた。

 

どうやら、今まで似合うと思って着ていた色は、
自分の良さを引き出せていなかったようだ。

しかし、
「パーソナルカラー診断」を行ったことで、
自分に似合う色がたくさんあることに気づいた。
 
今回は、
そんなパーソナルカラー診断の体験記を書いていこうと思う。

パーソナルカラー診断とは?

 

パーソナルカラー診断は、
自分を素敵に見せる色や
似合う色を診断してくれるというもの。

 

色の力は大きくて、
自分に似合う色を見つけることで
より印象を良くすることも可能になる。

 

パーソナルカラー診断は、
色を活用し日常やビジネスに活かすというもので、
心理的な効果もあり、ビジネスの場など様々な所で活用されている。

 

今回の診断では、
肌の色や瞳の色などから、
「自分に似合うカラー診断」をしてもらった。

現在カラー診断というサービスはいろいろな所で行っていて、
パーソナルカラーアナリストという仕事もあり、カラーアドバイザーも
たくさんいる。

 

美容室、ファッション系のお店で行っていたり、
百貨店などでも行っている所があり価格はいろいろだが、

某百貨店では、45分で3240円

 

一つの自分への投資と考えれば、
そんなに高い物ではないだろう。

 

パーソナルカラー診断の感想

 

さて、気になる部分の、
「カラー診断とはどのようなことを行うのか?」

 

カラー診断は、
専門家の方と1対1で行うもので、
今回、女性の専門家にアドバイスを頂いた。

 

パーソナルカラー診断では、
分類されたカラー表があり、
まずその説明と特徴を解説してくれる。

 

カラーは4つの種類に分かれている。

  • スプリングタイプ
  • サマータイプ
  • オータムタイプ
  • ウインタータイプ

カラー

鏡の前で4種類の分類された
様々な色の布を合わせていくことで、
自分の顔写りがどうなるのかを確認できる。

 

担当の方(女性)が顔の周りに、
順番にいろいろなカラーの布を合わせていくので、
鏡で顔映りをチェック。

 

まず驚きだったのは、
色によって顔写りが全然違うということ。

 

例えば、
同じ「白」でも、

  • オフホワイト
  • ミルキーホワイト
  • スノーホワイト
  • ベージュホワイト

この4つでも全く違った。

何気に選んでいたホワイトでも、
種類によって血色が変わったり、
顔色が青白く不健康に映ったりする。

私の場合は、真っ白より、
ミルキーホワイトやベージュホワイトを使用することで、
顔の血色がよく見えた。

 

逆に、
真っ白は顔が青白く当たり、
少し疲れた感じに映った。

真っ白だとひげ剃りあとが目立った

 

これは、人によっても違い、
顔色や日焼けなどによっても変化してくるが、
「どのような色を着たらよく見えるのか?」ということが分かる。

 

色によって、
クマを薄く感じたり、あごのラインがシャープになったり、
肌の色が明るくなったり変化がリアルに分かる。

 

着る服によって、
明らかに顔色が変化することが理解出来たのは
大きな発見だった!

 

流行のファッションや流行色が、
必ずしも自分に似合うとは限らないし、
似合わないものは逆に魅力を半減させてしまう。

 

似合う色は血色が良く見えて、
似合わない色は顔色が悪くくすんで見える。

 

カラー診断では最後に、自分に似合う色を教えてくれるので、
そのような色を参考にして服を選んでいくと、
より魅力的な自分を見せることが出来る。

 

自分にあう色を知っておくことで、
今後の服選びの際にも役立つし、
相手に与える印象も考えれる。

 
カラーの選び方によって、
第一印象やイメージをコントロールすることが可能になるので、
このようなサービスを利用して自分を知ってみるのもいいのではないだろか?

 
今まで知らなかった、
自分に似合う新たなカラーの発見があるかも知れない。
 

スポンサーリンク

コメントを残す