最強の「服選び」おしゃれが苦手でもセンスよく見せる方法は?

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる
最強の「服選び」

SONY DSC

「ファッションはセンスが重要!」と言われたりするが、
実は、ある程度は知識とテクニックで解決する。

上手く着こなすテクニックの例として

  • 「色を使い過ぎない」
  • 「全体のバランス」
  • 「清潔感」

これらを意識するだけでも大きく変わるから、
ファッションは技術なのかもしれない。

服選びの悩み

「どんな服を着ていいのか分からない。」
「着こなしに迷って、服選びの時間がかかる。」

そんな場合は、
自分の気に入ったモノを数種類用意して、
コーディネートがしやすいものを用意しておくこと。

これだけで大きく変わる。

 
自分に合ったモノを用意しておけば、
考えずにおしゃれな感じになるし、迷わず着て出かけれるから、
数点用意しておくだけですんでしまう。

 

おしゃれに見せるなら、
定番のアイテムを用意して、
流行のアイテムを1,2点使うだけで十分。

カジュアルで週末しか着ないなら、

  • 靴:2パターン
  • パンツ:2パターン
  • インナー、シャツ:3パターン
  • アウター:1点

これだけあれば十分。

服を持ち過ぎないことも大事で、
本当に使える服を何点か持っておくだけでいい。

 

では、
「どのような服を持てばいいのか?」
という部分だが、こちらの本が参考になる。

SONY DSC

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる最強の「服選び」
著者:大山 旬(スタイリスト )

著者は本の中で、
「ネイビー」をオススメしていた。

その理由は、
どんな色にも合わせやすく、体型も引き締まって見えるから。

実はネイビーはとても万能な色なので、どんな色ともよく合います
なので、ネイビーは合わない色を探すほうが難しいほどです。

出典明記:おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」大山 旬 p56 出版社: 大和書房

このようなカラーをベースにコーディネートしていけば、
服選びの手間は大きく省くことができる。

本書では、服選びのコツが書かれていて、
このような部分を学べる

  • 第1章 男のおしゃれの超・基本ルール
  • 第2章 プライベートに自信がつく! 「カジュアル着」の法則
  • 第3章 一目で信頼されるようになる! 「スーツスタイル」の法則
  • 第4章 きれいめの私服からビジネスまで活躍! 「ジャケパン」の法則
  • 第5章 さらにおしゃれを磨くテクニック

他に、「最強の定番アイテム&コーディネート」も
フルカラー32ページで具体的に紹介している。

最強の「服選び」を知って、
最短距離でセンスよく見せてみてはいかがでしょうか?

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

スポンサーリンク

コメントを残す