ハリオのフレンチプレスでコーヒーを入れてみた。そのやり方、使い方は?

フレンチプレスって知っていますか?

 

『フレンチプレス』はコーヒー抽出器具で、

コーヒー店などでよく見かけるかも知れません。

 

このような器具です↓

コーヒープレス

 

フレンチプレスでコーヒーを淹れると、

コーヒー豆本来の味と香りが存分に生かされて、

自宅などでもとてもおいしいコーヒーが飲めます。

 

紅茶用として使われることも多いです。

 

 

私の使っているフレンチプレス ↓

IMG_2876

 

手軽に使えて、楽という特徴があります。

コーヒーとお湯を入れ、フィルター部を押し沈めたらあとは注ぐだけ。

 

お湯を入れて待つだけで、

ペーパーフィルターよりも簡単!

 

手軽に淹れれてコーヒーの油分まで余すことなく抽出できるため、

コーヒーの素材本来の美味しさを楽しめます。

 

スポンサーリンク


 

フレンチプレスで抽出されたコーヒーには、

香りをもつコーヒーオイル(油分)までしっかりと抽出されます。

 

ペーパーフィルターでは抽出されにくい、

コーヒーオイルを抽出することができます。

 

 

ということで、フレンチプレスで淹れてみたくなり、

今回、「ハリオ ハリオール ブライトN 2人用」 THJN-2HSV を購入しました。

 

 

ハリオは、日本の耐熱ガラスメーカーで、

国内唯一の耐熱ガラス工場保有メーカーです。

グッドデザイン賞も多数受賞しています。

 

 

今回、ハリオのフレンチプレスでコーヒーを入れてみましたので、

その方法を掲載します。

 

フレンチプレスIMG_2876

 

 

フレンチプレスの使い方

 

 

まず、コーヒー豆を用意します。

 

コーヒーは深炒り~中炒り程度のものを、

中挽き~粗挽きにして使います。

 

1杯分の目安は、コーヒーを15g程度ですが、

濃い目に飲みたいなら粉を多めにして下さい。

 

また、濃い目に飲みたいなら中粗挽き、

すっきり飲みたいなら粗挽きがオススメです。

 

 

ガラスポットを、

あらかじめお湯をなどで温めておきます。

フレンチプレス1

 

次に、コーヒー粉を入れます。

1杯、または2杯用なのでそれに合わせた分量を入れます。

( 1杯分の目安は、コーヒーを15g程度)

 

 

その後、

コーヒーの粉全体が浸るくらいのお湯を少量注ぎ、30秒程度置いて蒸らします。

(コーヒープレス用のお湯の温度は、95℃~100℃)

 

フレンチプレス2

 

このとき、ふたはしません。

 

その後、お湯を規定の分量まで入れます。

 

ガラス瓶の後ろの方に、

目盛りがついています。

フレンチプレス5

 

そのあと、ふたをして、

金網フィルターを下ろさない状態のまま、

3~4分程度そのまま置いて抽出します。

蒸らし時間は、3~4分

 

フレンチプレス3

 

時間になったら、

つまみを引き下げ、金網フィルターでコーヒーの粉を押し下げます。

 

フレンチプレス 6

 

その後、ふたを押さえながら、

カップに注ぎます。

 

フレンチプレス8

 

このように、手軽に、コーヒを入れることができます。

 

コーヒー豆の味をダイレクトに感じれ、

豆の種類を変える楽しみが味わえます。

 

コーヒー豆にこだわっていくのも、楽しいと思いますので、

ぜひコーヒー豆の味を楽しんでみてください。

 

 

今回使った、コーヒー抽出器具はこちら↓

 

↑ ハリオ ハリオール ブライトです。

 

 

コーヒープレスのいいところは、簡単さです!

 

粉を入れてお湯を注ぐだけで、

失敗が少なくおいしいコーヒーを作ることができます。

 

フレンチプレスには、

他にも、このようなタイプもありますよ↓

【正規品】BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー,0.5L 10683-01J

新品価格
¥2,613から
(2015/12/3 15:21時点)

じっくりと抽出して、コーヒー本来の旨みを味わってください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す