スタッドレスタイヤもレンタルできる?金額は?方法は?

冬になると、降雪地域の方には、

スタッドレスタイヤが必要になりますね。

 

road-5527_640

 

雪道を走るのには、

必要なクルマのタイヤがスタッドレスタイヤ。

 

 

スタッドレスタイヤの特徴は、

過酷な冬道でも性能を発揮するため、

タイヤのゴムが低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。

 

スポンサーリンク


 

昔は、タイヤに鋲(びょう=スタッド)のついたスパイクタイヤが主流でしたが、

道路への影響や、路面を削りながら走ることによる粉塵などから使用されなくなりました。

 

現在は、この鋲ががついていないタイヤということで、

スタッドレスタイヤになっています。

 

 

このようなタイヤです(スタッドレスタイヤ)↓

IMG_2118

 

 

このタイヤがないと、タイヤが滑り、

雪道を走行するのはとても危険です・・・

 

 

このように、雪道の走行には、必要なアイテムですが、

スタッドレスタイヤは、基本的に、冬以外は

使いませんし、年間の一時期しか使うことがありません。

 

 

降雪地域でなければ、必要がないかも知れませんが、

冬場に寒さのある地域へ車で出掛ける時や、

ウインタースポーツがしたいから、スキー場へ行きたいなど

そのような時は、スタッドレスタイヤが必要になるかもしれません。

 

 

2015y10m22d_163553173

 

 

その時は、購入すればいいと思うかもしれませんが、

スタッドレスタイヤを、購入した場合、使わない夏場は、

保管場所が必要になります。

 

 

場所がなければ、

置き場所を借りる必要も出てくるかも知れません。

 

 

そして、購入の際には、当然タイヤ代もかかりますが

基本的に、スタッドレスタイヤは通常のタイヤより高いのです。

 

 

しかも、使用期限があり、

3年が使用の目安とのこと・・・

 

 

年に、数回使うか使わないかという方にとっては、
購入を迷ってしまうかもしれません。

 

 

 

そのような方を対象に、

最近、見かけるようになってきたのは、

スタッドレスタイヤのレンタル です。

 

 

 

今までにはなかったサービスですが、

スタッドレスタイヤのレンタルができてしまいます。

 

 

シーズンに1,2回の雪道走行や年末の帰省の際のみというような、

一時的にスタッドレスタイヤが必要になる方には、おすすめのサービスです。

 

 

 

スタッドレスタイヤの購入、保管料などを考えると、

使用回数によっては、かなりお得になりますから。

 

 

それでは、

どのようにしてレンタルするのでしょうか?

 

 

ほとんどのお店は、事前に連絡、予約などをして、

レンタルするような形になっています。

 

 

  タイヤは、クルマによってサイズが違います。

 

まずはタイヤサイズの確認が必要になります。

 

 

  ネットや電話にて予約を行います。

 

その際、クルマの車種、使用期間などを伝えます。

(タイヤとホイールがセットになっていますので、

ナットの止める穴の数などもあった方がいいです。)

 

 

  予約日にお店に行き、交換作業をします。

 

 

  返却をします。

 

 

このような流れでレンタルが可能です。

 

 

レンタル金額はいくらぐらいなのでしょう?

 

 

店によって価格設定は、バラバラです。

 

また、車種によっても異なります。

 

例えば、

軽自動車(1台分)で、

 

1泊2日で7000円~

1日追加で、+1000円~

 

これは一つの目安ですが、このような感じで、

サイズが大きいほど金額は高くなります。

 

 

15インチなら、

1泊2日 9800円という具合に。

 

 

他には、2泊3日コースなど、

期間に合わせてコース設定しているお店もあります。

 

この部分は、レンタルするお店に確認してみてください。

 

 

 

雪山などに遊びに行く際に不可欠なのが雪道対策。

 

あまりスタッドレスタイヤを使わない方なら、

レンタルは、お得かもしれませんね。

 

 

ただ、雪道の走行は十分気をつけてください。

 

スタッドレスタイヤでも、滑らないわけはなくて、

滑りにくいタイヤということなので、

 

雪道は慎重に運転して下さいね。

 

 

P.S

インターネットの検索を使い、

エリアとスタッドレスタイヤ レンタルなどで検索すると

出てくると思いますので、興味のある方は調べてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す