Fitbit Charge HRとcharge2の違いとレビュー・感想

「Fitbit Charge HR」から「Fitbit charge2」乗り換えました。

今回は、2つを比較した感想になります。

右側:Fitbit charge2(新製品)
左側:Fitbit Charge HR

まず、液晶画面のサイズが全然違います。

Fitbit charge2は、
大画面のインタラクティブOLEDディスプレイ搭載。
SONY DSC

 

裏側のベルトの部分の画像↓

 
右側:Fitbit charge2(新製品)
左側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

金属部分が小さめのデザインになっています。
ベルト幅も若干狭めになっています。

 

本体の裏面の画像↓

 
上側:Fitbit charge2(新製品)
下側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

センサー部分の形状は同じような感じです。

Fitbit charge2はベルト部分に金属が見えますが
こちらは、ベルトの交換が出来るためこのようになっています。

充電部分は、Fitbit charge2はフラットです。

 

サイド部分(側面)の画像↓

 
上側:Fitbit Charge HR
下側:Fitbit charge2(新製品)

SONY DSC

ボタン部分は、Fitbit charge2が大きくなり押しやすくなっています。

装着した感じですが、Fitbit charge2はベルトが柔らかくて、
つけ心地がよくなっています。

重さは、Fitbit Charge HRと比べると、
Fitbit charge2が若干重いですが気にならないレベルです。

 

充電方法

 
上側:Fitbit charge2(新製品)
下側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

Fitbit charge2は、挟み込むだけでワンタッチで充電が出来ますので、
充電しやすくなっています。

コードの長さはFitbit charge2の方が長く、余裕があります。

 

表面の比較

 
右側:Fitbit Charge HR
左側:Fitbit charge2(新製品)

SONY DSC

ベルト素材は似ていますが、
かなり柔らかくなっていますので、
装着した感じは楽です。

前のモデルはベルト部分が破損してきましたが、
Fitbit charge2は、ベルト交換が出来るのより長く使えそうです。
 (右の画像の液晶下部分がはがれて波打っています)

Fitbit charge2は、ベルトカラーの種類もありますので、
ファッションや気分にあわせて選べます。

ベルトサイズに関しては、両方とも同じサイズです。
SとLがあります。

私は手首周りが約170mmでLを選びました。

ベルトのとめる穴は、
一番小さい所の1個前の穴を使用しています。
 

心配といえば、液晶画面のキズですが、
保護フィルムの設定があるので、気になる場合は使用するといいです。

充電に関しては、やりやすくなっていて、コードの長さもあるので、
前のモデルより楽です。

Fitbit Charge HRからFitbit charge2に乗り換えましたが、
設定も特に問題なく、データーを引き継げました。

詳しくはこちらの記事
⇒ Fitbit Charge HRからFitbit charge2乗り換えた時の設定方法

 
今後「Fitbit charge2」を使用して、
機能面の部分をチェックしていきます。
 
最安値価格↓

【日本正規代理店品】Fitbit 心拍計 フィットネスリストバンド Charge2 Large Blue FB407SBUL-JPN

スポンサーリンク

コメントを残す