マットレスの寿命はどれぐらいなのか?睡眠の技術

マットレスの寿命はどれぐらいなの?

私は昨年、マットを買い替えたが、
以前のマットは10年以上使用していた。

ずーっと使い続けていると、
変化を感じにくいので気にならない。

しかし、、、
ホテルなどで「あっ!このマットいい!」と思うような、
相性のいいベッドに出会うとベットが欲しいという気持ちがでる。

 

今回もこれに近い感じの体験で、
よりよくならとマットレスを買い替えた。

今回は衝動買いに近い感じで購入したが、
マットレスの寿命とはいったいどれくらいなのだろうか?

 

マットは見た目で劣化が分かりにくいので、
買い替えのタイミングが分かりにくい。

そんなマットレスの寿命に関して、
「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」には、
このように書かれている。

非営利団体が消費財を検証する「コンシューマー・レポート」誌には、
マットレスは7年おきに交換する必要があると書いてあった。

マットレスの寿命が7年である最大の理由は、
ほとんどのマットレスが使い始めて2年もしないうちに25パーセントたわみ、
その後もどんどんたわみ続けることにある。

これが、睡眠で生じる腰痛の最大の元凶だ。

出典明記 SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術 ショーン・スティーブンソン P227

いいマットを買ったから、長く使おう、長く使えると思ってしまうが、
2年もしないうちに25パーセントたわむのは驚きだった。

ベッドも消耗品なんだということを改めて自覚した。

より睡眠の質を高めたいなら、
マットレスにも気を使うのは大事で、
自分に合ったものを見つけれれば、いい自己投資になると思う。

毎日しっかり寝るなら、
マットレスの上で、人生の三分の一を過ごすことになるので、
いいベッド・マットレスを見つけることは重要。

今回の本『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』には、
多くの睡眠に関する知識やノウハウが詰まっている。

・午後10時〜午前2時のあいだに眠る
・最良の寝室をつくる
・最高の睡眠は寝るときの姿勢で決まる
・最高のパジャマはこれだ

睡眠の技術を上げたい方は読んでみてはいかがでしょうか?

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

スポンサーリンク

コメントを残す