マヌカハニーの体感した効果!のどの痛み。食べ方は?

最近、食事に関する本を、

10冊近く読んでいるが、その中で何回か登場してきたのが、

マヌカハニー(蜂蜜)。

 

 

私は、すごく気になり、

この蜂蜜を調べて、実際に購入してみた。

 

 

スポンサーリンク


 

特に最近では、多く知られており、

テレビ、メディアなど、いろいろな所で

「マヌカハニー」が取り上げられることも多い。

 

 

まず、マヌカハニーについての説明。

 

マヌカハニーとは、

マヌカという植物の花から取れたハチミツのこと。

 

マヌカハニー

 

 

高活性のマヌカハニーが採れるのは、

ニュージーランドのマヌカ。

 

 

抗菌活性度の高い活性マヌカ生蜂蜜やマヌカ精油が採取されるのは、

中でも、白色で花弁が一重の花マヌカだけ。

 

 

ハチミツの効能は、

どの季節の太陽のもとで咲いた花かによって変わり、

それによって、効能も決まる。

 

 

マヌカハニーには、色々な効果効能があるのですが、

特に選ぶときに重要になってくるが、

「UMF」「MGO」という部分。

 

 

 

いったい、「UMF」「MGO」とは何なのでしょう?

 

 

マヌカハニーをいろいろ見ていくと、

「UMF10+」や「UMF20+」などの数字がついていて、

それによって金額も違ってくる。

 

 

「UMF」と「MGO」は、

マヌカハニーの殺菌作用が数値化されているのです。

 

 

UMFやMGOは、

数値が高くなればなるほど高価で殺菌作用も高く、

この数字が高いほど抗菌効果が発揮されるとされている。

 

 

MGO(食物メチルグリオキサール)

 

マヌカハニーにのみ存在する成分で、

このMGOが、抗菌、雑菌効果を強く生み出している。

 

 

 

UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)

 

UMFの数値は、

マヌカハニー特有の抗菌活性成分が同じ濃度の消毒薬のフェノールと、

同じ抗菌作用があるとを示している。

 

数値が高ければ高いほど抗菌力が高くなる。

 

 

でも数値が高ければ高いほど収穫高が少なく、

価格も高くなりますので、まずは続けやすい価格のものを

最低でもUMF10+、MGO100+以上の中から選んでみると良いだろう。

 

 

今回、私が購入したのは、

こちらのタイプ↓

 

マヌカハニーMGO250 250g

 

 

初めてのマヌカハニーなので、

いきなり抗菌力の高いものに手を出さずに、こちらを試しに購入。

 

マヌカハニーMGO250+

マヌカハニー

 

↑  こんな感じで送られてきた。

 

 

パッケージはこのようになっている。

マヌカハニー

 

早速、開封してみた。

 

IMG_2900

 

色はこのような感じで、

固めのドローっとした感じだ。

 

 

味は、思ったより甘みはなくて、

ねっとりした感じで、市販の安い蜂蜜から比べると、

濃厚という表現が近い。

 

色も濃いめ。

 

 

そのままスプーンで食べてみたが、

安く売っている通常の蜂蜜になれていると、

少しクセというか若干の苦味を感じるかもしれない。

 

マヌカハニー独特の味は、

数字が大きいほどクセのある薬っぽい味になる。

(UMFが15以上のものがよい)

 

 

はちみつだけだと、からみつく感じがあるが、

何かに溶かしたり、混ぜたりすれば問題ないと思う。

 

 

そんなマヌカハニーには、

さまざまな効果があると言われる。

 

 

一般的にはこのようなことが効果とされている。

  ピロリ菌、大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌などの胃腸疾患の改善
  虫歯、口内炎、歯周病の治療・防止
  喉の痛み、鼻のつまりの改善、風邪、インフルエンザの予防
  整腸作用
  ガンの予防・治癒
  コレステロール値の低下
  糖尿病の改善
  副鼻腔炎の治療
  創傷、切り傷、火傷の治癒
  炎症を和らげる

 

実際に、私はマヌカハニーをとってみたが、

現在特に病気になっているわけではなく、

予防という部分で食べているため、はっきりとした効果や体感は感じられない。

 

 

しかし、のどの痛みがあった時に、

マヌカハニーは効いた。

 

のどの痛みが少なくなり、回復に向かった。

その時は、

のどにためるようにして飲んだら、より効果的だった。

 

(気管にはいらないように、注意)

 

実際に、喉の痛みを和らげれることを体感した。

 

 

・整腸作用に関して。

 

ネットなどを見ていると、便秘に効くという文章をよく見かけたが、

私の場合は、マヌカハニーで、便秘の改善はなかった。

 

これは、食事が大きくかかわるので、はっきりとは言い切れないし、

運動などによりも変わる。

 

マヌカハニーを食べたから、

便秘が直るというような感じではない。

 

 

ただ、腸内環境には、このような効果があるようだ。

 

マヌカハニーの抗菌力は、体内の消化酵素にも負けず、

消化器官でも高い効果を発揮してくれます。

 

その抗菌力によって悪玉菌をやっつけ、

善玉菌が腸内まで届くのをサポートしてくれる。

 

そのため、腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスが取れるようになり、

腸内環境を整えることができる。

 

あくまで、即効性のあるものではなく、

継続してとり続けることが大事だと思う。

 

あと、今回私が購入したものは、MGO250なので、

ランクにより、効果、結果は変わるかも知れない。

(次回購入時は、もう一つ上のものを試そうと思う)

 

 

最後に、

この蜂蜜をいつ食べればいいのか?

 

 

朝起きてから、夜寝る前など、

いろいろな食べ方がありますが、

空腹時に単独で食ことるのがオススメ。

 

 

ハチミツは、90パーセント以上が単糖類でできているので、

消化の必要がなく、食べたらすぐに吸収される。

 

 

いちばん効果を発揮する食べ方は、

そのまま舐める方法。

 

 

直接舐めると唾液中のアミラーゼと反応して吸収率が高まる。

分量は毎日ティースプーン3杯までがよいといわれている。

 

 

先日、読んだ「最強の食事」では、

寝る前に、スプーン1杯以下の蜂蜜は、

睡眠に効果があると書かれていた。

 

 

睡眠前に、はちみつをとって、

肝臓に適度な糖質を蓄えておくと、

成長ホルモンが十分に分泌され、脂肪燃焼にも効果があるようだ。

 

 

効果的には、1日に小さじ1~3杯程度とれば十分。

体調や美容効果を実感するために大切なのは、

毎日継続的に摂取するということです。

 

また、のどの痛みを和らげる効果は、

風邪のような症状に効果を感じましたが、

のどの痛みにはいろいろな原因があります。

 

痛みの原因には、アレルギーなどもありますので、良くならない場合は、

病院で検査してもらうのがいいでしょう。

 

私の知人で、ずっと喉の不快感、痛みがあった方がいましたが、

耳鼻咽喉科でちゃんと検査したら、アレルギーが原因で、

薬でよくなったということもあります。

 

風邪の初期症状のような場合は、

今回のようなはちみつは効果的だと思います。

 

今回購入したマヌカハニーは、こちら↓

 

マヌカハニーMGO250 250g

 

定期的に摂取していくのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す