運動時の香水はNG!?スポーツ時におすすめフレグランスは?

運動時の香水(フレグランス)について。

運動時の香水は基本的には、
よくないと言われています。

その理由は、
汗をかくので汗と混じって匂いが変わってしまうため。

(汗と香水の相性は良くないです)

 

体温があがり、香りが立ちやすく、
汗と混じって変な香りになってしまう危険があり、
周りの人の迷惑になる可能性があります。

 

特に、
ジムなどの屋内での使用は気をつけなければいけません。

周りの人も運動で、息を切らせていて、
普段より敏感になっているので迷惑になりやすいです。

 

しかし、
香りによってテンションがあがる!
という方もいるかもしれません。

 

「スポーツ中も香りに癒されたい」

そんな方へ運動時の香水のつけ方、ポイントを解説します。

香水は、早朝ランニングやウォーキングの際など、
特に気持ちのON-OFFを切り替えたいときにオススメです。

 

香りに関して

運動時につける場合は、
甘い香りの香水は相性が良くないです。

運動時につけるならこのような香りがいいです。

  • シトラス系の香り
  • レモン、オレンジ、ベルガモットなどの柑橘系の香り
  • フルーティ&ハーブの香り

爽やかで強く香らないシンプルな香りがオススメ。

 

香水では、
スポーツシーンで使用することを目的に作られた
商品もあります。

例えば、こちらの「アクアシャボン」は、
運動を楽しむ人に向けたフレグランスです。

半径1メートルを常に自分の世界に。
⇒ アクアシャボンスポーツ

スポーツのためのデオドラントミストで、
香りの種類もあります。

 

また、海外のサッカー選手は、
香水をつけてプレーしているという話を聞きます。

サッカーでは、
ユニホーム交換をすることも多いですし。
香りは大事かもしれません。

実際に、
サッカー選手が香水をプロデュースしていることも多いです。

詳しくはこちら
⇒ サッカー選手の使っている香水は?柿谷・本田・Cロナウドなど

 

香りのつけ方

運動時の香水は、
ほのかに香らせるのポイント。

体温が上がり、においが広がりやすいので、
特に通常より量を抑えてつけましょう。

そして、
最も強く香りが放たれる時間を避けるために、
運動の20分前に香水を使用すること。

トップノートといわれるつけはじめは、
一番香りがたちやすいです。

逆に言うと、
計算して香りが弱くなったころに、
運動をするのがちょうどいい香りになるかもしれません。

手首にほんの少しだけつけて、
リラックスしたい時にかくのもいいです。

 

最後に

汗のにおいが気になるから、
香水を付けるという方もいますが、香水で誤魔化そうとするのは逆効果。

その場合は、香水ではなく、
汗拭きシートなどでケアするほうがいいです。

 

運動の際の香水ですが、
周りの方への配慮をし、迷惑にならないようにするのがよいです。

特に、屋内での運動中の香水の使用は注意が必要です。

自分は匂いに慣れてしまい気づかなくても、
他の人にとっては迷惑になるケースがありますので、
マナーを守り香水を楽しんでください。

スポーツ時におすすめの香水はこちら
⇒ 運動 おすすめ フレグランス

スポンサーリンク

コメントを残す