脳を操る食事術のレビュー!脳を活性化する食べ物は?

世界のピークパフォーマーが実践する
脳を操る食事術


著者:石川 三知
出版社: SBクリエイティブ

たった1回の食事で人生は変わる!

サッカーの長友佑都 スケートの高橋大輔、荒川静香
スピードスケートの岡崎朋美など、
トップアスリートの結果をサポートし続けてきた著者。
 
その著者が、
ビジネスパーソンでもできる集中力や思考力を、
最大に上げる食事法などを紹介しているのが「脳を操る食事術」という本だ。
 

世界のピークパフォーマーが実践する「脳を操る食事術」は、
脳にフォーカスした本になっていて、

  • 食事を変えれば脳が変わる
  • 脳疲労をためるやってはいけない食習慣
  • パフォーマンスを最大化する!脳に効く食事

このような脳と食事の関係も書かれている。

 

例えば、
「パフォーマンスを最大化する!脳に効く食事」では、
こう書かれている。
 

「イライラするのはカルシウムが足りないから。」
 

よくこういう言葉を耳にするが、
これは、根拠のない話ではない。

神経伝達のメカニズムから考えると、
実に理にかなっているといえる。
 
情報の受け渡しをになっているのが「神経伝達物質」だから。
 

カルシウムやマグネシウムが不足すると、
思いどおりに、頭やからだを動かすことができない。

 
そこで大事なのが、食べ物だ!
 

神経伝達に欠かせないのはカルシウムやマグネシウム、ビタミンB群ですから、
それらを多く含む食品を食べればよいのです。

たとえば、大豆製品、海藻、ジャコ、桜エビ、アーモンドを、意識して多めにとる。

小腹が空くと条件反射的にチョコレートのようなお菓子を食べていた人は、
それをバナナやおにぎりに替える。

缶コーヒーをやめて果汁100%のオレンジジュースにする。
これを習慣にすれば、仕事のミスの回数は必ず減っていきます。

出典明記 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術 P69

このように「脳をうまく活性化するには、
どうすればいいのか?」ということが具体的に書かれている。

 
アスリートも行う、脳を操る食事術を学んで、
日頃のパフォーマンス向上につなげてみてはいかがだろうか?

⇒ 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術

スポンサーリンク

コメントを残す