練り香水の使い方と人気商品ランキング。自分で作る方法はある?

練り香水を知っていますか?

雑誌やテレビでも取り上げられることもあり、
ここ数年で急激に認知度が上がって、種類が増えている練り香水。

このような商品です↓

練り香水ってどんなもの?

練り香水は「ソリッドパフューム」とも呼ばれ、
オイルやワックスに香料を練りこんで固めたものを指します。
  
(エッセンシャルオイルとワックス類、油脂類を混合させて作った固形の香水)
 
液体ではなく、
クリームや軟膏のような感じでの容器に入っている固形の香水を
「練り香水」と呼びます。

<錬り香水の歴史>
アルコールを使用した香水の製造が本格化したのが、
10世紀以降からですが、香水の歴史をたどると、
香水は練り香水から派生しています。
 

アルコールを使用していないため、肌に優しく、
液体の香水よりも穏やかに香ります。

液体の香水は、付けたての香りが強いのに比べて、
練り香水は穏やかな香りが長く続くのが特徴です。
 

練り香水のよさ・メリット

肌に優しい

練り香水はアルコールを使っていないので、
肌が弱く液体の香水が使えない人にもオススメです。

練り香水の多くはミツロウや、ホホバオイルなど肌に優しい成分を多く使っています。

成分によっては、
スキンケアも一緒にできて美容効果のあるものも多いです。
 

持ち運びが楽

一度に使用する量が少なく、ケースが通常の香水に比べ小さく、
鞄の中で中身が溢れる心配もなく、持ち運びしやすい。

デザインのかわいいケースの商品もあります。

比較的手頃な価格で、手を出しやすい価格帯のものが多いです。

缶から手にとってつけるだけなので、
人目を気にせずに使え、見た目もスマート。
 

香りがきつくない

練り香水はゆっくりと柔らかく香りが広がり、
強い香りに抵抗がある方や、香水を付け過ぎてしまう方に練り香水が合います。

ほのかに香ることなので、多少付け過ぎても大丈夫です。

体以外にも色々使えます。
(他の使い方は後半で)
 

錬り香水って自分で作れるの?

自分で作れるかを調べてみると、
「錬り香水を自分で作れる方法」がありました。

手持ちの香水を使用して作る方法の動画↓

ワセリンを使用して作る方法です。
ワセリンはこちら
⇒ 白色ワセリン

現在、100均のケースとワセリンで作ってみて試しています。

好きな香りを、練り香水風に楽しむにはいいかも知れませんが、
香りの立ち方や成分を考えると練り香水がいいと思います。
 

練り香水の付ける場所

体につけるときには、
一般の香水のように体温の高いところにつけます

脈打つ「手首の内側」「ひじの内側」「耳の後ろ」など体温の比較的高い所に付けると、
香り立ちが良くなります。

全体に香らせたいという時には、
足首など下の方ににつけるのもいいです。

髪先にもなじませると、
髪が揺れるたびにふわりと練り香水の香りがします。
 

<錬り香水の付け方>
付け方は、指でとって、
少しこする、塗り込む感じで付けます。
(衛生面が気になる場合はスパチュラを使用してもよいです)

※錬り香水の種類によっては、固いものがありますが、
 その場合は軽くあたためると柔らかくなります。
  (ポケットで温めるのもいいです)
 

<注意点>
液体の香水も同じですが、
練り香水をつける時は、汗はよくふき取ってからつけます。

汗と混じってにおいが変わることがありますので、
汗のかきにくい場所につけましょう。

量は多めに付けるよりは、
控えめに付けて後でつけ足すのがいいです。
(香りは、ものによりますが3時間程度です)

錬り香水の他の使い方

紙製品につけられるので、
手紙やカード・名刺につけるのもありです。

ブックカバーにつけたり、雑誌につけたりもでき、
リラックスや気分転換にもよいです。

練り香水は置いておくだけでも、
さりげない香りが周囲に広がります。

部屋で、ルームフレグランスとしてカーテンやクッションに少しつけて
香りを楽しむこともできます。

 

最後に

練り香水は香りが優しいので、
きつい香りが苦手という方も使用しやすいです。
(香水の初心者の方でも安心して利用できます)

最近では、
香りの種類・ケースデザインのバリエーションも増え、
スティックタイプなどもあり、価格も手頃です。

お気に入りの練り香水を探してみてはいかがでしょうか?

人気の高い錬り香水はこちらです↓
⇒ 練り香水のランキング

楽天で人気の錬り香水はこちら
⇒ 練り香水

スポンサーリンク

コメントを残す