ゴープロHERO5用防水ケースのレビューと感想!デメリットは?

Deyard(ディヤード) GoPro Hero5ケース
45m防水ハウジングケース 水中撮影


GoPro Hero5(ゴープロヒーロー5)専用に
設計された防水ハウジングケース。
 

<購入の目的>
海で使用するのに購入しました。
Hero5は防水機能が付いてますが、キズ、汚れ防止と
直接、海水につけたくないという気分的なものを兼ねて購入しました。

Deyard ゴープロ Hero5防水ケースのレビュー

到着から GoPro Hero5への装着までをレビューます。

購入はアマゾン(Amazon)

防水ケースは、
このようなコンパクトな箱に入っています。

箱を開封すると、
このようになっています。

付属品はこのようになっています。
(T字のマウントスクリューがついています)

ケースの上部です

ケースの正面

ケースの背面

ケースの側面

ボタンも押しやすいです。

ケースを開いてみました。
開き方は純正のケースと同じ感じです。

フックの部分は硬めですが、防水仕様だからだと思います。

ゴープロHero 5を入れてみました。
ケースは一回り大きいサイズです。

ふたを閉じた正面の画像です。

正面のレンズ部分に、フイルムがはってあります。
 

防水ケースを使用した感想

ケースの密閉度は高いです。
このまま水につけましたが、特に問題ありませんでした。
(深い水深では試していません)

説明では、
平面のガラスレンズは、水深45mでも最も大きい角度から明るく鮮やかな画面を撮影できます。
潜水する場合でも撮影を楽しむことができます。
となっています。

潜水以外に、
冬のウインタースポーツにも使えそうです。
 

<デメリット>
かっちり閉まるので、防水性も問題ありませんが、
音もけっこう遮断されるので、音声は小さくなります。

タッチパネルなどの操作はできませんので、
入れるときにある程度、設定しておく必要があります。

スイッチ部分の先端は細めで、
ゴープロへの負担が心配です。
(何かスポンジのようなものを当てようか検討中です。

右の出っ張った金属部分です。(モードボタンと撮影ボタンの2か所)

現在のデメリットはこのような感じです。
 

防水性もあり価格と使用感を考えると良い製品で、
キズ・汚れ防止、防水対策におすすめです。

価格は2000円以下で、
レビューも高いです↓
⇒ Deyard GoPro Hero5ケース

スポンサーリンク

コメントを残す