枯れない男になる30の習慣!テストステロンを増やし男性更年期を回避

枯れない男になる30の習慣


平澤 精一
出版社: 幻冬舎
発行日:2017年8月28日

医学博士の著者が、
「冴えない中年にならないためにどうすればいいの?」
という内容を本書に書いてます。

 
バリモテの枯れない男でいるか、枯れ果てたオヤジになるか!?
 
肉体のピークはほとんどの人が20代。
30代になると徐々に体力が衰えていく。

代謝がいい20代は大丈夫でも、
脂肪がつきやすく、ハリもなくなり、
油断していると冴えない中年に・・・

 

著者は、
医師として体の衰えや老け込みに悩む男性患者を数多く診て、
診療、研究を重ねて断言できるのは、

「一生枯れない男であり続けるための鍵はテストロンにある!」

ということ。

テストステロンとは、
精巣から分泌される男性ホルモンであり、
骨や筋肉を発達させ、男らしく、たくましい体つくりの源となるものです。

それだけでなく、
冒険心や闘争心など男性的なメンタルの形成、
生殖器官や精子の生成においても重要な役割を果たします。

枯れない男になる30の習慣 平澤 精一 幻冬舎 P3

 

枯れない男になるために、
「テストステロンを増やすためにどうすればいいのか?」
ということが、医学的知識と経験に裏打ちされています。
 

30の習慣が書かれているので、
30代から中年、男性更年期を回避し、
若々しさを保ちたい方にオススメの本です。

  • 身体の強さ、メンタル、頭の冴え…男の出来を左右する「テストステロン」
  • テストステロンを分泌させる「枯れない男」の習慣30
  • テストステロンを制する男が人生の勝ち組になる

枯れない男になる30の習慣

このような内容が書かれています。

コレステロールは恐れず摂る

「コレステロールは健康を害する悪者!」
というイメージを持つ人は少なくないはずです。

しかし、コレステロールは男性にとって大切なテストステロンの材料なのです。

もちろんコレステロール値が高すぎるのはNGですが、
逆に不足していてはテストステロンを作ることが出来ません。

おすすめ食材は次のようなものです

  • ヒレ肉
  • 乳製品
  • レバー
  • 魚卵など

枯れない男になる30の習慣 平澤 精一 P133

コレステロールも適切にとることが大事。
もちろん偏りすぎず野菜などとのバランスも重要です。

クサいものを進んで食す

このネギ、ニラ、ニンニクなどに共通して含まれるのは
「アリシン(硫化アリル)という化合物。

あの独特のニオイのもとですが、これこそが男にとって最強物質なのです。

枯れない男になる30の習慣 平澤 精一 P145

ニンニクに含まれる「スコルジニン」という成分には、
男性ホルモンの分泌を活発にする働きがあるそうです。

ニオイには注意してください。

 
このような習慣が
30項目に分けてまとめられていて、
習慣以外にコラムなどのもあり興味深く読めます。

・テストステロンが高そうな有名人ランキング
・男性ホルモンが多い人ははげる? など

楽しく読めて、
モテる男になるヒントがある本です。

枯れない男になる30の習慣

スポンサーリンク

コメントを残す