なぜあなたの疲れはとれないのか?その理由や解決策の書かれた本!

なぜあなたの疲れはとれないのか?
最新の疲労医学でわかるすっきり習慣36


著者:梶本 修身
出版社: ダイヤモンド社
発売日:2017年9月7日

この本を書いているのは、
日本で唯一の「疲労医学」の教授。

科学的に正しい疲労回復法をレクチャーしている。

疲れの原因は何なのか?

疲れは身体で起きているのではなく、
実は脳で起きている。

すべて自律神経の疲労。
 

自律神経をコントロールすることが大事になってくる。

交感神経が支配する時間を減らし、
副交感神経が優位な状態を多くすれば、
日常の疲労を減らすことができるのです。

 

この本では、自律神経という部分から、
身近な生活のことを質問形式で紹介している。

第1章:生活習慣/第2章:睡眠
第3章:運動/第4章:食習慣
第5章:場所/第6章:働き方
 

規則正しい生活

生活習慣の章では、
規則正しい生活は「毎朝同じ時間に起きる」ことではない!
と書かれてる。
 

規則正しい生活は、
医学の観点からは、「体内時計」というもので説明できる。

体内時計については、
脳の「松果体」という所が時を刻んでいるのが分かっています。

しかし、最近の研究ではそこだけでではないことが分かってきました。

ここ最近の研究は、
全身すべての細胞がこれとは別の体内時計を持っていることを明らかにしています。

なぜあなたの疲れはとれないのか? P34

体内時計は存在し、
全身すべての細胞が持っていることに驚いた。

 
 一番いいのは、
 松果体と体内時計の全身の細胞の体内時計を一致させること。

朝、太陽の光を浴びるといいと言われるのは、
この体内時計を一致させる効果があるのかも知れない。
 

また、規則正しい生活には、
このようなことも大事。

身体の仕組みに合わせて「規則正しい生活」をするのが一番。

ただし、
体が疲れて思うように起きられないときは早く寝たり、
あるいは寝過ごした方がいい。

 

寝る前に水を飲む?飲まない?

第2章の睡眠のQ&A

寝る前に「水を飲む人」と「飲まない人」
深く眠れるのはどっち?
 

正解は、
「寝る前にコップ1杯の水を飲む」

これは、いろいろな所で言われていて、
知っている方も多いかもしれません。

さらに、この章には、
このようなことも書かれています。

「夜寝る前に水を飲むから夜中トイレに行きたくなる」
というのが勘違いだったらどうでしょうか?

専門家の立場からは、実は
「おしっこが近いから夜中にトイレに行く」わけでない方が大半で、
ほとんどの人は「眠りが浅い」ことが原因で夜中にトイレに行っているのです。

いびきをかいて夜中に2、3回トイレに行く人に医療器具をつけてもらい、
いびきを止めてあげると、朝までトイレに行かなくて済みます。

このことから、
睡眠の質がよければ朝まで熟睡できることがわかります。

なぜあなたの疲れはとれないのか? P116

 
睡眠の質が、
トイレの回数に関わっているのは驚きだった。

いびきをかいて、トイレの回数が多い方は、
このような所に睡眠の質を高めるヒントがある。
 

このような章立てでQ&A形式で、
疲れという部分にフォーカスして書かれています。

質問形式で、ライトな感じで書かれ、
文字がびっしりつまっている専門的な本ではないので、
気軽に読むことが出来る。

疲れを科学的な部分から学んで、
日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

なぜあなたの疲れはとれないのか?

スポンサーリンク

コメントを残す