睡眠をよくするために行った3つのこと!睡眠の質をアップ。

睡眠に関していろいろな本を読んできた。

ベッドや枕も変えたり、いろいろな方法を試して、
その結果感じたことがいくつかある。

今回は睡眠に関しての気づきのまとめです。

睡眠

 
人間は人生の3分の1を睡眠に費やす。

人にとって睡眠はとても重要なもので、
睡眠が健康に与える影響はとても大きい。

睡眠不足により、高血圧や糖尿病、
動脈硬化といった生活習慣病の原因になることもある。

睡眠は脳にとってアクティブな時間であるとも言われ、
人にとってとても重要な時間だ。
 

その時間をよりいいものにして、
どうしたらパフォーマンスをあげれるのかを知りたくて本を読んで
いろいろ実践してきた方法を今回まとめました。

※睡眠の質に関しては、
 Fitbitウェアラブルウォッチを活用。

Fitbitとアプリで睡眠を管理し、
そんな中で効果があると感じたことなどを3つにまとめました。

 

睡眠時の明るさ

 
<部屋の明るさは重要>

寝る前に明るい光、
スマホや電子機器の使用は避けた方がいいというのは、
多くの本に書かれていた。

できるだけ寝る前のスマホの使用などは避けた方がいい。

 
<ベッドの向きも大事>

寝る時の頭の向きはいろいろ試した。
(どの方角を頭が向いているのか?)

方角的なもの試したが、
はっきりとした効果はわからなかった。

(現在は、北枕で寝ている。理由は朝日が入るから。朝日で目覚めるようにしている。)

ベッドの向きを変えたことで入る
日の光の入り方が重要。(部屋の間取りにもよる)

光で目覚めたくない場合は、遮光カーテンや
光の入らない向きで寝るのがいい。
 

<睡眠時の明るさも大事>

睡眠時の明るさの部分に関しては、
寝るときは暗い方がよかった。

以前は枕もとに、
スマホの充電の光やデジタル機器の時計表示の光が入っていたが、
その光をなくしたら睡眠効率は上がった。

テレビやオーディオ機器などの小さな明かりもなくした方がいい。
もしくは、完全に目の入らない場所に置くほうがいい。

夜中ふと目が覚めた時に、
この光が目に入るのはよくない。

 

運動・ストレス

 
体の疲労により睡眠はかわる。

疲れきっているときは、よく眠れる傾向にあった。

私は、時々登山をするが、
登山の後などはより眠れる傾向にある。

適度の疲労感があると眠りの深さも変わる。

運動することは、
睡眠だけでなく健康においても重要で、
体内の血液の循環という部分は意識した方がいいと思う。

 

<ストレス>

明らかなストレスを抱えているときは、
眠りの質は悪かった。

夜中に目が覚めたり、
眠りも浅いし、夢を見たりもする。

寝付き自体も悪くなる。

睡眠に与える影響がかなり多かったので、
ストレスが睡眠に一番よくないのは明白だった。

できるだけストレスは少なくした方がいいし、
同じストレスを長期間抱えると、睡眠効率はかなり低くなる。

 

枕、ベッド

 
ここが一番の悩みどころだった。

いろいろ試して最終的には、枕を2個、ベッドは1台購入したが
結局合わずにそのベッドは使用していない。

ベッドと枕は組み合わせが大事。
枕は高さが重要。

こればかりは人により感じ方が違うので、
いくつか試した方がいい。

柔らかいフカフカ感は心地よかったが、
私がたどり着いたのはそこそこ硬めのものだった。

最終的には、
ベッドも枕も硬めになった。

 

ベットや枕は、
骨格や体自体の変化もあり、
それに合わせて替えていく必要もある。

※整体にも行ったが、それにより合う枕の高さも変化した。

 
ヘタリによっても変わるので、
ベッドなら上下、表裏ローテーションできるものは、
ローテーションした方がいい。

最終的には、自分に合うものを探す必要がある。

個人差があるので、これが正解というのはないが、
実際に使用して試してみるのがいい。

ベッドにこだわらずに、
布団がベストかも知れないと思うこともあったので、
ベッドではなく「敷き布団」という選択もありかもしれない。
 

最後に

睡眠はパフォーマンスに大きく関わる部分なので、
ココがうまくいけば、よりいい状態で毎日を過ごせる。

私は、一時期、
朝起きても、寝る前より疲れているなんてこともあった。

そんな中、いろいろ試して、
現在はかなり改善している。

過去に読んだ本の内容の一部も
レビューにて公開しているので参考になる部分があればと思います。

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
一流の睡眠
なぜあなたの疲れはとれないのか?
マットレスの寿命

睡眠は、いくつかの物がかかわり合っているので
状態や環境を整えて、少しでもいい睡眠を手にして下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す