脳が冴える最高の習慣術!脳にいい食べ物は?脳に関する知識の本。

脳が冴える最高の習慣術
3週間で集中力と記憶力を取り戻す


マイク・ダウ (著), 坂東 智子 (翻訳)
出版社: 大和書房
(2017/10/15)

「脳が冴える最高の習慣術」はどのような本?

この本は、
「脳に関する知識」を手に入れられる。

不安、うつ、注意散漫、思考力が働かないなどを解消するための本。

脳が冴える最高の習慣術では、
食事や睡眠をはじめとる生活習慣を改善することで、
集中力、記憶力、それに楽しさを取り戻せると提言している。

そのための具体的な実践法として
「3週間プログラム」も紹介。

脳に必要な食べもの、ライフスタイルなども紹介し、
実践的な内容となっている。

 

脳にとってよくないものは?

脳を汚しているものととして、
不必要な薬があげられる。

まず、
不必要な薬の飲み過ぎは避けた方が良い。

<薬の治療に頼る前にやるべきこと>

アメリカ人の10%近くが抗うつ材を服用している。
だが、最近の大規模な調査では、そのうちの約3分の2が
「うつ病」の臨床的定義に当てはまらないことが判明した。

まずアメリカで、
10%近くの人が抗うつ材を使用していることに驚く。

本書にはこう書かれている。
脳の健康に本当に役立つものをすすめずに、
薬剤にたより、逆に脳内の化学物質のバランスを悪化させている。

私たちには、脳の健康状態を改善する別の方法があるのに、
厄介な副作用があり、長期的には危険を招きかねない薬物治療を選択する必要などあるのだろうか?

別の方法を、少なくとも試すべきではないだろうか?

P29 脳が冴える最高の習慣術

この本では、
食べ物の改善法、睡眠スケジュール改善、
日々の選択の改善方法を紹介。

脳内の化学物質のバランスを整えることにフォーカスしている。

 

「座ってばかりの生活を改める」
という基本的な習慣から、ライフスタイル改善に関する内容が書かれている。

「血糖は脳内化学物質に大きな影響を与える」
「人を最も大きく変えるのは自分の体験」
 など広い分野から脳を捉えている。

この本の魅力は?

食べ物に関してかかれている部分が非常に参考になる。

魚は頭にいいというようなことは、
日常でもよく聞くかも知れない。

DHAは、主に魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸。
オメガ3、オメガ6に分類され、青魚に多く含まれる。

このオメガ3脂肪酸の割合を高める簡単な方法

オメガ3脂肪酸の摂取量を増やすには、どうしたらいいだろうか?
簡単に言えば、一にも二にも「魚を食べること」だ。適切な種類のシーフードを食べること以上に、
脳にいいことは、たぶんない。

さらに、細かい注意点も書かれている。

毒素の少ない魚を選ぶ

一般的な目安は養殖より天然もの
 

魚を食べるときはお茶を飲む

魚を食べるときはお茶を飲むことで、水銀の蓄積を50%以上防ぐ働きがある。
 
このように細かく書かれていて、
炭水化物・脂肪・タンパク質・など項目に分けて書かれています。

 

「どのような食べ物がいいのか?」
ということはもちろんだが、その食べ方も重要。

例えば
「ヘルシーな食事」適切なものを食べていると思っても、
そうでない場合がある。

ドレッシングは、低脂肪の「バルサミコ酢ドレッシング」を使い、
「グリルドチキン」をたっぷり食べ、苦手な「チアシードドリンク」も何とか週1度は飲むようにし、
月に何度かは低脂肪の「ツナサラダ」を小麦パンにのせて食べた。

だが、このヘルシーな食事(脂肪の選び方)には、アメリカ人の
食事によく見られる落とし穴が潜んでいた。

「オメガ6脂肪酸」をとり過ぎ「オメガ3脂肪酸」を十分にとっていなかった。

脂肪には、いい脂肪と悪い脂肪もあり、
このような落とし穴もあるので注意が必要。

この本では、専門的なことも分かりやすく書かれている。

 
また、第2部では、
「脳は食べ物によってつくられる」ということがまとめられ、
最後の付録Bでは、スムージーのレシピもついている。

スムージーは食べ物を通して、
「頭の調子」や「気分」を改善するのに、一番簡単で一番安上がり

食物繊維を手軽に効率よく摂取できる。
 

「3週間プログラム」では、
3部構成で、気分・エネルギー・スピリットに分け、
生活習慣改善プログラムが具体的に書かれている。

脳を活性化したり、脳を好調にしたい方は、
読んでみると学びがある1冊になるだろう。

脳が冴える最高の習慣術

スポンサーリンク

コメントを残す