「脳にいい食事大全」のレビュー&内容!1分でアタマがよくなる?

脳にいい食事大全
1分でアタマがよくなる食事の全技術


ミシェル・ショーフロ・クック (著),‎ 児島 修 (翻訳)
出版社: ダイヤモンド社
発行日:2017/11/23

全米で話題沸騰!
世界的メディアが認めた「最強の脳をつくる方法43」

「脳にいい食事大全」は、
脳に効く食事、避けるべき食事が学べる本。

 

食事で、アタマがよくなったらいいとは思いませんか?

 
この本では、
「食事を変えると、脳も変わる!」
ということが書かれています。

多くの人が、加齢にともなう記憶力の低下には抗えないと考えている。
しかし、最新科学は、記憶力の衰えを老化の一部として受け入れる必要はないことを示している。

適切な栄養をとり、健康的な生活習慣を実践すれば、
脳機能や記憶力の低下を大幅に遅らせることは可能なのだ。

脳にいい食事大全 P5 ミシェル・ショーフロ・クック

脳のパフォーマンスは、食べ物で、
大人になってからでも上げることができる。
 

では、
「どのような食事がいいのでしょう?」

脳にいいといわれる、
オリーブオイル、アボカド、ナッツなど。

そのようなものを食べることもよいですが、
その前に大事なことがあります。
 

まずは、
食べないもの、なるべく避けるものを決めること。
 

脳にいいものを食べても、
結局、脳に悪いものを食べていたら同じですから・・・
 
食事術の一つとして
「避けるものを把握する」のが大事。

記憶力と脳の健康にとって有害な物質は、
私たちにとって身近な食べ物や身の回りの品に潜んでいることが多い。

脳にいい食事大全 P53 ミシェル・ショーフロ・クック

知らないうちに、
多くの有害物質を食しているかも知れない。
 

本書には、避けた方がいい食品や
その理由や対策などが書かれている。

砂糖を減らし、
植物由来の天然甘味料に切り替える。

精製された砂糖が最もあぶない。
 

食塩ではなく、天然塩を使う。

天然塩にはナトリウム以外にもカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの
天然ミネラルが豊富に含まれている。

このように避けるものを決めて、
脳にいいものに切り替えていくのがいい。
 

「脳にいい食事大全」では、
脳にいい食べ物を数多く紹介している。

・脳のパフォーマンスを最大化するレシピ21
・みるみるアタマがシャープになる10の食事術
・巻末付録:脳に効くスーパーフード&レシピ集 など

例えば、
「脳のパフォーマンスを最大化するスーパーフード21」には、
このような内容がある。

ザクロジュースで脳のエネルギーを高める

ザクロやザクロジュースは、
脳に強力な抗酸化作用をもたらしてくれる。

ザクロは、とてつもなくおいしいだけでなく、
栄養満点で健康効果も絶大だ。
豊富な抗酸化物質が含まれ、脳の健康を高めるためにも最適だ

脳にいい食事大全 P98 ミシェル・ショーフロ・クック

「毒を避けて、脳にいい食べ物を食べる」

この本で、
脳にいいもの、悪いものを把握して、
日常に取り入れていくといい。

脳に効く食事、避けるべき食事はコレだ!

⇒ 脳にいい食事大全

スポンサーリンク

コメントを残す