年収の高いスポーツのクリケット。いったい年収はいくら?

クリケットというスポーツを知っていますか?

 

クリケット1

 

日本では、なじみが少ないが、

実は、年収がすごいスポーツといわれる。

 

 

年収が、26億円とか・・・!?

 

クリケットとは

 

 

年収の高いと言われる クリケットは、

イギリスで発祥したスポーツ。

 

インド、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、

ラグビーやサッカーと並び絶大な人気を誇り、

日本での知名度はあまり高くないが、

100以上の国と地域でクリケットが行われている。

 

 

クリケットは、1億数千万人。

競技人口はサッカーに次ぐ世界第3位ともいわれる。

 

 

ちなみに、競技人口の多いスポーツは、

バスケットボールがずば抜けて1位(4億5,000万人)

 

日本での競技人口は、

日本在住外国人を含めておよそ1,500人ほどといわれる。

 

 

世界的には、競技人口の多いスポーツのクリケットだが、

オリンピックでは1900年のパリ大会において、

クリケット競技が1度だけ採用されたことがある。

 

 

クリケットとは、

野球の原型とも言われているイングランドの国技。

 

クリケット

 

ゲームは、各11人で構成される2チームが、

コイントスで先攻と後攻を決め、攻撃側と守備側に交互に分かれて対戦。

バットとボールを用いるスポーツ。

 

変わっているのは、 試合中のティータイムがあったりすること。

 

2デイマッチやワンデイマッチなど、

試合時間の長いゲーム形式の試合のときには、

2時間に1回、紅茶を飲みながら談笑するという。

 

普通のスポーツでは、考えられないが、

勝敗よりも何よりも社交を大切にするのがクリケットらしい一面。

 

クリケットの動画 ↓ (基礎知識)

 

クリケットの年収は?

 

クリケットは、

年俸の高いスポーツといわれている。

 

2015年の最高年俸は、

マヘンドラ・シン・ドーニの300万ドル。

 

 

同選手はスポンサー収入など年俸以外の収入を含めた年収が、

2015年版のランキングで3100万ドルと算定されており、

クリケット選手として唯一世界のスポーツ界の年収トップ100選手にランクイン。

 

3100万ドルは、日本円で約36億円。

 

 

2008年に設立されたインド・プレミア・リーグ(IPL)は、

世界的なプロリーグに急成長。

夜のプライムタイムのテレビ視聴率でトップ。

 

世界2位の人口約12億人の巨大市場を見据え、

外国企業もこの人気に注目していて、

今後も年収が上がっていくだろう。

 

 

ちなみに、インドでは『巨人の星』を原案としたアニメ

『スーラジ ザ・ライジングスター』があり、

野球ではなく、クリケットに設定を変更していて、インド向けの設定になっている。

 

 

 

クリケットは、

日本では、まだまだメジャーなスポーツではないが、

世界でも人気が高く今後も増えてくるのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す