一流の男はなぜ爪を手入れするのか?本の内容と感想。

最近は、「男も爪の手入れをする時代」と言われる。

 

男性の爪のお手入れ専門店というものもあり、

需要が増えているようだ。

 

(あるお店では、40分 4200円で、

爪切り、やすりがけ、甘皮の処理、磨きを行う)

 

爪はいつも見える部分なので、

爪の手入れはとても重要だと言われる。

 

以前読んだ雑誌では、

「女性は男の爪をよく見ている」

爪で判断することもあり、顔、性格が良くても、

爪が汚い男はNG!なんていうことが書かれていた。

 

 

だから、、、

メンズは爪の手入れも怠るな!と。

 

 

でも、本当に、

爪の手入れをしておくことは大事で、

身だしなみの一部だから気を使う必要がある。

 

一流の男にとって、

爪の手入れは当然しておくもの。

 

 

先日、ネットサーフィンをしていたら、

そのような、爪に関するタイトルの本。

 

「一流の男はなぜ爪を手入れするのか?」

というタイトルの本が目に飛び込んできた。

 

2015年あたりから、

書店でも、 一流の男は・・・・

というようなタイトルを目にするようになっている。

 

似たようなタイトルが多くあり、紛らわしいが、

 

今回購入したのは、

「一流の男は、まぜ爪を手入れするのか?」

というタイトルの本。

一流の男はなぜ爪を手入れするのか?


こちらの本は、

タイトルこそは、爪に関しての本だが、

中身は、爪だけではなく、男の美容全般に関するものだ。

 

それもそのはず、

著者の肩書きは、 男性美用研究家。

藤村岳さん。

 

今回、

どのようなことが書いてあるのか?

その本の内容に簡単に触れてみる。

 

スポンサーリンク


 

まず、重要なこととして、

男のメンテナンスは、必死な努力ではなく、

自然な自分をいかに装えるか。

ということ。

 

必死で、いかにもやっていますというのは、

あまりスマートではなく、逆に違和感も出てくる。

 

ポイントは、「自然な自分」という部分。

 

そして、

清潔であることは、もちろん大前提だ。

 

・嫌われない美容。

・コミニュケーションの一歩の美容。

このような美容に対する意識が必要。

 

 

さて、内容に関してだが、、、

眉⇒ひげ⇒洗顔⇒歯⇒香水⇒爪 など

美容に関するノウハウ、手入れ方法が書かれている。

 

ただ、タイトルにある爪や手に関することは、

6ページほどの内容なので、

爪に関する内容のみを本格的に知りたい方には、 物足りないかも知れない。

 

本の全体的な内容は、

男のメンテナンス本というような感じで、

専門性の高い本ではないが、

入門書として、いろいろな部分の基礎を知るにはちょうど良い本で、

「一流の男になるための本」と思った方が良い。

 

この本を読んで、私が思ったのは、

男の美容、メンテナンスは、一部ではなく、

トータルで行うことが重要ということ。

 

 

肌だけでなく、服はもちろん、

考え方などの内面的な部分を含めた、

見た目と中身のバランスも重要。

 

 

あくまで、一部分だけではなく、

トータルでの自分の魅力を上げたり、

磨いていく必要がある。

 

 

私は、特に、

一つのことに秀でているわけではないから、

なおさら、トータルで自分を磨く必要がある。

 

そのために、

より良くするだけではなく、

現在のマイナス要素をへらしていくことも大事。

 

 

この本には、

洗顔やにおいを抑える方法なども書かれているので、

マイナス要素を消すために参考になる部分も多い。

 

 

本のタイトルこそ、

爪に特化した物になっているが、 内容はメンズの美容全般が学べるので、

取り入れれる部分を、 少しでも取り入れ実践していくのがオススメだと思う。

 

最終章は、

一流の男がやっている10の習慣が書かれていた。

 

食べ物や感情コントロールなど、

ポイントが書かれているので参考にしてみるのもよい。

 

肌や身だしなみを整えると、

きっと、周りからの見た目も変わり、

一流の男になっていくのではないだろうか。

 

一流の男はなぜ爪を手入れするのか?

スポンサーリンク

コメントを残す