「一流のパフォーマンスアップ習慣」内容と読書レビュー!

一流のパフォーマンスアップ習慣
できる自分に瞬間で戻れる!


著者:裴 英洙(はい えいしゅ)
出版社: 学研プラス
発行日:2018/1/16

著者は、医師・医学博士でありながら、
MBA(経営学修士)を取得しているという
変わった経歴の持ち主。

10年の勤務医を経験後、
MBAを取得し、医療経営コンサルタントを行っている。

過去にも、睡眠や疲れに関する本を書いていて、
読みやすくわかりやすい本が多い。

その著者が書いた、
「パフォーマンスアップ」に関する本が、
一流のパフォーマンスアップ習慣だ。
 

一流のパフォーマンスアップ習慣の内容

 
「あなたは疲れから解放されていますか?」

著者は、10年ほど前は、
疲れがたまり、パフォーマンスが上がらなかったそうだ。

疲れが溜まることで、
日に日に効率が落ちていくという悪循環に陥った。

風邪の回復も遅く、睡眠をとっても翌日はボーットしたり・・・

その時、このままではいけないと、
医師として医学的視点を駆使して、疲れやパフォーマンス低下を調べた。

この本には、
著者の知識とハイパフォーマーを観察した学びが数多くつまっている。
 

疲れとは?

まずは、疲れに関して

「人は必ず疲れる」

疲れると言う事実を認める所から始めること。

疲れに気づかず無理をしていると、
ある瞬間に体調を大きく崩してしまうことになる。

自分の疲れとしっかり向き合って、
疲れに対処していくスタイルが大事。
 

疲れの種類は?

疲れに関しては3種類

・体の疲労
・頭の疲労
・ココロの疲労

この3つの疲労を上手に回復すること。

これがパフォーマンスを上げていくための大きなヒントになる。
 

体の疲労

 
「運動を習慣化する。」

運動をしなければ、体力は低下していく。

長期的な視点を大事にして、
ウォーキング、ストレッチなどの小さな運動を行っていくのが大事。
 

年齢とともに、体力や筋力は劣れていくが、
長期的な視点で体力・筋力を維持し疲れにくい体をつくるのがいい。

「体力・筋力を上げるのではなく衰えを防ぐこと。」

いずれにしても、
長期的な視点で考えるということがとても重要になってくる。

 

頭の疲労

 
アタマは想像以上に疲れていることがある。

アタマが疲れると、
集中力・記憶力・思考力の低下につながる。

大事なのは、疲れる前に休むこと

休息をとるタイミングがポイント。

脳の疲弊をいかに抑えるか?
パフォーマンス低下を防ぐのか?が大事。

 

ココロの疲労

 
心の疲労は自覚しにくいので、やっかいだ。

「疲労が悪化する前に対策をする。」

ストレスの原因を遠ざけるのは大事。

ただし、すべてのストレスが悪ではなく、
自分の成長にストレスもある。

ストレスは、絶対悪ではないので、
捉え方によっても変わっていく。

ココロの疲労を上手くやわらげていくのが、
パフォーマンス向上へとつながる。
 

食事や睡眠

 
疲れ・パフォーマンスには、
食事や睡眠も重要な要素になる。

食事は、睡眠とも大きく関わっていて、
良い睡眠を妨げないようなとり方の工夫がいい。

眠る直前に食べるのは避け、
就寝の3時間前には終わらせるのがベスト。

睡眠の問題を解決できれば、
パフォーマンスを大幅に上げることができるため、
睡眠のマネジメントも必要だ。
 

<最後に>

「一流のパフォーマンスアップ習慣」では、
疲れの回復方法・メンテナンスを中心に6章に分かれて
76のコツが書かれている。

例えば、コツ05はこのような感じ。

「ランチ後は緊張タクスをこなす」

単調な仕事は眠くなる。
緊張するタスクなら
睡魔が襲う隙を与えない。

一流のパフォーマンスアップ習慣 裴英洙 P30

イラストなどもあり、
文字がびっしり詰まっているわけではないので、
すごく読みやすく分かりやすく書かれている。

一流のパフォーマンスアップ習慣で
カラダのメンテナンスを考え、疲れに対処してみてはいかがでしょうか?

⇒ 一流のパフォーマンスアップ習慣

地球から愛される「食べ方」ヴィーガン・ライフ本のレビュー!

「ヴィーガン」という言葉を知っていますか?

ここ数年、
増えてきているのが「ヴィーガン」

「ヴィーガン」という言葉を聞いたり、見たりすることも
増えているのではないでしょうか?

「ヴィーガン」とは、いったい何なのでしょう?

気になったので、
話題のライフ・スタイル
「ヴィーガン・ライフ」について書かれた本を読んでみた。

 

地球から愛される「食べ方」
この星を貪らない生き方「ヴィーガン・ライフ」入門


ふかもり ふみこ(深森ふみこ)
出版社: 現代書林
発売日:2017年10月6日

著者 「ふかもり ふみこ」さんは眼科医。
医師として、自分の食生活と病気の研究を行ってきた。

過去には、精神的、肉体的にもきつくなり、
八方ふさがりの状態に陥った。

そんな状態から、探究心で食生活を変えて
ローフードからヴィーガンへと移行していった。

そんな著者が最終的にたどり着いたのが「ヴィーガン」だ。

 

ヴィーガンとは何なのだろう?

本文では、ヴィーガンについてこう解説している。

ヴィーガン:厳格な完全菜食主義者

始めに「厳格」という言葉がつくのがポイント。

厳格は、動物性食品を食べないだけでなく、皮革、羽毛。ウールなどの動物製品、
動物由来の化粧品なども使用しないということ。

絶対菜食主義で動物製品の使用を行わない生活様式
「人間は動物を搾取することなく生きるべきだという主義」

 

そのヴィーガンには2種類のスタイルがある
・ダイエタリー・ヴィーガン
・エシカル・ヴィーガン

・ダイエタリー・ヴィーガン:健康のための菜食主義
・エシカル・ヴィーガン:環境問題や動物福祉のための菜食主義
 

このような2つの種類があるが、
共に「菜食主義者」という部分は変わらない。

ヴィーガンとは別に、ベジタリアンもある。

ベジタリアンの方が、なじみが深い言葉かも知れないが
ヴィーガンとベジタリアンは違うのでしょうか?

ヴィーガンとベジタリアンの違い

ヴィーガン:完全菜食主義者
ベジタリアン:菜食主義

ベジタリアンは、
肉を食べずに野菜中心の食事をする人のこと。

ヴィーガンとは似ているが同じではない。

 
ベジタリアンには、いろいろな種類がある。

・肉や魚・乳製品は食べないけど卵は食べる。
・肉や魚・乳製品は食べないけど乳製品は食べる。
・卵と乳製品は食べる。
・一般的な人より肉を食べる量が少ない人。

このように、
完全に菜食主義ではない部分がある。
 

ヴィーガンは、
ライフスタイルにかかわる考え方や哲学的な部分があるのが大きく異なる。

地球から愛される「食べ方」の本文では、
ヴィーガンの有名人やスポーツマンを数名、紹介している。

・ナタリーポートマン
・ジョニー・デップ
・ジェイソン。ムラーズ など

ガンジーも菜食を提唱していたようだ。

ヴィーガンは、
ライフスタイルに関する考え方が大きく反映されているし、
生き方にも大きくかかわっている。

地球から愛される「食べ方」 の内容

まず、この本はヴィーガンの実践的な内容になっていて、
初心者にわかりやすく、読みやすく書かれている。

第3章 自然・健康・食べ物の哲学との出合い
第4章 ヴィーガン・ライフの生命線 ~毎日の「食生活」はこうして組み立てよう~
第5章 ヴィーガンになるためのQ&A

中でも気になったのはこの部分

「肉を食べなければ、スタミナがつかない」

ほとんどの人は肉や魚を食べ負ければタンパク質は摂れず、
筋肉もつかないと思い込んでいます。

人間の体を構成しているタンパク質は、タンパク質を食べることによって
作られているのではありません。

食べ物の中に含まれているアミノ酸によってつくられます。

肉を食べたからといって、
それがそのまま人間のタンパク質になるわけではないのです。

地球から愛される「食べ方」 ふかもりふみこ 現代書林 P99

タンパク質は、体内で消化され、その構成物質でアミノ酸に分解されることで、
ようやく身体が必要としているタンパク質を合成することが可能になる。
 

重要なのは、
タンパク質ではなく、アミノ酸
 

著者がヴィーガンになったとき、知り合いから
「肉食をやめたらタンパク質が足りなくなるんじゃないの?」
と心配されたそう。

多くの人はそう考えそうだが、
肉を食べなくても果実と野菜を摂っていれば、
タンパク質が不足することはないと本文にも書かれている。

そもそもアミノ酸には23もの種類があり、
そのうち15種類は体内で合成することができますが、
残りの8種類は食べ物から摂取する必要があります。

この8種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」といいますが、実は、
それらの必須アミノ酸をまんべんなく含む食べ物があります。

それが、果物、野菜、ナッツ類、種子類、豆類なのです。

地球から愛される「食べ方」 ふかもりふみこ 現代書林 P100

本文には、野菜のタンパク質の量などもグラフにまとめられている。

このように、データとあわせて書かれており、
ベジタリアン、ヴィーガン・ライフを目指す方に分かりやすく、
ヴィーガン・ライフの入門的な存在となっている。

 

いきなり、ヴィーガンになるのは難しいが、
知識を学んで、普段の生活に取り入れてみることで、
身体の状態は変化していくかも知れない。

まずは、身近なローフードから始めてみるのもいいのではないでしょうか?

⇒ 地球から愛される「食べ方」

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる!正しい飲み方は?

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる


馬渕 知子
出版社: クロスメディア・パブリッシング
発売日:2017年7月18日

 

コーヒー&ビールの正しい飲み方

 
この本には、コーヒーやビールに関する知識が書かれており、
「コーヒーとビールの真のパワーの有効活用方法」を掲載している。
 
コーヒーやビールなどの飲料は、
カラダに与える影響が大きい。


飲み物は、
食べ物の50倍速で己を覚醒させる。

だから一流は、
三度の飯より「飲む」にこだわる。

 

食べ物より飲み物が圧倒的な即効性がある。
身近で手軽で即効性があるのが飲み物。

飲料は口から入った後、5秒前後で喉を通過し、
5分前後で胃の消化吸収がすんでしまいます。

飲み物は胃からも吸収されていきます。
栄養の多くは小腸で吸収されますが、水に溶けた栄養成分は胃から水分と共に体内に入り込むのです。

つまり、飲み物に秘められたパワーは数分以内に体内を巡るということでもあります。

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる P26

 
飲料には即効性があり、
コーヒーやビールも飲むタイミングが重要。

正しい知識で飲むことで得られる効果も変わってくる。

本書では、
コーヒーやビールのベストな飲み方を紹介し、
避けた方がいい飲み方も書かれている。

 

コーヒーのメリット

 
コーヒーにはいろいろな種類がありますが、
「カフェインが適度に含まれているものには交感神経を優位に働かせる力」があります。

コーヒーのアロマには緊張を解きほぐし気分をリラックスさせる働きもあります。

 

ビールのメリット

 
主に副交感神経に働きかけます。
「適度な量のビールは副交感神経を優位」にし、リラックス作用を全身にもたらしてくれます。

コーヒーやビールには、
交感神経や副交感神経を優位にする働きがあり、
この働きをうまく活用すると良い。
 

コーヒーは一日何杯?

 
適度なコーヒーは癒し作用や疲労回復効果に貢献してくれますが、
過度なコーヒーは私たちのカラダにとって「ストレス」と認識され、
これに対してストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が分泌されてしまいます。
 

本書では、ベストな量として
・コーヒーカップ150ml 一日4杯程度
・缶コーヒー200ml 一日3本〜4本程度
・マグカップ240ml 一日3杯程度
と紹介しています。

カフェインの摂り過ぎは、
体内リズムの乱れや疲れにつながりますから、十分注意して下さい。

 

コーヒーの飲む量という基本的な内容から、
「ビールを飲んで酔いにくくする方法」など様々な、
コーヒーとビールに関する内容を紹介しています。

ビールを飲んで酔いにくくする方法では、
一口飲んでから3分待つとカラダへの慣らしになり、
たった3分間で肝臓は体内に入ってきた少量のアルコールに気づき、
アルコール代謝機能を高めてくれます。

 
このように飲み方を少し変えることで、
カラダに与える影響も変わります。

 
コーヒーやビールを飲む方は、
この本に書かれている「飲み方をちょっと変える」ことで、
パフォーマンスを上げることが出来るかもしれません。

参考にしてみてはいかがでしょうか?
⇒ 朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる