360度カメラの購入で悩んだ結果「GoPro MAX」にした理由と注意点。

アクションカムメーカーとして有名なGoPro(ゴープロ)。

ゴープロには「GoPro MAX」という360°撮影できるカメラがあります。

人気上昇中の360度カメラの「GoPro MAX」を購入する時に、チェックした部分をまとめました。

GoPro MAXの購入時に役立てていただければと思います。

GoPro MAX

GoPro MAX
2019年10月発売
参考価格 ¥67,100
 
ゴープロマックスの一番のメリットは、「360°映像」が撮影できるという点です。
 
ゴープロマックスの静止画解像度は、5,760×2,880ピクセル。

1440pなら最大で60FPS、5.6Kなら30FPSで360°動画を撮影可能。

前後左右上下の6chのマイクを搭載し、360度撮影では空間音声記録にも対応しています。

撮影モードは「静止画」、「動画」、「タイムラプス」の3種類があります。
 

<ゴープロマックスのメリット>
 
【Max Hyper Smooth】

高性能水平維持機能でブレが少ない。
 
【Max Time warp】

ゴープロシリーズ定番の滑らかなタイムラプス映像が撮影可能。
 
【GoPro アプリ】

GoProの無料で使用できる動画編集アプリ。

直感的に使えるアプリ
 

※ ゴープロMAXでは記録メディアはmicroSDカード1枚(前モデルは2枚でした)になっています。

GoPro MAXのバッテリーは?

カメラで気になるのは撮影時間です。

バッテリーの持ちや充電時間は重要な要素の一つです。

GoPro MAXのバッテリーの持ち時間は撮影モードで異なります。

  • 5.6K30で撮影時:Wi-Fi使用で35分 Wi-Fi未使用で78分
  • 1080P60で撮影時:Wi-Fi使用で100分 Wi-Fi未使用で115分

 
バッテリーの持ち時間は使用条件により異なります。低温時はバッテリーのもちが悪い傾向があります。

 
通常のゴープロのバッテリーを使用することはできません。

GoPro MAX専用で形状が異なりますので、以前のゴープロやゴープロ8のバッテリーは使用できません。

バッテリー容量は、1600mAhあります
 
GoPro MAXの充電時間

  • 電源からの充電:約2時間
  • USBからの充電:約4時間

GoPro MAXの予備バッテリーの公式金額

  • バッテリーは4,180円(税込)
  • デュアルチャージャーセットは9,680円(税込)

予備バッテリーは1つ用意しておきたいところです。

GoPro MAXの編集ソフトは?

GoProMaxで撮影した360°映像をどうやって編集するのか?編集方法は重要な部分です。

GoPro MAXの編集は、GoProアプリが使用できます。

GoProには無料で使えるGoProアプリがあります。
 
GoProアプリは、リモート機能、プレビュー・編集ができます。アプリ上から各SNSへの投稿が可能。

GoPro公式動画編集ソフトは、GoPro StudioやGoPro Quikがあり、パソコンでGoProの動画編集ができます。

※ 使用レビューでは、ウインドウズ、アンドロイドではあまりよくないという書き込みもありますので注意。

他には、有料の360°動画を扱える編集ソフト(Adobe Premire Proなど)を使用するといいです。
 
Quikデスクトップの使い方と感想はこちら
⇒ GoPro QuikデスクトップのWindows版を使用してみた。

GoPro MAXの新機種は?

GoPro MAX購入したけど、すぐに新モデルが発売されたらショックです。

どうせ購入するなら、新製品を購入したいと思うものです。

現在のGoPro MAXは360度カメラとしては2代目のモデルです。

前モデルはGoPro GoPro Fusion

ゴープロの360°カメラの前モデルはGoPro GoPro Fusion。
 

  • GoPro GoPro Fusion(CHDHZ-103-FW)
  • 2018年4月2日発売

  • GoPro MAX(CHDHZ-201-FW)
  • 2019年10月25日発売

今までの販売の流れを見ると、一年以内に新機種が発売されることはなさそうです。次のモデルは2021年になりそうです。

他の360度カメラとの比較は?

一番迷うのは、他の360度カメラとの比較。

GoPro MAXのライバルとなる360度カメラはいくつかあります。

性能が近いモデルは以下の製品があります。

  • RICOH THETA Z1
  • Insta360 ONE R
Insta360 ONE R GoPro MAX RICOH THETA Z1
動画解像度 5.7K/4K 5.6k/4K 4K/2K
マイク 2ch 6ch 4ch
防水性能 IPX8 5m IPX8 5m
表示パネル 液晶1.3 インチ 液晶2インチ 液晶0.93型
価格 59,400円 67,100円 110,140円

GoPro MAXのライバルになるのは「Insta360 ONE R」です。

2つの価格や性能は近いです。

それぞれに良さがありますが、ゴープロは使用している方も多く、安定感があるので「GoPro MAX」をチョイスしました。

私自身が今までゴープロを使用してきたこともあり、性能やアプリの使いやすさや安定感は高いと感じています。

初めての360度カメラ選びで迷ったら「GoPro MAX」がいいです。

GoPro MAXの注意点は?

GoPro MAXには、いくつかの注意点があります。
 
【メモリー容量】

映像は5.6Kと非常にキレイですが、長い尺の動画などでは容量が必要です。

画像処理にも時間がかかるので、解像度を少し落として撮影する方がいいかもしれません。
 

【レンズの傷・破損】

レンズの傷に注意が必要です。

360°カメラは構造上、レンズが飛び出しています。

そのため、落下させた時には、レンズ部分に傷がついたり、破損にも繋がります。

レンズ部分に注意が必要です。
 

【バッテリー容量】

使用状況、状態によりにバッテリー持ちが悪いことがあります。

小型で軽量に作られているので、長時間使用するときは、熱対策もした方がいいです。
 

【推奨SDカードを使用】

GoProには、推奨SDカードがあります。

動作保障されているmicroSDカードが決まっているので注意が必要です。

⇒ GoPro MAXのSDカード選び

GoPro MAXの価格は?

購入前に気になるのが価格の部分です。

「GoPro MAXを出来るだけ安く購入したいと思うのではないでしょうか?」

GoPro MAXには、参考販売価格があり、だいたい同じ価格です。

※ 少し安い平行輸入品もありますが保証の問題があるの、正規品購入が良いです

GoPro MAXの参考価格:¥67,100
 
公式サイトやアマゾンの公式・楽天の公式での購入がいいです。

【アマゾン GoPro公式限定】でバッテリーなどがセットになったものもあります。

トータルで考えると安いので、このようなセットの方がいかもしれません。

【GoPro公式限定】 GoPro MAX デュアルバッテリーチャージャー バッテリー 認定SDカード32GB GoPro公式限定非売品ステッカー【国内正規品】


楽天公式ストア限定
⇒ GoPro MAX + デュアルバッテリーチャージャー+バッテリー + 認定SDカード32GB + GoPro公式限定非売品ステッカー セット

 

購入後に用意したいアクセサリーパーツはこちら
⇒ 【ゴープロマックスを購入】すぐに準備したいアクセサリーパーツ3選

ゴープロHERO7のおすすめSDカード!推奨メーカーの価格はいくら?

ゴープロHERO7 BlackのmicroSDカードを購入

ゴープロHERO7

ゴープロHERO7を購入しました。

購入したのは、国内正規品です。

国内正規品

パッケージ後ろに、
国内正規品の保証書がついていました。

 
GoPro(ゴープロ)を購入したら、
絶対に必要になるのが「SDカード」です。

ゴープロにSDカードは付属していません。
 (SDカード:記録メディアカード)

※ゴープロにSDカードは付属していないので、別途購入する必要があります。
 

今回、ゴープロ用にSDカードを購入しました。

ゴープロHERO7のSDカードは、
microSDカード(マイクロエスディー)が使用されています。
 

microSDカードには種類がありますが、
ゴープロ7では推奨のものがあります。
 
パッケージには、
このように書かれています。

パッケージの注意書き

記載にあるように、
SandiskのSDカードが推奨になっています。

 
◆ゴープロ7対応のSandisk(サンディスク)

Extream
SDSQXVF-032G-JN3MD
SDSQXVF-064G-JN3MD
SDSQXVF-128G-JN3MD

Extream Pro
SDSQXPJ-064G-JN3M3
SDSQXPJ-128G-JN3M3

 

ゴープロ7はいままで同様に、
SDカードは、底のバッテリー横に入ります。

SDカードの位置
 

<参考録画時間>

4K
60FPS 1時間37分
30FPS 2時間
24FPS  2時間

 
1080
240FPS 1時間33分
120FPS 約2時間
60FPS 約2時間半
30FPS  約2時間半
24FPS 約2時間半

※使用条件により異なりますので、参考程度にしてください。
 

ゴープロHERO7用に購入したSDカード

ゴープロ7とSDカード

メーカー推奨のSandiskを購入しました。

他のメーカーでも録画できますが、
相性もありそうなので、Sandiskを使用した方がいいかもしれません。

 
◆Sandisk(サンディスク)の価格

Extream
SDSQXVF-032G-JN3MD 最安価格:¥6,717(税込)
SDSQXVF-064G-JN3MD 最安価格:¥12,400(税込)
SDSQXVF-128G-JN3MD 最安価格:¥22,500(税込)

Extream Pro
SDSQXPJ-064G-JN3M3 最安価格:¥19,545(税込)
SDSQXPJ-128G-JN3M3 最安価格:¥37,976(税込)

記載価格は確認時の価格のため、
変わっている場合があります。(2018年11月)

※価格は変更がある場合がありますので、
 参考程度にしてください。

 
容量は 64G以上あったほうがいいです。
 

SDカードは、
海外リテール品、並行輸入品もありますので注意してください。

商品によっては、読み込めなかったり、
速度が遅くなる場合があります。

購入時は、レビューなども参考にするといいです。
 

サンディスクのSDカードは、
アマゾンが安めでした。

⇒ サンディスク SDカード価格

ゴープロ対応ジンバル FEIYU TECH G5のレビュー&使い方!フェイユーテックを購入

FEIYU TECH G5
FEIYU TECH G5

FEIYU TECH(フェイユーテック)
3軸ジンバル ゴープロ 5/6対応

ジンバルって何?

 
ユーチューバーや動画クリエイターが使ってる電動ジンバル。

ジンバルは、ビデオで発生しがちな手ブレを画期的に補正する機械です。

細かな振動だけではなく、歩いたときのブレを補正してくれます。

ジンバル

ジンバルは、カメラなどに装着して、ブレを防止して滑らかな映像を撮影できる道具。

なめらかな映像を撮影したい方に特にオススメ。
 
ジンバルには、ブレシレスモーターが付いていて、傾きを感知すると自動的に傾きを調整してくれます。

 
GoProには、手ぶれ補正もついていますが、よりクォリティーの高い動画を撮ろうと思うと、標準機能の手ぶれ補正では物足りなくなります。

そんな時には、ジンバルの使用がいいです。

 
では、どのようなジンバルを選べばいいのでしょう?

 
ジンバルには、いくつかメーカーがありますが定番は、GoPro純正のジンバルの「KarmaGrip」


「KarmaGrip」
GoPro純正のジンバルである「カルマグリップ」

純正なので信頼性が高いですが、価格も高めです。

 
今回、いろいろ比較をして、手頃な価格の「FEIYUTECH G5」を購入しました。

FEIYU TECH G5を購入

 
FEIYU TECH G5
「G5」は、2017年5月発売のアクションカム用のジンバルです

FEIYU TECHは、中国のメーカーです。

中国といっても、昔のようなイメージではなく、しっかりしていて、現在も問題なく使えています。
 (今回購入したものは正規品で1年保障となってました)
 

<FEIYU TECH G5 3つの特徴>

  • 3軸ジンバル
  • ゴープロ 5/6対応
  • 生活防水

 
フェイユーテックG5 (FEIYU TECH G5 )

購入した商品
フェイユーテック G5

ジンバルを開封
FEIYU TECH G5

箱は2重になっています。

本体が入っている箱を開封。

FEIYU TECH G5 の中身

本体は、黒いケースの中に入っています。

説明書、おもり、黒い箱、本体

FEIYUTECH G5の中身

本体はケースに入っています。

ただし、カメラを取り付けた状態では、ケースに収納できません。

 
箱に入っていたパーツ。

FEIYUTECH G5の小物

・おもり
・電池
・充電コード

充電コードは、G5側はMicroUSBで先端はUSB Type-CまたはMiniUSB形状の2種がついています。

アクションカメラを充電する為のケーブルです。

この部分に差し込めます。

充電位置

早速、ジンバルをゴープロに固定しました。

ゴープロを固定した状態。
 (ゴープロ5)
FEIYUTECH G5にゴープロを固定

固定方法は、ネジを使用して、ステーで挟み込むようにして取付けします。

FEIYUTECH G5

このような感じで挟み込みます

ゴープロ5に装着するには、付属のおもりを取付けます。

FEIYUTECH G5のおもり

 
<FEIYU TECH G5 充電方法>

FEIYU TECH G5 の充電

充電は、スイッチの横から行えます。

ゴムのカバーを外して、充電コードを差し込みます。

 
FEIYU TECH G5 のスイッチはこのようになっています。

スイッチ

1は、ジョイスティックになっていて、上下左右に動かせます。
2は、電源・機能ボタンです。
3は、セルフタイマーボタン

 
他の設定は、2のボタンを押す回数で設定をします。

(例)
1回押し:パンフォロー、ロックモード切替
2回押し:オールフォロー
3回押し:180度パン回転
5回押し:初期化
 

電源を入れるのは、2の電源ボタンを長押しします。
 (緑色のライトが点灯し、トーン音がなります。)

電源を切るのは、2の電源ボタンを長押しします。
 (赤色の点滅、トーン音がなります。)
 

電源を入れたときは、チルトが固定されパンがフォローします。

パンモード:左右水平方向に動く。チルトとロールは固定。

 
本体の裏側にもボタンが一つあります。

裏側のボタン

裏側のボタンは、カメラの向きを固定出来るトリガーボタンです。
 

状態はLEDの点灯状態で確認できます。

  • 青色1回点滅:パンフォロー
  • 青色2回点滅:オールフォロー
  • 赤色3回点滅:バッテリーが少ない

 

FEIYU TECH G5 メリット

 
・バッテリーの持ちがよいです。
  (8時間連続使用ですが、普通に使うと基本2時間ぐらいです)
・生活防水 
  (多少の水がかかる程度であればそのまま使用できます。)
・グリップ下の三脚穴があり、三脚や延長ポールなどをつなげます。
・ジョイスティックでパン・チルト操作ができます。 
・スマホと接続して、アプリからカメラの向きを遠隔操作可能。

グリップ下の穴
グリップ下の穴

ここにパーツを装着してロングタイプにしたり、土台を装着することができます。

別売りの土台を装着してみました。

別売りの土台を装着

タイムラプスなどに便利です。

ジンバルを使用すると、撮影の幅が向上し、風景撮影などで安定した撮影可能です。
 

パノラマ撮影(オートローテーション)

他に、パノラマ撮影(Autorotation mode)が可能です。

オートローテーションは、自動で回転するモードで、タイムラプストの組みあわせがいいです。

<パノラマ撮影(オートローテーション)のやり方>

  • ファンクションボタン(機能ボタン)を4回押す
  • 「開始地点」の場所(向き)でファンクションボタンを1回
  • 「終了地点」の場所(向き)でファンクションボタンを1回

 
自動で回転が始まります。
終了、リセットはファンクションボタンを押します。
 

回転速度は、初期設定では1時間です。
回転速度を調整するには、アプリで変更する必要があります。
(最大で8時間で回転、最短で15秒で回転)

※ジンバルを立てる土台が必要です。

FEIYU TECH G5 注意点

 
モーターノイズが入ります。

ゴープロでのマイク設定で軽減はできますが、完全になくなることはないです。

音をICレコーダーなどで別撮りするか、あとで、動画に音楽などを入れるのがいいです。

 
ジンバルは初めて使うと、慣れるまで、操作に戸惑うかも知れません。

ボタンの押す回数などを覚える必要があります。

角度調整など、ある程度使いだすと、自在に使えるようになりますので、触って慣れるのがいいです。
 

※購入時は、アップグレード版とそうでないものがあると思いますので、注意してください。

 
<最後に>

ジンバルの一番の特徴は、歩きながらの撮影などの、ブレが少なくなり、かなり見やすい映像になります。

FEIYU TECH G5は、現在も使用しており、特に問題なく使えています。

YouTubeなど、動画の撮影をする方にオススメのアイテムで、撮影の幅が広がるアイテムです。

FEIYU TECH G5

【メーカー1年保証付き】FeiyuTech G5(アップグレード版)3軸ジンバル IP67防水機能 GoPro HEROなどアクションカメラに対応 落下防止ボルト アルミ合金の延長ポール付き並行輸入品 【メーカー1年保証付き】


<楽天価格>
⇒ FEIYU TECH G5
 
<ヤフーショッピング価格>
⇒ FEIYU TECH G5

購入時は、アップグレード版や保障に注意してください。