ゴープロHERO5ブラックのピッというビープ音の消し方(設定方法)

ゴープロHERO5ブラックの音の消し方
 (GoPro HERO5 Black)

ゴープロは初期設定のままだと、ビープ音がなります。

ビープ音は、ボタンを押した際にでる、ピッという音。

(静かな場所では、けっこうウザい音です)

 
ゴープロHERO5では、ビープ音のボリューム設定・音量が設定できます。

(ビープ音は、4段階の調整が可能)

  • 中間
  • オフ

初期の段階では高になっています。

街中で撮影していると、音がうるさいので消したい場合の設定方法です。

ビープ音のボリューム設定

ビープ音のボリューム設定は、「ユーザー設定」より行います。

ユーザー設定には

  • カメラ情報
  • ボイスコントロール
  • 一般
  • タッチディスプレイ
  • 範囲
  • I/O
  • リセット/フォーマット

があります。

この中の一般設定に「ビープ音のボリューム設定」があります。

ユーザー設定画面に行くには、ゴープロHERO5の電源を入れて画面を上から下へスワイプします。

すると、設定画面が出てきます。

上のカギマークは、画面の向きの固定オン/オフです。

カギマークの隣は、ボイスコントロールのオン/オフです。
「接続」は、アプリ、ブルートゥース接続の設定が可能です。

下にある「ユーザー設定」を選択。

その中の一般設定にある、ビープ音のボリュームをクリックします。

この画面で調整が可能。

高/中間/低/オフ

完全に消さなくてもいい方は、低を選ぶのもいいと思います。

ついでに

この画面で、右にスワイプするとSDカードの中身を見れます.

左にスワイプすると撮影に関する設定ができます。

WB(ホワイトバランス)ISO、シャッタースピードなどのマニアックな設定も可能です。
 
そのほかのゴープロ5関連記事
⇒ ゴープロHERO5 BlackのmicroSDカード
 
いかがでしたか?
今回は、ゴープロHERO5ブラックのビープ音のボリューム設定を紹介しました。
設定の参考になれば幸いです。

ゴープロHERO5のおすすめSDカード!推奨タイプを購入。

ゴープロHERO5 BlackのmicroSDカードを購入

GoPro(ゴープロ)を購入したら、
絶対に必要になるのが「SDカード」です。

SDカードは付属していません。
 (SDカード:記録メディアカード)

※ゴープロにSDカードは付属していないので、別途購入する必要があります。
 

今回、ゴープロ用にSDカードを購入しました。

ゴープロHERO5のSDカードは、
microSDカード(マイクロエスディー)が使用されています。
 

microSDカードには種類がありますが、
ゴープロ5では推奨のものがあります。
 

◆Sandisk
・Extreamシリーズ
 32GB 販売価格 12,960円(税込)
 64GB 販売価格 23,760円(税込)
・Extream Proシリーズ
 64GB 販売価格 29,700円(税込)

◆Lexar(レキサー)
・Professional 1800x
・Professional 1000x
・High Performance633x
64GB 販売価格 5,940円(税込)

※価格は変更がある場合がありますので、
 参考程度にしてください。

 

ゴープロHERO5用に購入したSDカード

今回は、私が実際に購入した
microSDカードを2つ紹介します。

まずはLexar(レキサー)から。
 

Lexar(レキサー)Professional 1000x

このような封筒で届きました。
(購入翌々日に到着)

購入したのは、
Lexar(レキサー)Professional 1000x 32GB

クラス10  UHS 2  スピードクラス3  4K動画

こちらの商品は、USBリーダー付きです。

150MB/s読み込み 45MB/s書き込み

Made in Taiwan

早速、ゴープロ5に装着。

特に問題なく機能しています。
(推奨タイプですので当然ですが)

今回、Lexar(レキサー)のmicroSDカード32GBを選んだ理由ですが、
ゴープロ推奨タイプだったことと価格が安かったこと。

 
アマゾンで購入しましたが、他とも比較しても
価格が安く、アマゾン発送商品でした。

また、USBリーダー付属というのもポイントです。

本当は、64GBが欲しかったのですが、
在庫が切れていて納期未定だったため、32GBを購入しました。

ゴープロのmicroSDカードを探している方は、
こちらを検討してみるのもいいと思います。

Lexar Professional 1000x microSDHCカード 32GB

 

Sandisk Extreamシリーズ

サンディスク ( SANDISK )
64GB microSDXC Extreme

こちらもゴープロ対応商品です。

Sandisk Extreamシリーズ

サイズ: 64GB
   (128GBもあります。)

 
海外パッケージです。
パッケージ上部

Sandisk Extream パッケージ

クラス10  U3  V30  4K動画対応

 
商品の中身
Sandisk Extream 中身

※バージョンアップにより
パッケージ(A1表記)のまま、本体はA2表記です。

その旨が購入ページに記載がありました。
 (海外パッケージです)

 
動作に関しては、問題ありませんでした。
4K動画もOK

ゴープロ6でも大丈夫です。

 
レビューを見ていると、動作不良商品もあるようでしたが、
当商品は問題ありませんでした。購入ショップによっては注意が必要かもしれません。
 

今回、購入した商品はこちらです。

⇒ サンディスク ( SANDISK ) 64GB

ゴープロHERO5 Black対応のmicroSDカード!Lexar&Sandiskを購入

ゴープロHERO5 BlackのmicroSDカード

GoPro(ゴープロ)を購入したら、
絶対に必要になるのが「SDカード」です。
(SDカード:記録メディアカード)

※ゴープロにSDカードは付属していないので、購入する必要があります。
 

GoPro5(ゴープロ5)のSDカードの選び方

GoProで使用するのは、
microSDカード(マイクロエスディー)と呼ばれ、
通常のSDカードよりも小さいカードです。

最近はスマホなどでも使われている
このようなカードです。

ゴープロ5ブラックは、
バッテリーの横の部分にSDカードを装着します。

差し込みの向きは画像の通りです。逆向きには入りません。
セット方法は差し込むだけ。

取り出す時は、押し込むと出てきます。

GoPro5に使用できるmicroSDカード

ゴ―プロにSDカードを入れようと調べてみると
このような記載がありました。

GoProに使用できるmicroSDカードの一覧
カードはこの中からお選びください。
別のカードは動作保証できません。

(http://www.tajima-motor.com/gopro/faqs/ans/common/6028.html)

このような表記があり、さぁ困りました・・・

サイトを見ると、
HERO5対応のmicroSDカードはこのようになっていました。

◆Sandisk
・Extreamシリーズ
 32GB 販売価格 12,960円(税込)
 64GB 販売価格 23,760円(税込)
・Extream Proシリーズ
 64GB 販売価格 29,700円(税込)

◆Lexar(レキサー)
・Professional 1800x
・Professional 1000x
・High Performance633x
64GB 販売価格 5,940円(税込)

けっこう高い!!!

特に、Sandiskの価格が高すぎる。
さて、どうしよう?
 

ゴープロのSDカードの選び方

GoPro5のmicroSDカード注意点として、
最低でもクラス10が求められます。

「SDスピードクラス」

SDスピードクラスは、最低書き込み速度を表しています。
2、4、6、10の4種類がありますが、ゴープロは10を選ぶ必要があります。
 

また、UHS 1 以上の読み書き速度が必要。

「UHSスピードクラス」
スピードクラスの数字には1と3の2種類があります。
3 ⇒ 1秒間あたり30MB(30MB/s)
1 ⇒ 1秒間あたり10MB(10MB/s)
 

いろいろ価格をチェックして、
たどり着いたのは、ゴープロの動作保証されている
「Lexar Professional 1000x」

Lexar Professional 1000x microSDXCカード 64GB

PCに取り込むのでUSB3.0リーダー付を購入しました。

容量は32GBより、64GBぐらいあったほうがいいです。

いろいろなレビューを見ていると、
エラーになったりするmicroSDカードもあるようなので、
しっかりした物を選ぶのがいいです。

ゴープロ5対応のSandisk microSD
 こちらの商品のレビューでは、エラーがでる場合もあるようですので注意してください。
SanDisk/サンディスク microSDXCカード 64GB Extreme U3 4K対応