【GoPro MAXのSDカード選び】サムスンを購入。オススメはどれ?

「GoPro MAXのSDカード選びはどうすればいいのでしょう?」

GoPro MAXは、SDカードが無いと撮影することができません。

ここでは、GoPro MAXのSDカードについて書いていきます。

GoPro MAXのSDカードの位置

GoPro MAXのSDカードの位置は側面です。

ゴープロ側面

ロックを解除して、大きな側面のフタを開けます。

カバー部分は、密閉が強いので、開けにくいです。

ゴープロマックスの側面

バッテリーの側面にSDカードの入口があります。

SDカードを入れるときは差し込み、SDカードを取り出すときは、押します。

GoPro MAXのSDカード

SDカード

GoPro MAXは、microSDカードを使用して撮影します。
 
形状は、マイクロSD。
 
GoPro MAXには、推奨SDカードがあります。
 
推奨メーカーは2つ

  • SanDisk
  • Samsung

 
SanDisk (サンディスク)

  • Extreme 32/64/128GB
  • Extreme Pro 64/128GB

 
Samsung (サムスン)

  • EVO Plus 32/64/128GB

 

今回、使用したのは、Samsung 「EVO Plus」です。

Samsung 「EVO Plus」

Samsung EVO Plus
品番:MB-MC32GA [32GB]

最大転送速度:95MB/s 最大書込速度:20MB/s スピードクラス:CLASS10

UHSスピードクラス
 

  • UHSスピードクラス:UHS-I Class1
  • スピードクラス:CLASS10

 
UHSスピードクラスは、SDHC・SDXCカードで用いられる転送速度に関する規格です。
 ※UHSはUltra High Speedの略。

UHS-I対応の機器では、最低保証速度は10MB/秒(最大104MB/秒)の転送速度。
 
スピードクラスは、データ転送速度の規格で、各クラスの最低速度を保証。

  • Class10:10MB/s
  • Class6:6MB/s
  • Class4:4MB/s
  • Class2:2MB/s

 
Samsung EVO Plus MB-MC32GAのスピードクラス:CLASS10

  • 最大転送速度95MB/s
  • 最大書込速度20MB/s

 
SDカードには種類がありますが、カメラに合ったデータ転送速度を持つSDカードを選択して下さい。

最大容量は256GBです。

GoPro MAXのSDカード価格

数枚は用意しておきたいSDカード。

なるべくならSDカードにかかる金額を安く抑えたいところです。

「SDカードの価格はいくらぐらいなのでしょう?」

SDカード

まず、今回使用した「Samsung (サムスン) EVO Plus」の価格。

ネットでは色々な商品があり、並行輸入品などもあります。

どこで購入すればいいのか迷いますが、不要なトラブルを避けるなら国内正規保証品がオススメ。
 
こちらを使用していますが、特に問題なく使えています。

⇒ Samsung EVO Plus

ネット購入時はレビュー・評価などを参考にするといいです。
 

SanDisk Extreme

こちらは海外パッケージになっています。
SanDisk Extreme

以上の2つは2000円以下で購入可能でした。

SDカードのフォーマット方法

ほとんどのSDカードは、工場出荷時点で初期化処理が完了しています。

新品SDカードそのまま使うことができますが、使用済のSDカードを一から使いたい場合には初期化し直すのがいいです。

SDカードにフォーマットが必要と書かれている場合は、必ずフォーマットして使用して下さい。

迷ったらフォーマットしておくといいです。
 
GoPro MAXのSDカードのフォーマットのやり方

ユーザー設定

ユーザー設定をタップします。

スクロールさせるとリセットが出てきます。

リセット

リセットをタップします。

SDカードのフォーマット

SDカードのフォーマットをタップ

フォーマット

「フォーマット」をタップするとフォーマットが開始されます。

SDカード内のデーターが消去されますので注意して下さい。

フォーマットはSDカードのデータを全て削除して、初期化されます。
 

他のSDカードは使える?

GoPro MAXのSDカードは推奨メーカーがあります。

上記のSanDisk、Samsungがありますが、他のメーカーのは使用できるのかどうか気になるかもしれません。

違うメーカーのSDカードも試してみました。

違うメーカーのSDカード

使用したSDカード: UHS-I Class1 CLASS10

SDカードのフォーマットを行なってから使用。

その結果は、普通に撮影して、編集できました。
 
ただし、データ転送速度、書き込み、読み込みスピードが変わっている可能性があります。

※ GoPro推奨ではないので自己責任で行ってください。
 

注意点として、SDカードは、UHSスピードクラスがあります。

  • UHSスピードクラス:UHS-I Class1
  • スピードクラス:CLASS10

この部分は合わせる必要があります。

GoPro MAXで他のSDカードも使えましたが、相性の問題もあるかもしれないので、推奨のSDカードを使用した方がいいです。
 
SDカードには、並行輸入品、海外パッケージなどいろいろな種類があるので、評価なども参考にして選んでください。
 
⇒ GoPro MAX SDカード

今回は、GoPro MAXのSDカードについて書きました。

撮影には必ず必要になるパーツなので、慎重に選んで下さい。
 
■ その他のゴープロマックス関連記事
⇒ 【ゴープロマックスを購入】すぐに準備したいアクセサリーパーツ3選
⇒ 360度カメラの購入で悩んだ結果「GoPro MAX」にした理由と注意点。
⇒ GoPro MAXのタイムワープ、タイムラプス設定方法

ゴープロHERO7のおすすめSDカード!推奨メーカーの価格はいくら?

ゴープロHERO7 BlackのmicroSDカードを購入

ゴープロHERO7

ゴープロHERO7を購入しました。

購入したのは、国内正規品です。

国内正規品

パッケージ後ろに、
国内正規品の保証書がついていました。

 
GoPro(ゴープロ)を購入したら、
絶対に必要になるのが「SDカード」です。

ゴープロにSDカードは付属していません。
 (SDカード:記録メディアカード)

※ゴープロにSDカードは付属していないので、別途購入する必要があります。
 

今回、ゴープロ用にSDカードを購入しました。

ゴープロHERO7のSDカードは、
microSDカード(マイクロエスディー)が使用されています。
 

microSDカードには種類がありますが、
ゴープロ7では推奨のものがあります。
 
パッケージには、
このように書かれています。

パッケージの注意書き

記載にあるように、
SandiskのSDカードが推奨になっています。

 
◆ゴープロ7対応のSandisk(サンディスク)

Extream
SDSQXVF-032G-JN3MD
SDSQXVF-064G-JN3MD
SDSQXVF-128G-JN3MD

Extream Pro
SDSQXPJ-064G-JN3M3
SDSQXPJ-128G-JN3M3

 

ゴープロ7はいままで同様に、
SDカードは、底のバッテリー横に入ります。

SDカードの位置
 

<参考録画時間>

4K
60FPS 1時間37分
30FPS 2時間
24FPS  2時間

 
1080
240FPS 1時間33分
120FPS 約2時間
60FPS 約2時間半
30FPS  約2時間半
24FPS 約2時間半

※使用条件により異なりますので、参考程度にしてください。
 

ゴープロHERO7用に購入したSDカード

ゴープロ7とSDカード

メーカー推奨のSandiskを購入しました。

他のメーカーでも録画できますが、
相性もありそうなので、Sandiskを使用した方がいいかもしれません。

 
◆Sandisk(サンディスク)の価格

Extream
SDSQXVF-032G-JN3MD 最安価格:¥6,717(税込)
SDSQXVF-064G-JN3MD 最安価格:¥12,400(税込)
SDSQXVF-128G-JN3MD 最安価格:¥22,500(税込)

Extream Pro
SDSQXPJ-064G-JN3M3 最安価格:¥19,545(税込)
SDSQXPJ-128G-JN3M3 最安価格:¥37,976(税込)

記載価格は確認時の価格のため、
変わっている場合があります。(2018年11月)

※価格は変更がある場合がありますので、
 参考程度にしてください。

 
容量は 64G以上あったほうがいいです。
 

SDカードは、
海外リテール品、並行輸入品もありますので注意してください。

商品によっては、読み込めなかったり、
速度が遅くなる場合があります。

購入時は、レビューなども参考にするといいです。
 

サンディスクのSDカードは、
アマゾンが安めでした。

⇒ サンディスク SDカード価格