キャノンEOS Kiss Mに装着できるミニ三脚!手持ちできるマンフロット

CANON(キャノン) デジタル一眼カメラ 

EOS Kiss M W ZOOM KIT
BK 「ブラック」を購入しました!

EOS Kiss M

「EOS Kiss」ブランド初の
ミラーレスカメラ EOS Kiss M
 

イオスキスMは、
非常に使いやすくコンパクトなカメラ。

写真以外に、
動画撮影をしたいため、ミニ三脚を探しました。

 
今回、EOS Kiss Mに、
手持ち可能な三脚を購入しました。

これから三脚を購入する方への参考になればと思います。

 
購入したのはこちら

マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚

イタリアの三脚メーカー
マンフロット Manfrotto

PIXI ミニ三脚
 

スマホのアタッチメントを購入して、
スマホを固定したり、コンパクトカメラの固定が可能です。

最大耐荷重:1キロ
 

もちろん、
キャノン EOS Kiss M への装着が可能です。
 

カラーはレッド
(他にホワイト、ブラックがあります。)

 
開封した画像

Manfrotto PIXI を開封

こちらの三脚は、
足をたたんで持ったり、
広げて立てたりすることができます。

足を広げた三脚

接地部分が広めで、
しっかり安定します。
 

写真、動画撮影など幅広く活用可能。

 

キャノン EOS Kiss M への装着してみました。

キャノン EOS Kiss M へ装着

正面からの画像。

キャノン EOS Kiss M へ装着(横側)

土台は安定しています。

キャノン EOS Kiss M へ装着

動画撮影時や映りを確認する時は、
このようなポジションがいいです。

セルフタイマーでの自撮りもOK

 

手持ちをするとこような感じです。

キャノン EOS Kiss M の手持ち

手持ちの際に気になるのが、重さ。

ミニ三脚の重さはこのようになっています。

三脚の重さ

約200グラムです。

カメラとあわせると約750グラム。
(ズームレンズ装着時)

そんなに重くはありません。

 

角度調整

三脚は角度の調整が可能です。

中心のボタンを押すと、
角度を自由に変えることができます。

角度調整方法

中央がボールになっているので、
回転して向きを変えることができます。

 
三脚を装着した状態で、
バッテリー、SDカードの取り出しも可能でした。

バッテリー、SDカードの取り出し

バッテリーは、あまり隙間はないですが、
装着したまま取り出せます。
 

<最後に>

今回、EOS Kiss Mに、
マンフロット(Manfrotto)PIXI ミニ三脚を装着しました。
 

一番のメリットは、
手持ち撮影が圧倒的にしやすくなりました。

そして、
動画撮影、自撮りは抜群に安定しました。

 
また、三脚としての機能も優れていて、
タイムラプス撮影にも活用しています。

ミニ三脚を探している方におすすめです!

 
<マンフロットPIXIミニ三脚の金額>

送料に注意してください。

楽天価格
⇒ マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚
 

アマゾン価格
⇒ マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚

ヤフーショッピング価格
⇒ マンフロット Manfrotto PIXI ミニ三脚

 

<キャノンEOS Kiss Mの購入時の記事はこちら>
⇒ 気づいた注意点、SDカードなど
 

<その他の設定はこちら>
⇒ キャノンEOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるの?

 
⇒ タイムラプスの撮影方法

 

いかがでしたか?
今回は、「キャノン EOS Kiss M」を購入しました。
三脚選びの参考にしてください。

キャノンEOS Kiss M (イオス キス)でタイムラプス撮影はできる?注意点は?

CANON(キャノン)デジタル一眼カメラ 

EOS Kiss M W ZOOM KIT
BK 「ブラック」を購入しました。

(ダブルズームキット)
EOS Kiss M

「EOS Kiss (イオス キス)」
ブランド初のミラーレスカメラが EOS Kiss M
 

EOS Kiss M は、
軽量、コンパクトでつかいやすく、
初心者にもつかいやすい人気のカメラです。

 
今回は、キャノン EOS Kiss Mの
「タイムラプス撮影」に関してお伝えします。

 

EOS Kiss Mでは、タイムラプス撮影ができるのかどうか?

 
タイムラプス動画は、
静止画をつなげることで動画を作成し、
その変化を早送りで見ることができるものです。

このような動画になります。
 (キャノン公式)

※EOS Kiss Mで撮影したものではありません。

 
「EOS Kiss Mでは、
タイムラプス撮影をすることはできるのでしょうか?」

 
その答えは、

EOS Kiss Mでは、タイムラプス撮影が可能です。

ただし、
撮影に関しては縛りや注意点があります。
 

タイムラプス撮影のやり方

 

タイムラプスの撮影には、
設定を行う必要があります。

ワンボタンでの撮影はできません。
 

設定方法は、
「ムービー」にします。

EOS Kiss Mの設定

カメラの上部にある
ダイヤルを回してムービーにします。

MENUボタンを押して、
撮影モードの画面を表示させます。

撮影モードの画面

その設定画面で、
タイムラプス動画の部分を「しない」から変更します。

「しない」の部分でSETボタンを押すと、
変更ができます。

撮影モードの画面

タイムラプス撮影は、
シーンを選べるようになっています。

  • シーン1:歩く人など動きのあるものの撮影
  • シーン2:雲の動きなど変化の遅い被写体
  • シーン3:ゆっくりと変わる風景
  • カスタム:撮影間隔と回数を組みあわせれます

 
このようにシーン選択をして、
タイムラプス撮影ができます。

 

注意点として、
キャノンEOS Kiss Mでは、
ゴープロのように長時間のタイムラプス撮影をすることができません。

シーンは選べますが、
動画は10秒ほどのものになります。

(例)
撮影時間 14:57 ⇒ 10秒
撮影時間 59:45 ⇒ 8秒

このように時間が決まっています。

本格的なタイムラプス撮影には向いていないので、
注意してください。

カスタムでは、
このような設定ができます。

撮影モードの画面

カスタムでも、
撮影時間は限られています。

※カスタムで設定してもMAX30秒のタイムラプスでした。

 
<EOS Kiss Mの注意点>
・タイムラプス撮影には、三脚など固定するものが必要です。
・バッテリーの消耗が早いです。
・マニュアルフォーカスで撮影します。
・撮影時間は限られています。

 

<まとめ>

 
キャノン EOS Kiss Mでは、
タイムラプス撮影ができます。

ただし、
撮影時間などの縛りがあります。

タイムラプス撮影を手軽に楽しみたいと思う方におすすめです。
 

タイムラプスは、
メイキング映像、人や街の動きを表現したい時に
より伝わりやすいです。

そのような撮影の機会がありましたら、
タイムラプスを活用してみてください。
 

<キャノンEOS Kiss Mの購入時の記事はこちら>
⇒ 気づいた注意点、SDカードなど
 

<その他の設定はこちら>
⇒ キャノンEOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるの?

 
いかがでしたか?
今回は、「キャノン EOS Kiss M タイムラプス撮影」に関して書きました。
撮影時の参考にしてください。

キャノンEOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるの?設定方法は?

CANON(キャノン)デジタル一眼カメラ 

EOS Kiss M W ZOOM KIT
BK 「ブラック」を購入しました。

(ダブルズームキット)
EOS Kiss M

「EOS Kiss (イオス キス)」
ブランド初のミラーレスカメラが EOS Kiss M
 

EOS Kiss M は、
軽量、コンパクトでつかいやすく、初心者にも人気のカメラです。

 
今回は、
キャノン「EOS Kiss Mの使い方、機能」シャッター音に関して書いています。

EOS Kiss Mでは、シャッター音が消せるのかどうか?

 
カメラのシャッター音は、
静かな所では気になることがあり、
周りの人の迷惑になる場合もあります。

例えば、
演奏会や美術館のような静かな場所での撮影時など。

静かな場所では、
シャッター音が、周りの人の迷惑になることがあります。

 
「EOS Kiss Mでは、
シャッター音を消すことはできるのでしょうか?」

 
その答えは、

EOS Kiss Mでは、
状況に応じて、シャッター音を消すことができます。

 

ミラー機構のないミラーレスカメラならではの、無音撮影が可能です。
 

シャッター音を消す方法

 
キャノン EOS Kiss Mで、
シャッター音を消すには、「サイレントモード」で撮る方法があります。

 
ただし、
シーン別の撮影時のみになります。

シャッター音なしの設定方法は、
SCN (スペシャルシーンモード)にします。

EOS Kiss Mの設定

カメラの上部にある
ダイヤルを回してSCNにします。

SCNで、シーンに適したモードを選べます。

EOS Kiss Mのシーン設定

シーン選択を選びます。

  • ポートレート
  • 美肌
  • ハイダイナミックレンジ
  • 風景
  • 手持ち夜景
  • 料理
  • スポーツ
  • クローズアップ
  • 自分撮り
  • 流し撮り
  • HDR逆光補正

シーン選択の中に
「サイレントモード」があります。

サイレントモード

こちらのサイレントモードは、
シャッターの作動音を出したくない場所での撮影に向いています。

サイレントにすると、
カメラ設定の電子音も連動して切になります。

EOS Kiss Mの設定画面

「サイレントモード」の設定で撮影すると、
シャッターの作動音や電子音は出なくなります。
 

シャッター音を出したくない場合は、
「サイレントモード」で撮影します。

他のモードで、
シャッター音の作動音をなしにする設定はありませんでした。

SCNモードでのみ可能です。

 
また、演奏会や演劇などでは、明かりを控えなければいけないことがあります。

液晶の明かりにも注意が必要です。

液晶の明かり対策は、液晶をひっくり返すのがいいです。

イオス キスM 液晶

カメラのモニターをひっくり返して、ファインダーで撮影するのがいいです。

 
また、暗い所で撮影する際に注意したいのは、明かるさの設定です。

サイレントモードでは、通常の明るさ設定が使用できません。
 

サイレントモードで明るさを調整するには、液晶画面から行えます。

まず、ボディの右側のINFOボタンを押します。

サイレントのあかるさ設定

液晶画面のQの部分をタッチします。

明るさの調整が液晶の右側に出ます。

あかるさ

矢印の部分をタッチすると、画面の下にあかるさの表示が出ます。

プラスマイナス3の調整が可能。

暗い所で撮る際には、補正をした方がいいです。
 

<まとめ>

 
シャッター音を消すには、
シーン選択で「サイレントモード」で撮るという方法があります。
 

静かな場所でのシャッター音は、他の人の耳障りなります。

特に、演劇などの静かな場所では、想像以上に周りの人に聞こえます。

撮影が可能な所でも、シャッター音を出して、写真を撮りまくっていると注意されることもありますから、十分注意してください。
 

暗い場所での撮影は、明るさ調整も行った方がいいです。

 
サイレントモードは、静かな場所や、赤ちゃんの撮影などの際に役立ちます。
 
シャッター音を出したくない撮影の機会がありましたら、活用してみてください。
 

<キャノンEOS Kiss Mのその他の設定>
⇒ キャノンEOS Kiss M (イオス キス)でタイムラプス撮影はできる?

 
<キャノンEOS Kiss Mの購入時の記事はこちら>
⇒ 気づいた注意点、SDカードなど

 
いかがでしたか?
今回は、「キャノン EOS Kiss M シャッター音」に関して書きました。
撮影時の参考にしてください。