冬にオススメの香水とつけ方!メンズ(男用)香水

冬におすすめの香水の付け方。
 
6854784837_b90d9b7937_o

 
今回は、
冬におすすめのメンズ香水とつけ方を解説していきます。

 
まずは、フレグランスの基本から。

スポンサーリンク


フレグランスの種類

 
フレグランスには、いくつかの種類があり、
その特徴を覚えておくことはとても重要です。
 

フレグランスは、
香料、アルコール、蒸留水などを混ぜ合わせて出来たのもので、
大きく分けると、4つに分けられます。

 

パルファン

  持続時間5〜7時間

 

オードパルファン

  持続時間5時間前後

 

オードトワレ

  持続時間3〜4時間

 

オーデコロン

  持続時間1〜2時間

 

このように、香水の種類により、
香りの持続時間が違います。

そして、こちらの4タイプは、
香りの強さが違うので、つけ方も変わってきます。

 

例えば、
パルファンは香りが強いので、
少量を点でつけるような感じでつけます。

逆に、コロンは香りが弱めのため、面でつけます。

 

初心者でもつけやすいのは、
軽い香り立ちで毎日使える「オードトワレ」です。

 
香水の種類によって、
付け方も変わってきますので、注意してください。

まずは、付けようと思う香水がどのタイプなのかを判断することが大事です。

 

匂い立ち

 
香水は、時間とともに、
香りのニュアンスも変化してきます。

 
一般的には、

トップノート⇒ミドルノート⇒ラストノート

この3段階が基本です。

 

他には、
「ワンノート」や「シングルノート」があります。

 

「ワンノート」は、
つけ始めから終わりまで一つの香り続くタイプ

「ブルガリブラック」は、ワンノートタイプです。

 

 

「シンクロノート」は、
つけた人の肌や気候などの変化で、複数のノートが絡み合い、
様々な匂いが現れたり、消えたりします。

 
そのため、
人や気温などによって香りが変化します。

 
「シャネル アリューリュールオム」などは、
シンクロノートタイプです。

「ワンノート」や「シングルノート」は特殊なので、
一般的なのは、トップノート⇒ミドルノート⇒ラストノートと変化する香水です。
 

香水の付け方

 

香水は、好きな所に好きなだけつけたい所ですが、
つけては行けない場所もあるので注意が必要です。

 

2015y11m16d_063237285

つけていい所

手首、足首、膝の裏など脈の打つ所につけるのが良いです。

ウエストも体を動かした時に香るので、オススメです。

 

 

つけては行けない所

基本的に鼻と距離の近い所につけると、

匂いに麻痺してつけすぎるので注意が必要です。

 

脇の下、足の裏なども避けましょう。

 

 

香水の種類によって付け方も違います。
 

・パルファン:手首、足首など脈の打つ部分にピンポイントにつけます。

・オーデトワレ:2、3プッシュまで

・オーデコロン:他のタイプよりふんだんに使えます。

 

注意点として、
つける前にシャワーを浴びたりして、
キレイな体の状態でフレグランスを使うこと。

 

そうすることで、
本来の香りを楽しむことができます。

(汗などと混じると香りが変わってしまうことがあります。)

 

また、
フレグランスは、アルコールや香料が蒸発することで香りを放ちますので、
直接肌につけた場合は、体温や肌の質により多少違います。

 

例えば、
体温の高い人は、香りは早く拡散します。

 

同じものをつけても、必ず、
全く同じ香りになるわけではないです。

 
 

それでは、冬につける香水ですが、
冬ということで寒さが厳しくなり、暖かさを求めるようになります。

 
 
そのため、冬は暖かみのある香水が向いています。

冬場は、スパイスが効いた香りや、
やや甘みのあるものが人気です。

 

スパイシー&甘みといえば、
ブルガリ ブラック があり、冬の香水としても人気が高いです。

冬のプレゼントとしても人気が高いメンズ香水です。
 
 

冬の香水の付け方

 
冬は、着ている服の枚数も当然多くなり、
香水をつけた肌からの距離も遠くなります。

 

冬場は、
厚着になりますので、においが服に遮られ、
においがあまり外に逃げにくいです。

「厚着の際はどこにフレグランスをつければいいのでしょう?」

 

服につけるという方もいらっしゃいますが、
服につけるのはあまりオススメではありません。

 

衣服が輪ジミになってしまう事があるのと、
香りの変化が無くなるので、やはり肌にのせる方が良いです。

 
 

香水をつける場所は、
手首、膝の裏や肘の内側などがいいです。

 

大体、手首→首すじにつけますが、
こすると香りが壊れますので、軽くにおいを移すような感じがいいです。

 

ニオイは下から上へと香るので,
膝の裏、足首もGOODです。

 

ただし、ストーブなどを使用している場合は、
足首などの下につけると、熱により香りが広がりますので、
注意が必要です。

 

上半身につける場合も、
控えめにしておかないと、室内で上着を脱いだ場合に、
いっきにモワッときて、上品さがなくなります。

 

直接的より内側から,
ほんのり香る程度の香りを好む方が多いので、
つける量を上手くコントロールしていきましょう。

 
冬は、気温が低い為、つけすぎなければ、
「香害」となることは少ないですが、基本的には少量をつけ、
香りが弱くなってから、つけ足すようにするのがいいです。

ほのかに漂わせるくらいがGOOD!!

 
また、冬につける香水の香りに関しては、
夏のイメージのあるフレグランスは、
寒い感じを受けますので注意して下さい。

 

私の一番のお気に入りは、
かなりの王道フレグランスですが、
 

シャネルのエゴイスト プラチナム

 


オーデトワレ

トップノート:レモン、プラム、コリアンダー
ミドルノート:タラゴン、カーネーション、シナモン
ラストノート:サンダルウッド、ムスク、パチョリ

 

香りはつけた時は、
少しキツイ香りに感じるかもしれませんが、
時間経過と共に、上品な香りになります。

 

秋冬にあう香りですが、年間通して使えるので、
重宝するフレグランスです。

 

香水は、シーズンごとに香水を使い分けるのがいいですが、
なかなかそうはいかないかもしれません。

 

香水が残った時は、
香水の使用期限や保存方法が気になると思いますので、
追記しておきます。

 

香水の使用期限は?
基本、一度開封した香水は、
早めに使いきるのがベストです。

目安は、1~2年です。

 

開封時はなるべく早めに使用しましょう。

 

香水はどのように保管すればいいのでしょう?
変質や変色もありますので、直射日光を避けて、

涼しい所に置いておくのが良いです。

(20度以下)

 

最後に

 
私の冬のおすすめの香水をいくつか載せておきます。

 

・シャネル エゴイストプラチナム

ブルードゥーシャネル (レビューあり)

・ブルガリ・ブラック

ジルサンダー フォーメン (レビューあり)

カルバンクライン エタニティ フォーメン

 

★最近、気になっている最新香水

ワイルド、野性的という意味を持つ「SAUVAGE」

Dior(ディオール) ソヴァージュ オードゥ トワレ

 
TPOによって使い分けて、
ぜひ香水を楽しんでください。

スポンサーリンク

コメントを残す