カフェインレスのインカコーヒーを買った感想!これはもう手放せない!

先日、インカコーヒーに出会いました。
 
それまで、
インカコーヒーの存在すら知らなかったのですが、
ハマってしまいました。

 
インカコーヒーは、
コーヒーなのに、コーヒー味ではないんです!!

 
今回、インカコーヒーを衝動買いしたので、
そのレビューを書きます。

 
インカコーヒー ( INKA )を知ってますか?

インカコーヒー

INKAコーヒー

このようなパッケージの商品で、
あまりみかけないパッケージだと思います。
 

第一印象は、
海外チックなパッケージだなあ!でした。
 

それもそのはず。

原産国はポーランドとなっていました。

インカコーヒーパッケージ

このような若干、
謎のオーラがあるインカコーヒー

そのインカコーヒーの正体ですが、
「穀物ドリンク」です。

 
「穀物コーヒー」
穀物コーヒーに使われているものは、小麦、大麦、ライ麦などで、
穀物菜食を基本とするマクロビオティック派の方に支持されています。

食物繊維が豊富で美容と健康にいいイメージがあります。

 
購入したインカコーヒーは、
原材料に、大麦、ライ麦を使用した、
ノンカフェインのコーヒーです。

(カフェインを含んでいません)
 

インカコーヒーは、
ポーランドで親しまれている穀物ドリンクです。

開封するとこのような感じです。

インカコーヒーの粉末

大麦、ライ麦がローストされ、
パウダー状になった商品。

 
通常のコーヒーのような濃い色ではなく、
うすい茶色をしています。

 
作り方は、お湯に溶かすだけで、
非常に水溶けがいいです。

インスタントコーヒーのように、
お湯に溶けやすくとってもお手軽。
 

200mlにスプーン1~2杯ぐらいを溶かします。

このような感じです。

インカコーヒーを入れてみた

インカコーヒーの味や飲み方は?

 
早速飲んでみました。

味は、マイルドな感じです。
 

通常のコーヒーの感覚で飲むと、
アレッ!?と思うかもしれません。

コーヒーの風味ではなくて、
麦の濃い感じがするため。
 

コーヒーとは違う独特の苦味。

イメージ的には濃い麦茶です。
 

※水で作ることもできますが、
 かきまぜないとダマになりやすいです。

 
<注意点>

コーヒーのような香りはなく、
苦みは少なので、コーヒー感を楽しみたい方には、
物足りないかも知れません。

コーヒーを期待するとちょっと違うと思います。

 
コーヒーは苦手だけど飲みたい方、
ノンカフェインがいい方、
コーヒー初心者に向いています。

 
コーヒーの感じを楽しみたい方は、
濃さを調整すれば、コーヒーのような飲みごたえがありそうです。

 

最初は、ん!?と思いましたが、
慣れると普通に飲めて、夜でも飲めるのがいいです。

昼は、普通のコーヒーを飲むことが多いですが、
夜に、コーヒーの気分を味わいたい時に飲んでいます。

 
インカコーヒーは、
カフェインを含んでいないので飲む時間を選びません。

ノンカフェインを探している方や、
カフェインが苦手な方、胃腸の弱い方、妊娠中の方にもおすすめです。
 

牛乳や豆乳をブレンドしたインカオレや、
お菓子作りの材料としても使えます。

添加物、甘味料も不使用です。
 

保存の手間を省きたい方は、
少し価格は高めになりますが、
瓶タイプもアリです。

インカコーヒーの瓶タイプ

瓶タイプなので、密閉性が高いです。

 
カフェインレスコーヒーを探している方は、
インカコーヒーを試してみるといいですよ!

⇒ インカコーヒー

健康

Fitbit Charge HRとcharge2の違いとレビュー・感想

「Fitbit Charge HR」から「Fitbit charge2」乗り換えました。

今回は、2つを比較した感想になります。

右側:Fitbit charge2(新製品)
左側:Fitbit Charge HR

まず、液晶画面のサイズが全然違います。

Fitbit charge2は、
大画面のインタラクティブOLEDディスプレイ搭載。
SONY DSC

 

裏側のベルトの部分の画像↓

 
右側:Fitbit charge2(新製品)
左側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

金属部分が小さめのデザインになっています。
ベルト幅も若干狭めになっています。

 

本体の裏面の画像↓

 
上側:Fitbit charge2(新製品)
下側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

センサー部分の形状は同じような感じです。

Fitbit charge2はベルト部分に金属が見えますが
こちらは、ベルトの交換が出来るためこのようになっています。

充電部分は、Fitbit charge2はフラットです。

 

サイド部分(側面)の画像↓

 
上側:Fitbit Charge HR
下側:Fitbit charge2(新製品)

SONY DSC

ボタン部分は、Fitbit charge2が大きくなり押しやすくなっています。

装着した感じですが、Fitbit charge2はベルトが柔らかくて、
つけ心地がよくなっています。

重さは、Fitbit Charge HRと比べると、
Fitbit charge2が若干重いですが気にならないレベルです。

 

充電方法

 
上側:Fitbit charge2(新製品)
下側:Fitbit Charge HR

SONY DSC

Fitbit charge2は、挟み込むだけでワンタッチで充電が出来ますので、
充電しやすくなっています。

コードの長さはFitbit charge2の方が長く、余裕があります。

 

表面の比較

 
右側:Fitbit Charge HR
左側:Fitbit charge2(新製品)

SONY DSC

ベルト素材は似ていますが、
かなり柔らかくなっていますので、
装着した感じは楽です。

前のモデルはベルト部分が破損してきましたが、
Fitbit charge2は、ベルト交換が出来るのより長く使えそうです。
 (右の画像の液晶下部分がはがれて波打っています)

Fitbit charge2は、ベルトカラーの種類もありますので、
ファッションや気分にあわせて選べます。

ベルトサイズに関しては、両方とも同じサイズです。
SとLがあります。

私は手首周りが約170mmでLを選びました。

ベルトのとめる穴は、
一番小さい所の1個前の穴を使用しています。
 

心配といえば、液晶画面のキズですが、
保護フィルムの設定があるので、気になる場合は使用するといいです。

充電に関しては、やりやすくなっていて、コードの長さもあるので、
前のモデルより楽です。

Fitbit Charge HRからFitbit charge2に乗り換えましたが、
設定も特に問題なく、データーを引き継げました。

詳しくはこちらの記事
⇒ Fitbit Charge HRからFitbit charge2乗り換えた時の設定方法

 
今後「Fitbit charge2」を使用して、
機能面の部分をチェックしていきます。
 
最安値価格↓

【日本正規代理店品】Fitbit 心拍計 フィットネスリストバンド Charge2 Large Blue FB407SBUL-JPN

Fitbit

長谷川潤も飲んでいる!?ウィートグラス(小麦若葉)の感想と購入した商品。

話題のスーパーフード
ウィートグラス(小麦若葉)を試してみました。

IMG_3572

モデルの長谷川潤さんが、
ご飯の前に飲んでいるということもあり、
話題になっている「ウィートグラス」

セレブの間でも有名で、
ミランダ・カーさんなども食べていることで有名です。

ウィートグラスは、デトックス効果が高いと言われ、
身体の中から有害成分を排出し、ダイエットや美肌、
アンチエイジングにも役立ちます。

そして、
他の野菜などに比べて、
栄養価も優れているのが特徴。

デトックス効果の高さは有名で
「地球上で最もデトックス効果のある食べ物」
と言われたりします。

ウィートグラス(小麦若葉)の感想

ウィートグラス(Wheatgrass)は、
日本では「小麦若葉」といい、
小麦の種子から発芽した若い芽のこと。

アメリカでは生のまま、
ジューサーにかけて飲む方も多いようですが、
日本ではあまり売っていないため、パウダーにして飲むのが一般的です。

今回、「パウダータイプ」を試しました。

使用したのはこちらの
有機タイプのウィートグラス
(添加物・保存料・甘味料・香料なしのピュアパウダー)

SONY DSC

手に取って見るとこのような緑色の粉末です。

SONY DSC

試しになめてみましたが、青汁のような苦みがなく、
若干、青臭さは感じますが、このまま舐めれるレベル。

今回はティースプーン1杯分で約3グラム使用
SONY DSC

今回は手軽に、
豆乳で割って飲んでみることに。

SONY DSC

SONY DSC

グラスに入れて、
豆乳を注ぎます。
SONY DSC

最後にかき混ぜて完成。
底の方にたまりやすいのでよくかき混ぜます。

SONY DSC

このようなキレイな黄緑色をしています。

SONY DSC

それでは試飲。

無調整の豆乳で飲んだのですが、
普通に飲みやすいです。

特に苦みとかがなくて、
予想以上に普通というのが感想。

どうしても青汁のようなイメージがありますが、
クセがなくてウィートグラスは飲みやすい。

レビューを見ても、
「飲みやすい」いう感想が多いのが特徴。

苦いと続けられないパターンが多いが、
これでなら続けられそうだ。

今回はシンプルに豆乳で割ってみたが、
スムージーがオススメ。

バナナやリンゴなどを混ぜてスムージーにすると
とても美味しくなると思う。

デトックス効果が高いといわれる
ウィートグラス(小麦若葉)を
朝の習慣にいかがでしょうか?

今回はこちらの
ウィートグラス(小麦若葉)100gを使用しました

⇒ 小麦若葉 青汁 400g’ 有機 ニュージーランド [ゆうパケット 送料無料 ] [ ウィートグラス パウダー ]