カフェインレスのインカコーヒーを買った感想!これはもう手放せない!

先日、インカコーヒーに出会いました。
 
それまで、インカコーヒーの存在すら知らなかったのですが、ハマってしまいました。
 
「インカコーヒーは、コーヒーなのに、コーヒー味ではないんです!」
 
今回、インカコーヒーを衝動買いしたので、そのレビューを書きます。

インカコーヒー

インカコーヒー ( INKA )を知ってますか?

INKAコーヒー

インカコーヒーは、このようなパッケージの商品で、あまりみかけないパッケージだと思います。
 
「第一印象は、海外チックなパッケージだなぁ〜」でした。
 
それもそのはず。

原産国はポーランドとなっていました。

インカコーヒーパッケージ

このような若干、謎のオーラがあるインカコーヒー

そのインカコーヒーの正体は、「穀物ドリンク」です。

「穀物コーヒー」
穀物コーヒーに使われているものは、小麦、大麦、ライ麦などで、穀物菜食を基本とするマクロビオティック派の方に支持されています。

購入したインカコーヒーは、原材料に、大麦、ライ麦を使用した、ノンカフェインのコーヒーです。(カフェインを含んでいません)

食物繊維が豊富で美容と健康にいいイメージがあります。

 
インカコーヒーは、ポーランドで親しまれている穀物ドリンクです。

アダンバインポート インカ ( INKA )  150g

アダンバインポート インカ ( INKA )  150g

950円(05/11 18:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

インカコーヒーの作り方

開封するとこのように粉末状でした。

インカコーヒーの粉末

大麦、ライ麦がローストされ、パウダー状になった商品。
 
通常のコーヒーのような濃い色ではなく、うすい茶色をしています。

 
作り方は、お湯に溶かすだけで、非常に水溶けがいいです。

インスタントコーヒーのように、お湯に溶けやすくとってもお手軽。

200mlにスプーン1~2杯ぐらいを溶かします。

溶かしてみると、このような感じです。

インカコーヒーを入れてみた

見た目はコーヒーっぽいです。

水で作ることもできますが、かきまぜないとダマになりやすいです。

牛乳や豆乳をブレンドしたインカオレや、お菓子作りの材料としても使えます。

添加物、甘味料も不使用です。

インカコーヒーの味や飲み方は?

早速、インカコーヒーを飲んでみました。

味は、マイルドな感じです。
 

コーヒーの風味ではなくて、麦の濃い感じがするため、通常のコーヒーの感覚で飲むと、アレッ!?と思うかもしれません。
 
コーヒーとは違う独特の苦味で、味のイメージ的には濃い麦茶が近いです。

 
<注意点>

コーヒーのような香りはなく、苦みは少なので、コーヒー感を楽しみたい方には、物足りないかも知れません。

コーヒーを期待するとちょっと違うと思います。

 
コーヒーは苦手だけど飲みたい方、ノンカフェインがいい方、コーヒー初心者に向いています。

 
コーヒーの感じを楽しみたい方は、濃さを調整すれば、コーヒーのような飲みごたえがありそうです。

もっとコーヒーの感じが欲しい方はノンカフェインコーヒーの方がいいです。
⇒ ドリップ式のカフェインレスコーヒー

まとめ

インカコーヒーは、最初に飲んだ時は、ん!?と思いましたが、慣れると普通に飲めて、カフェインがないので夜も飲めるのがいいです。

 
インカコーヒーは、カフェインを含んでいないので飲む時間を選びません。

ノンカフェインを探している方や、カフェインが苦手な方、胃腸の弱い方、妊娠中の方にもおすすめです。
 
保存の手間を省きたい方は、少し価格は高めになりますが、瓶タイプもアリです。

インカコーヒーの瓶タイプ

瓶タイプなので、密閉性が高いです。

 
カフェインレスコーヒーを探している方は、インカコーヒーを試してみるといいですよ!

アダンバインポート インカ ( INKA )  150g

アダンバインポート インカ ( INKA )  150g

950円(05/11 18:38時点)
Amazonの情報を掲載しています