初心者がマビックミニを飛ばす前に知るべき3つのこと【墜落防止】

マビックミニ

【DJI Mavic Miniを購入したやっておくべき3つのこと】
 
2019年11月にDJIの新作小型ドローンが発売されました。
 
重さが200グラム以下で折りたたみができるコンパクトドローン。
 
飛行時間は18分あり、このサイズのドローンでは十分な飛行時間。

最大2km離れてもHD動画伝送を実現した話題のモデルが「DJI Mavic Mini」です。

DJI Mavic Mini(マビック ミニ)

マビックミニ

Mavic Miniは、2パターンあり同時発売されます。

・DJI Mavic Mini ¥46,200(本体単品)
・DJI Mavic Mini Fly More コンボ ¥59,400

 
2つのモデルの違いは、付属品です。

「Fly More コンボ」にはバッテリー2個やプロペラガードなどセットになり、パーツの単品購入よりもお得に買えます。
 
長時間飛ばしたい方、屋内で飛ばしたい方は「Fly More コンボ」がいいです。

Mavic Mini購入後にやっておきたいこと

Mavic Mini

Mavic Miniにはいくつかの注意点がありますので紹介していきます。
 
購入後に必要になるパーツや飛行場所に関しては以前の記事を参考にしてください。
⇒ DJIのドローンMavic Miniを購入する時の注意点。

マビックミニの停止方法

ドローンで怖いのは暴走してしまうこと。

特に、最初の頃は操作方法や機能が分からないことも多く、慣れないと間違った操作をしてしまうことがあります。

怪我をしたり、人に危害を加えると大変です。
 

まず、ドローンはどうなったら停止するのかを知っておくと、もしもの時に役立ちます。

コントローラーでの停止方法

コントローラーでの停止方法

両方のレバーを同時に動かすため、初めてだとうまくいかないことが多いです。

うまくいかなくて、逆におかしな動きをすることがあります。

また、飛行中にモーター起動スティック操作を誤って行なった場合、マビックミニが緊急停止し墜落してしまうので十分に注意してください。

 
その他の方法として、逆さまにするとドローンは停止します。

逆さまにするとドローンは停止

目の前にあるドローンなら、前側からドローン本体下部をつかみ、ひっくり返すと停止します。

ハンドキャッチの練習にもなりますが、ハンドキャッチは危険なので、自己責任で注意して行ってください。

プロペラガードがついていないと、手や指を怪我することがあります。

マビックミニは、横にしても停止します。

横にしても停止

ドローンを掴んでいる状態で、停止したいときはこのような方法があります。

操作方法

まずは、安全な所で操作方法を確認して、どのような操作をすればドローンが動くのかを確認してください。

慣れるまでは、思うように操作できず、頭で考えないとできないことが多いです。

マビックミニの操作方法

ラジコンなどの経験があればすぐに慣れると思いますが、全く初めてだと慣れるまでに時間がかかります。
 
綺麗な映像を撮ろうと思うと繊細な操作が必要です。

いきなり繊細な操作は難しいので、なるべく急な操作をしないように心がけて冷静に操縦するのがいいです。
 

操作方法で、意外と最初気づかないのは、カメラのアングル調整ができること。

カメラは、ドローンの真下を撮影したり前方を撮影したり、角度を変えることができます。

リモコンの左側前部の黒いダイヤルで調整が可能。

リモコンの左側前部の黒いダイヤル

カメラのコントロールもしっかり行って、かっこいい映像を撮影してください。

マビックミニに制限をかけておく

最初は、マビックミニの飛行距離制限の設定をしておくのもいいです。

マビックミニは最大2kmまで飛行が可能ですが、飛行距離の制限をかけて必要以上に遠くまで飛ばないように設定したほうが安全。

飛行距離制限

初心者がドローンを目視できないところまで飛ばしたり、見失ってしまうと、方法感覚を無くして戻せなくなることがあります。

夢中で飛ばして、遠くまで行き過ぎないように、最初は制限をかけた方がロストする確率は下がります。
 
マビックミニは低バッテリー時に離陸位置まで自動帰還する機能 RTH(Return to Home)がついています。

自動帰還のRTHの高さ設定も飛ばす場所に合わせて設定しておくといいです。

マビックミニには障害物センサーがついていないため、自動帰還を行うと帰還時にぶつかってしまう可能性があります。

周囲の障害物の高さ+10m程度の余裕を持ったRTHの高さ設定を行うのがオススメです。
 

GPS機能が作動する場所で操作するのも大事。

マビックミニはGPS信号を使って機体位置などの情報を管理し制御しています。

墜落時はGPSで探すことができます。

マビックミニのGPS

墜落時はここからドローンを検索します。

飛行時にはGPSは重要なので、電波のある所で飛ばす方が安全です。
 

また、初心者ならプロペラガードを使用した方がいいです。

プロペラガードがあることで、怪我をしたり、ドローンが破損したり、物を破壊することを防ぐことができます。

ぜひプロペラガードを装着して飛ばして、ドローンに慣れてください。
 
そして、ルールを守って安全にドローンを楽しんでください。
 

今回は、DJIドローン「Mavic Mini」について書きました。
Mavic Miniの購入後の参考になればと思います。