アマゾンでタイヤを購入。製造年はいつ?注意点は?

ネット通販でタイヤを購入したいけれど、タイヤの製造年はどうなんだろう?

ここでは、アマゾンで購入したタイヤの製造年を紹介します。

ネット通販でタイヤ購入

クルマのタイヤは、「ネットが安い!」ということを聞くことが多いです。
 
実際にタイヤ価格を比較すると、店頭販売価格とネット価格では差が大きい商品もありました。
 

ただし、タイヤの組み替えには専用の機械が必要で、タイヤの取付工賃が発生します。

組み替え

そのためタイヤの価格差だけで決めるのは危険です。
 
ネットで購入したタイヤを近くの店で取り付けを依頼すると、持ち込み取り付けなので、工賃が割高になったりすることもあります。
 

また、店舗によっては、持ち込みでの取付は出来ないということもあるため注意が必要。
 
近くに持ち込みで取り付けできる店があり、トータル金額で判断して、ネット通販が安いならネット購入もアリだと思います。

 
今回、アマゾンでタイヤを購入したので、タイヤ購入のレビューを書きます。

Amazonでタイヤを購入

タイヤを購入の際、いろいろなショップで比較したのですが、在庫がなかったり、価格が高かったりしました。
 
ヤフー、楽天、ヤフオクなど、様々なネットショップで価格比較を行いました。
 

タイヤの入荷に時間がかかる所や在庫がない所が多かったですが、アマゾンが価格も安めで、すぐに手に入るためアマゾンでタイヤを購入。

 
購入したのはこちらのミシュランタイヤです。
 
 MICHELIN(ミシュラン) Pilot Sport 3 225/40ZR18

MICHELIN(ミシュラン) Pilot Sport 3 225/40ZR18 92Y XL

タイヤの購入本数は、2本

 
アマゾンでの購入に関してですが、アマゾンでは、アマゾンの商品と、他の出品者が販売している物があります。
 
出品者の価格もバラツキがありますので、どこから購入するかは重要です。

 
アマゾンの販売画面 ↓
2016y03m23d_221850358

画像の2個目のように、販売/出品の所が「アマゾン」となっている商品は、アマゾンが販売です。(送料は無料です)
 
それ以外の商品は、出品者がアマゾンで販売している商品になります。

注意点として、配送料無料の表記がないものは、別途、送料がかかります。

今回、念のために、他の商品も確認しましたが、他の商品は、メーカー取り寄せ品となっていました。
 
(画像を見てもらうと分かるのですが、コンディションには、メーカー取り寄せ商品になりますと記載がありました。)
 

実際に、メーカーに確認したら、在庫切れでした。
 
特に、急ぎで欲しい場合は、メーカー取り寄せだと時間がかかるケースもあるので注意して下さい。(コンディションの文章をしっかり確認した方が良いです)
 

今回は、アマゾンの在庫があり、在庫本数も表示されていました。
 
送料も無料なので、今回はアマゾンから購入。
 

タイヤは、注文の翌日に、このような感じで送られてきました。

IMG_3121

1本づつの2個口で、タイヤはむき出しです。

IMG_3125

タイヤに関して、少し専門的な話になりますが、タイヤには、製造年数があります。

タイヤの製造年を気にする方もいます。
 

私も気にしますが、極端に古くなければ(3年以上前でなければ)、気にしません。
 

ただ、スタッドレスタイヤ(冬用のタイヤ)は、ゴムの柔らかさが重要なので、なるべく新しい物がいいです。
 

夏タイヤは、そんなにシビアになる必要はありませんが、念のため、今回の夏タイヤも製造年数もチェックしてみました。

タイヤの製造年

タイヤには、製造年が表記されています。
 
製造年の記載は、少し分かりにくいですが、タイヤのサイドの部分に一カ所、数字の刻印されています。
 

製造年は、このように表記されていました。

IMG_3123

5115というのが製造時期になります。
 
右から見て、15が年数で2015年製

 
51は、51週目という意味があり、2015年の51週目に作られたタイヤです。
 

購入したのは、2016年なので、約1年前に製造されたタイヤです。
 
タイヤは食べ物などとは違い、サイズによって、作る期間が決まっていたりするので、その年の製造されたばかりのタイヤが手に入ることは少ないです。
 

特に、年数にシビアになる必要はありませんが、極端に古いと、ゴムなので劣化の不安がありますが、1~2年前であれば特に問題はありません。

 
いつ頃のタイヤなのか不安な方は、レビューを見てみると、過去に買われた方が公開していることもありますので、参考にしてみてください。
 
ショップによっては、問い合わせすると、製造年を教えてくれたりすることもあります。

 
また、タイヤの価格に関してですが、価格差がショップにより、開きがあります。
 
安い商品が売れていくと、ドンドン価格が上がっていきますので、購入のタイミングは重要です。
 

余談ですが、購入に迷い2日後に見たら、価格が上がってました。(約700円上昇)

 
このようなこともありますので、注意してください。
 
(逆に、商品が入荷して、価格が下がるケースもあるかもしれませんが、タイミング次第です。)
 

組み替えの料金

タイヤをホイールに組み込むときは、工賃が発生します。
 
タイヤの持ち込みの場合、組み替え工賃は、1本2000円〜というケースが多いと思います。
 
組み替え工賃は、サイズによっても、価格は変わりますので注意してください。
 

組み替え工賃とは別に、廃タイヤ処分料500円〜 などもかかりますので、購入の前に、取付可能な店舗を調べておくことは大事です。

工賃は、お店によって金額は異なり、持ち込みは通常価格の2倍というところもあります。
 
リアル店舗で購入したケースの方が、安い場合もありますので、トータルで判断して、いい買い物をしてください。
 

楽天でスタッドレスタイヤを購入した時の製造年はこちら
⇒ 【楽天でスタッドレスタイヤを購入】タイヤの製造年はいつ?