男性が香水をつける場所とタイミングは?【メンズフレグランス】

「香水って、どこの部分に、どんなタイミングでつけるといいの・・・?」

香水の付け方って、意外と迷いませんか?
 
香水は、匂いすぎるとマイナス印象ですが、ほのかに香ると、好感度が上がったり、プラスの印象を与えます。
 
特に、女性は男性に比べ、匂いに敏感な場合が多く、匂いで印象が決まることもあります。

2016y04m07d_105239587

逆に、女性に対して男性は、匂いに気をつけることで女性にアピールできます。
 
では、どのように香水をつけるのがいいのでしょう?

ここでは、香水の疑問「メンズの香水の付け方」をお伝えしていきます。

香水の種類

6854784837_b90d9b7937_o

香水には種類があり、香水によって付け方が変わります。
 
香水には、大きく分けると3種類あります。
 

  • オーデコロン
  • オーデトワレ
  • オーデパルファム

 
香水は、香料をアルコールや蒸留水の中に溶かして作られます。
 
香料を溶かし入れた割合を賦香率(ふこうりつ)といい、賦香率により、分けられています。
 

    オーデコロン

    • 賦香率:3~5%
    • 香りの持続時間:1~2時間

     
    オーデトワレ

    • 賦香率:5~10%
    • 香りの持続時間:3~4時間

     
    オーデパルファム

    • 賦香率:10~15%
    • 香りの持続時間:5時間
    特にオーデパルファムは、香りの成分が高くて、深いため付ける量に注意が必要です。
     
    メンズの香水では、トワレかコロンが主流です。
     
    種類により香りの持続時間が違うので、香水を選ぶ際には、注意が必要です。
     

    香水を付ける場所

    香水のつけ方

    香水の一番ベーシックなつけ方は、手首に付ける方法です。
     
    時々、いかにも香水をつけていますというような、プンプンと香りを漂わせている人もいますが、ほのかに香らせる程度が上手なつけ方です。

     
    あまりにつけ過ぎると、鼻がまひして、自分ではちょうどいいぐらいでも、周りは匂いがきつく感じることがあります。
     
    まずは香らせすぎに注意が必要です。

     
    あわせて香水のつける場所と量はとても重要です。

    2015y11m16d_063237285

    香水をつける場所は、体の前面より背面、上部より下部にまとうのが良いです。
     

    こうすることで、自然な感じで香らせることができます。

     
    肩越しから背中につけることで、すれ違った時にふわっと香らせることができます。

     
    下半身に関しては、ひざの裏がおすすめで、歩くたびにふわっと香ります。
     

    あまり香らせたくない時は、くるぶしが良いです。

    鼻から遠い位置なので、香りを抑えられます。

     
    香りは下から上に昇る性質があるので、その性質を利用するのは1つのポイントです

     

    香水につけ方には、基本的に清潔な素肌に直接つけます。

    香水をつける

    衣料に吹き付けると、シミになる可能性があるのと、香りすぎの原因にもなります。
     

    また、手首につけて、こすり合わせたり、他の部分につけてのばしたりすると、摩擦により香りが変わってしまうことがあります。

    香水をつけるタイミング

     
    香水は様々な香料から構成され、肌につけてから揮発し香る過程で、香りやすい成分から順々に飛び出していきます。

    そのため、時間とともに香水は香りのグラデーションを描きながら、どんどん変化していきます。

    まずはエタノールが飛び、最初に華やかに香るのがトップノートです。

    激しく揮発するので華やかで印象深い香りですが、打ち上げ花火と同じで持ちません。

    すぐに衰えます。
     

    5~10分後くらいにはしっかりした落ち着いた香りが訪れます。

    これがミドルノートです。

     

    ミドルノートも時間とともに穏やかに衰え、最後は余韻を残すかのような香りが訪れます。

    これはラストノートと呼ばれます。

     

    一般的に下記のように3段階で香水の香り立ちの変化を表現します。

    • トップノート : ~10分程度。香水の第一印象
    • ミドルノート : ~3時間程度。香水のボディ
    • ラストノート : ~12時間程度。香水の余韻

     
    ラストノートはベースノート、ボトムノート、ラスティングノートと呼ばれることがあります。
     
    香りは「グラデーション」的に変化します。
     

    香料の種類によってはラストノート向きかどうか決まりますが、一般的に動物性香料、ウッディ系香料は持続力が強く、場合によって24時間以上香り続けるものもあります。

    香水をつけるタイミングは、周囲の人への影響も考えて香水をつける場合、よい印象を与えたいその人に会う前の30分くらい前がよいです。

    その理由は、トップノートは短時間で匂いがきつめですぐに変化するので、香りも元気なミドルノートの立ち上がりがよいです。
     

    香水は商品ごとに、一番良い香り立ちが訪れる時間と持続時間が違いますので、自分のお気に入りの香水でそのタイミングをある程度観察しておくこと大事です。

     
    まずは、香りの特徴を把握して、適切な量をつけていくのがオススメです。
     

    最後に

    フレグランス

    香水選びは、香りの種類も多くて迷うので難しいです。
     
    香水もファッションと同じで、その人の好み、センスが問われるため、ある程度、慣れと経験が大事。
     
    初心者であれば、人気の商品で好きな香りを使ってみて、香水に慣れてみるのがいいと思います。

    注意点として、香りを、トップからラストまでみてください。

    香水は、ラストノートが長く香るので、ラストが好きじゃなかったり、きつかったりするとイヤになることがありますので、トータルの香りで判断してください。
     
    そして、つけすぎには、十分注意して下さい。

     
    香水選びに迷ったら、メンズの定番香水を使用するのもいいです。

    メンズの香水ブランドでは、「ブルガリ」の人気が高いです。

    6854784837_b90d9b7937_o

    ⇒ 楽天 メンズ香水ランキング
     
    ⇒ アマゾンの人気香水ランキング

    香水が好きで、色々な香水を試してみたい!そんな方はこちらのサブスクがおすすめです。

    有名香水やブランド香水と手軽に低価格で楽しめます。
    ⇒ COLORIA 香りの定期便

     
    その他の人気香水
    ⇒ ディオールのソヴァージュ
    ⇒ ミスターバーバリー
    ⇒ ブルードゥーシャネル
    ⇒ スポーツ時におすすめフレグランスは?