GoPro MAXの側面のカバーは外れる?給電しながら撮影できるパーツ。

側面カバー

「GoPro MAXの側面のカバーは外れるのかどうか?」
 
側面のカバーを交換する方法や給電しながら撮影できる便利パーツをチェックしてみました。

GoPro MAXの横のカバーの外し方は?

カバーを外す

GoPro MAXの横のカバーは、けっこう硬めで密閉が高い印象を受けました。

最初は、カバーを開くのも大変でした。

今までの、ゴープロはこの扉を外せましたが、GoPro MAXも外せるのかチェックしてみました。

カバー

その結果は、GoPro MAXの横のカバーも外すことができます。

外すのには、工具などは必要なく、手で外すことができます。

カバーを外す

GoPro MAX本体を持ち、扉を持って引っ張ります。

扉は挟まっているだけです。

角度や位置はカバーの先端形状を参考にしてください。

カバーのツメ

取付は、位置をあわせて押せば、簡単にカチッとはまります。

GoPro MAXの横のカバーは交換できる?

>GoPro MAXの横のカバー

GoPro MAXの横のカバーは、交換部品として販売されています。

もし、破損したり、紛失したり、密閉が悪くなったら交換が可能。

ドアの破損時や紛失時の交換用のドアがあります。

GoProMAX リプレースメントドア (ACIOD-001)

このカバーのおかげで、カメラの防水規格を保ちつつ、ゴミの侵入を防いでいます。

※ゴープロMAXは5mの防水規格があります。

破損時は、交換用のカバーを購入してください。

GoPro MAXのバッテリーカバーを開けずに充電できるカバー

社外品アクセサリーには、バッテリーカバーを外さずに充電できるバッテリーカバーもあります。

GoPro MAX専用のバッテリーカバー。

給電端子部分に穴が空いていて、カバーを開けずに給電ができる蓋です。
 
注意点として、穴が空いているので、防水にはなりません。

このカバーを使用すれば、蓋を開けずに充電することができます。

※USB-Cの充電ケーブルによっては端子がささりにくく、使えないものもあります。

GoPro MAXは給電しながら撮影できる?

ゴープロマックスの充電

GoPro MAXは、カメラは給電しながら撮影できます。

ただし、GoPro MAX本体が通常時よりも熱を持ちます。

温度が上がりすぎると、撮影が停止されたり、電源がオフされることがあります。

本体のことを考えると給電しながらの撮影は避けた方が良さそうですが、撮影自体は可能です。
 
<GoPro MAXの参考撮影時間>
ビデオモード5.6K30
・Wi-fi ON:35分
・Wi-fi OFF:78分

充電切れで撮影できない状態を避けるために、バッテリーは2個持っていた方が良さそうです。
 
今回は、GoPro MAXの横のカバーの外し方とアクセサリーを紹介しました。

ゴープロマックスには、いろいろなアクセサリーパーツがあるので、便利なものがあるかもしれません。
 
アマゾン
⇒ GoPro MAXのアクセサリー

楽天
⇒ GoPro MAXのアクセサリー
 
ヤフーショッピング
⇒ GoPro MAXのアクセサリー
 

ゴープロマックス購入時の参考になればと思います。
 

■ その他のゴープロマックス関連記事
⇒ GoPro MAXのSDカード選び
⇒ 360度カメラの購入で悩んだ結果「GoPro MAX」にした理由と注意点。
⇒ GoPro MAXのタイムワープ、タイムラプス設定方法