KINTOのアクアカルチャーベースでムスカリを水栽培!サイズやカラーと価格を比較。

球根栽培

最近、屋内で花を育てる方が増えています。

外出制限があり、部屋の中で花を楽しみたい方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、マルチに使えるKINTOのアクアカルチャーベースです。

KINTO(キントー)

KINTO

KINTOは、生活道具のブランドです。

KINTOの商品は、美しいデザインが特徴で、コーヒードリッパー、水筒など幅広いアイテムを販売しています。

KINTOのコーヒーやティーアイテムの種類は多く、人気が高いです。

そのKINTOのおしゃれ花瓶が、アクアカルチャーベース(AQUA CULTURE VASE)です。

アクアカルチャーベース(AQUA CULTURE VASE)

アクアカルチャーベースは、多肉植物、サボテンの栽培ができる花瓶。

ヒヤシンスなどの球根を水栽培で育てるのにも適しています。

特に、球根の水栽培がおすすめです。

上皿が分割でき、水を変えるのが簡単で、見た目と機能性に優れています。

上皿を外して、草花を生ける花瓶としても使うことができます。

アクアカルチャーベースの使用例

アクアカルチャーベース

アクアカルチャーベースは、サボテンを置いたり、球根を育てり、花瓶にしたり、いろいろなことができます。

中でも、球根の水栽培に適しています。(ヒヤシンス、アボカドなど)

今回は、ムスカリの球根を水耕栽培(水栽培)してみました。

ムスカリの球根を購入して水栽培を行いました。

ムスカリの場合、球根が小さすぎると、穴から抜けてしまうため注意が必要です。

アクアカルチャーベース

上皿の穴の径は約2.5センチでした。

小さい球根は抜け落ちてしまうので注意してください。

アクアカルチャーベースのサイズは?

アクアカルチャーベース

上部の皿と下部の2つのパーツで構成されています。

サイズは2種類

  • 80mm
  • 120mm

φ80 x H130 mm / 200 ml
φ120 x H190 mm / 830 ml

φ80は上皿の直径です。

アクアカルチャーベースの80mm

購入したのは80mmです。

 
水仙、小さめのチューリップの球根を育てるならφ80がいいです。

φ80の場合は、球根が3センチ以上ないと、抜け落ちてしまうので、球根のサイズには注意してください。
 
球根が大きすぎても、根元が水に浸からないことがありますのでサイズは重要です。

球根サイズに合わせて、φ80かφ120を選ぶといいです。

アクアカルチャーベースのカラーは?

アクアカルチャーベースのカラーは3種類あります。

  • クリア
  • ブルー
  • グレー

 
ブルーは画像で見るより、実物はうっすらブルーがかかっている感じです。

クリアのグラスとグレーを比較すると、下の画像のような感じです。

アクアカルチャーベース

色は、迷ったけれど、シンプルでお洒落な感じのグレーにしました。

グレーと言っても、薄いグレーで上品な感じでした。

キントの花瓶

花瓶のガラスは薄めで、光が入るとキレイでした。

アクアカルチャーベースの価格は?

アクアカルチャーベースの価格は、サイズによって異なります。

サイズがありますので、購入時には注意してください。

アクアカルチャーベースは、球根の水栽培や多肉植物に使用すると、お洒落に飾ることができます。

お部屋に癒しの空間を作りたい方は、使用してみてはいかがでしょうか?