KINTOのステンレスフィルターのコーヒーカラフェを使用した感想。デメリットは?

ステンレスフィルター

「KINTOのコーヒーカラフェセットを知っていますか?」

おしゃれなKINTOのデザインが好きで、コーヒーカラフェ(ステンレスフィルター)を購入しました。

実態に使用して感じたことやメリット・デメリットなどを紹介します。

KINTO コーヒーカラフェ(ステンレスフィルター)

KINTO コーヒーカラフェ

KINTO(キントー)は、キッチン・インテリア雑貨のブランドです。

KINTOは、おしゃれな生活雑貨が多く、ファンが多いブランド。

そのキントーのコーヒーカラフェセット(ステンレスフィルター)を購入して使用しました。

キントーのコーヒーカラフェセット

<カラフェセットの付属物>

  • カラフェ
  • ステンレスフィルター
  • ホルダー

ステンレスフィルターが付いたカラフェセットです。 

ペーパーフィルタではなくステンレスフィルターです。

カラフェセットを使えば、自宅で簡単にハンドドリップでコーヒーを入れることができます。

KINTO キントー SCS コーヒーカラフェセット 4cups

KINTO キントー SCS コーヒーカラフェセット 4cups

4,950円(08/20 14:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

カラフェのサイズは?

キントーのカラフェ

カラフェのサイズは、2cupsと4cupsの2種類。

サイズは、2cupsタイプ 600ml(有効容量300ml)と4cupsタイプ 1100ml(有効容量600ml)があります。
 
今回、購入したのは4cupsタイプ 1100mlです。

一人分しか作らない方なら2cupsタイプ 600mlでいいと思います。

4cupsタイプ 1100mlの場合は、カップ4杯分取れますので、多めにいれたい方は1100mlがいいかもしれません。

特徴

キントーのカラフェセット

KINTOのコーヒーカラフェは、見た目と使いやすさが特徴。

ステンレスフィルターなので、ペーパーレスで手軽にコーヒーを入れれます。

コーヒーを入れてお湯を注ぐだけなので、ペーパーをセットする手間とペーパー代が浮きます。

KINTOにコーヒーをセット

また、ステンレスフィルターなので、コーヒーの油分を抽出可能。

表面には、ペーパーフィルター時には出ない、コーヒーの油分が見れます。

使い終わったら、コーヒー粉を捨てて、洗うと簡単にきれいになるので、お手入れがしやすいです。
 
ステンレスフィルターの部分は、ペーパーフィルタータイプ(プラスチック)もあります。

※ペーパーフィルターで楽しみたい方は、プラスチックタイプにするといいかもしれません。

コーヒーの味は?

コーヒーカラフェ

今までペーパーフィルターで飲んでいたコーヒ豆を利用して、コーヒーをいれていみました。

同じような条件で飲み比べてみましたが、ステンレスフィルターの方がやや酸味があるように感じました。
 
ステンレスフィルターで淹れると、コーヒーを注いだカップの表面には、油分が出るのが見てわかります。(油分は旨味成分です)

コーヒーの香り、風味もしっかりしていました。

メリットとデメリット

キントーのカラフェ

KINTOのステンレスには、メリットとデメリットがあります。

【メリット】

  • デザインがいい
  • 手軽にコーヒーを入れれる
  • 油分・旨みを抽出できる

 
デザインもよく、インテリアとしてもいいです。

ペーパフィルターよりも手軽に入れれ、コーヒーには油分・旨みを抽出できます。

 
【デメリット】

  • コーヒー粉が沈殿する
  • ステンレスフィルターを洗う必要がある

 
ステンレスフィルターをコーヒー粉がすり抜けるので、カップの底に多少沈殿します。

ペーパーフィルターはフィルターに包んで捨ててましたが、ステンレスフィルターは直接捨てて、フィルターを洗う時は粉が流し台に流れます。

コーヒーの粉が多少沈殿

ステンレスフィルターはコーヒーの粉が多少沈殿します。
 
粗めで引いたコーヒーでも試しましたが、コーヒーの粉はカラフェやカップの底に多少沈殿します。

コーヒーを淹れてみた

実際に普段と同じようにコーヒーをいれてみました。

落ちるスピードは、紙のフィルターよりも早い印象。

リズムよくポタポタポタとコーヒーが落ちてきて、短時間で時間で淹れることができます。
 
KINTOのコーヒーカラフェは、デザインもよく、コーヒーをいれる楽しさも感じれます。

どのような人におすすめ?

カラフェでコーヒーを入れる

コーヒーを手軽に入れたい方、ステンレスフィルターでコーヒーを入れてみたい方におすすめです。

紙のフィルターセットが面倒、ペーパーをしてたくない方、インテリア雑貨が好きな方にもGOOD。
 

部屋にあるだけで、お洒落な雰囲気になるので、インテリアとしての効果もあります。

カラフェは、花瓶としての使用も可能。

KINTOが好きな方、コーヒーが好きな方へのギフトにもおすすめです。

価格はいくら?

KINTO製品は、ある程度価格が決まっているので価格差は少ないです。

定価は、2CUPSが¥3,850 税込) 4CUPSが¥4,400(税込)です。
 
キャンペーンやポイントを考慮して選ぶのもいいです。

KINTO キントー SCS コーヒーカラフェセット 4cups

KINTO キントー SCS コーヒーカラフェセット 4cups

4,950円(08/20 14:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

KINTOのステンレスフィルターのコーヒーカラフェ

今回、KINTOのステンレスフィルターのコーヒーカラフェを購入しました。

ステンレスフィルターは、コーヒーの旨味を抽出でき、ペーパーフィルターをセットすることなく、手軽にコーヒーを入れることができます。

テーブルにカラフェがあるだけで、部屋もグッとおしゃれな感じになりました。

今回、紹介したようなメリット・デメリットはあるので、気分によってペーパーフィルターも使いたい場合は、プラスチックブリューワーを単品で購入するのもありです。

KINTOの商品はデザインが良く、ギフトにもおすすめです。

2つのサイズがあるので購入時には注意してください。